スイッチ | ブログ・サイト運営を応援するWebマガジン

初心者がAdobe illustratorを独学する時におすすめの本8選


最近は、制作会社だけでなく、一般の会社や個人でもAdobeのillustratorを使う人が増えています。
ちなみにillustratorとは、ベクター系のグラフィックソフトのことで、イラストやロゴ、チラシなどを作成することができます。ペイント系のソフトとしては、写真の加工や修正ができるPhotoshopなどが挙げられます。

photoshopの場合は拡大したりする時に解像度を気にしなくてはいけませんが、illustratorの場合はベクター系なので、どんなに拡大してもきれいなまま。
Web用のイラスト素材やバナー画像の作成には欠かせないソフトと言えます。

まずは、スピーディーかつ正確なデザインやイラストを作成できるスキルを身につけることが大切

Adobe illustratorもどんどん進化しており、現在はCCというバージョンがリリースされています。曲線ツール、連結ツール、ライブシェイプ、文字タッチツールなど新しい機能も充実。

しかし、実際のところ初心者の方がいきなりこういった機能を使いこなすのはなかなか難しいものです。まずは、グラフィックの基本となる操作を学習し、スピーディーかつ正確なデザインやイラストを作成できるスキルを身につけることが大切です。

ということで、今回は初心者がAdobe illustratorを独学する時におすすめの本をいくつかご紹介します。

Illustrator 10年使える逆引き手帖【CC/CS6/CS5 対応】

この本は「こんな仕上がりにしたいけど操作方法がわからない」といった場合にとても便利です。
まだ操作画面の名称など専門用語がわからなくても、逆引きなので初心者でも簡単に調べたいことが見つかります。
この本で操作方法を見つけて実際に手順を踏んで自分で操作することで、だんだんとスキルが身について行きます。
本のタイトル通り10年は使える基礎が詰め込まれています。
初心者はもちろん、中級者から上級者までずっと使える内容なので幅広い層におすすめです。
実際に操作できるよう、サンプルデータをダウンロードできるのでこれを活用して操作方法を確実に身につけることができます。

Illustrator 10年使える逆引き手帖【CC/CS6/CS5 対応】【Mac OS X & Windows 対応】 (ああしたい。こうしたい。)

デザインの学校 これからはじめるIllustratorの本

こちらの本は、いわゆるHow to本ではなく、6章構成で実用的な作品を作りながら、少しずつ操作を覚えていくタイプの本です。
チュートリアルは、ロゴや年賀状やWebサイトのタイトル画など実用的なものですので、オリジナル作品を作りながらマスターできるのが良いですね。
1章を1日、復習に1日かけても1週間、休日などまとめて時間が取れれば2日でマスターできる、基本中の基本を学ぶことのできる本です。

デザインの学校 これからはじめるIllustratorの本 [CC対応版]

はじめてのIllustratorCC/CS6/CS5/CS4

こちらの本は、全くIllustratorのソフトを使用したことのない方でも、最初から読み進めていけばソフトの使い方が理解できます。
内容は、ほとんどカラー&図解で解説されており、パソコンの画面と類似の画面を本で確認しながら、解説を読んでいくことができます。
まず、三角形や四角形の書き方、続いてその配置の変換の仕方、グラデーションのつけ方等、順を追ってレベルアップしていく参考書となっています。
この一冊があれば、Illustratorの基本操作から、ある程度のでの図形描写まで、マスターできると思います。

はじめてのIllustratorCC/CS6/CS5/CS4 (BASIC MASTER SERIES)

10日でおぼえるIllustrator CS3入門教室 CS3/CS2/CS対応

こちらの本は基礎的なパスの引き方をみっちり10日で演習できる形式になっており、繰り返しこの本のドリルを繰り返せばベクタとパスの基本的な使い方が身につきます。
他の書籍と異なり、この本には細かい操作は載っていませんが、重要な部分だけに絞って書いてあります。
基本的なスキルを習得しようという初心者の方に得におすすめしたいと思います。

10日でおぼえるIllustrator CS3入門教室 CS3/CS2/CS対応

いちばん面白いデザインの教科書

実際にデザインをされているデザイナーの方が現場での実例をあげながら具体的にソフトの解説をしてくれるので他に類を見ない実用的な本です。
illustratorだけでなく互換性のあるPhotoshopやIndesignの使い方ものぞくことができますので、illustrator単体だけでなくアドビソフトとの連携も掲載されています。
illustratorの項目は基礎となるペンツールやパスの使い方からベジェ曲線を操ってイラストを各項目まで広くカバーされています。
実例があるというのが大きな魅力で、とてもわかりやすい本です。

How to Design いちばん面白いデザインの教科書

Illustrator トレーニングブック CC(2014)/CC/CS6/CS5/CS4対応

1本の線を描くところから説明しているので、難しすぎて諦めてしまうというようなことがないでしょう。
さらに、実践形式で豊富なサンプルが用意してあります。
課題をこなしていくうちにだんだんillustratorの基本的なスキルが身についていきます。
初心者が躓きやすいいベジェ曲線の描き方や、ライブコーナーなどの新しい機能の解説もわかりやすいです。

Illustrator トレーニングブック CC(2014)/CC/CS6/CS5/CS4対応

Illustratorプロフェッショナル・ワークショップ―バージョンCS2対応

初心者向けの入門書でありつつ、仕事に使いやすくなるようなテクニックが集まっています。
どのようなアイコンでもIllustratorで作ることができるということがしみじみと理解できます。
手順の案内も、図案を入れて分かりやすく解説してくれています。
一流デザイナーの作業方法に触れることができるので、中上級者の方でも刺激を受けることができると思います。

Illustratorプロフェッショナル・ワークショップ―バージョンCS2対応

Illustratorレッスンブック Illustrator CC/CS6/CS5/CS4/CS3/CS2対応

こちらの本は基本の動作をイラストや絵で丁寧に教えてくれています。
この教本があれば、簡単なチラシは自分で作成することができますし、きちんと基礎はおさえられると思います。
いちからイラストレーターの技術を習得したい方におすすめです。

Illustratorレッスンブック Illustrator CC/CS6/CS5/CS4/CS3/CS2対応


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

運営者情報

荒木 厚

熊本のホームページ制作・Webメディア運営会社「株式会社コクリ」代表。 「スイッチ」等のWebメディア運営、企業様のオウンドメディアの企画・制作、SEOをメインにした集客支援をしています。ロゴマークデザイン制作サービス「コクリロゴ」OPENしました!