スイッチ | ブログ・サイト運営を応援するWebマガジン

手軽に見栄えの良いLPが持てる!おすすめLP制作ツール3選


LPが制作できるツールについて、その特徴とともにご紹介します。

LPを制作するとなると、コーディングやデザインのスキルが必要です。とはいえ、LP制作のできるエンジニアやデザイナーを確保するのはなかなか大変です。

そこで頼りになるのが、本稿で取り上げているLP制作ツールです。ブラウザから簡単にLPが制作できるので、エンジニアやデザイナーでなくても手軽に見栄えの良いLPが持てるのでおすすめです。

Instapage

InstapageはLP制作のできるツールとして有名です。アメリカ発のツールなので日本語対応はされておらず、表記は英語になっています。ただし直感的な操作ができるので、慣れてしまえば大丈夫でしょう。

Instapageには多数のテンプレートが用意されているので、ゼロからLPを制作する手間が必要ありません。既成のデザインを利用して、素早くLPを制作することができます。LPを作るだけでなく、A/Bテストを行ったり、リアルタイムレポート機能も備わっています。

料金プランについても見ておきましょう。InstapageではBasic($29/月)、Professional($55/月)、Premium($127/月)と3つの料金プランが用意されています。どれも無制限にLPが作れるのですが、機能面で差があります。14日間の無料トライアルも可能なので、気になった方はまずは試してみてはいかがでしょうか。

Instapageについて詳しくはこちら

Unbounce

UnbounceはLP制作のできるカナダ発のツールです。多言語に対応してはいるのですが、Instapageと同じく日本語には対応していません。

テンプレート数は125を超えており(公式サイトより)、ドラッグアンドドロップなどの直感的な操作でLP制作ができます。連携可能な外部サービスも多く、HubSpotやSalesforce、Marketo、WordPressなどがあります。Instapageと同じく、A/Bテスト機能も備わっています。

料金プランはEssential($79/月)、Premium($159/月)、Enterprise($399/月〜)の3種類があります。それぞれ、機能や制作可能なLP数、外部サービス連携の可否などに違いがあります。30日間と長めのトライアル期間が用意されています。

Unbounceについて詳しくはこちら

ペライチ

サービス名からわかるように、ペライチは国産のツールです。上の2つのツールとは違って日本語で使えるので、英語が苦手な方にもおすすめです。サポートも、当然のことながら日本語で受けることができます。

ペライチはホームページ制作用のツールなのですが、LPを作ることもできます。もちろんスマホにも対応していますし、決済機能(有料のオプション)を付けることも可能です。ただし、InstapageやUnbounceほどのテンプレート数は用意されていません。

ペライチでは4つの料金プランが用意されていて、1ページのみ公開ができる無料プラン、3ページまで公開可能な通常プラン(980円/月)、5ページまで公開可能なプレミアムプラン、企業向けのエンタープライズプランがあります。有料のプランについては、30日間のトライアル期間が設けられています。

ペライチについて詳しくはこちら

あとがき

LP制作のできるツールについてまとめてご紹介しました。カスタマイズし易さや操作性、テンプレート数など、それぞれウリにしている機能が異なります。トライアルを活用しながら、自分(自社)に合ったツールを見つけていただければと思います。


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2018

運営者情報

荒木 厚(株式会社コクリ 代表)

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「株式会社コクリ」を設立。 Wordpressを使ったWebサイトやネットショップの企画・制作、SEO・リスティング広告を使った集客支援をしています。