スイッチ | ブログ・サイト運営を応援するWebマガジン

ホームページ制作会社に丸投げしたことによる悲劇


今回は、ホームページ制作会社とのやりとりでよくある話です。

先日、歯の虫歯が気になりだし、そろそろなんとかしてもらおうと思って、歯医者さんを探してたときのことです。

家の近くだけでも10件くらい歯医者さんがあって、どこがいいかなと思ってインターネットでいろいろ調べていました。
そんなとき、ふと気づいたことがありました。

Sponsored Links

「どこの歯医者のホームページも書いてることって一緒だな…」と。

矯正治療とは、どうのこうの…、インプラントとは、どうのこうの…。

コピーして作ってんの?と思うくらいどこも同じようなことを書いてるんですよね。
デザインまで、まったく一緒のところがあります。(これはおそらく制作会社が同じなんでしょう。)

それにしても、この状況はひどいと思いました。
歯医者といえば、今や激戦区。コンビニか歯医者かというぐらいに良く見かけます。

こんなに歯医者が乱立していて、どうにかして集客しないといけないのに、肝心のホームページと言えば、どこも同じ。

これでは、どこの歯医者を選んで良いのか分かりません。
患者としては悲劇です。

家から近いとか、外観がきれいとか、院長が優しそうとか、そんなことで選ばなければいけなくなりますから。

ではなぜ、このような悲劇が起きてるのでしょうか?
ちょっと想像してみましょう。

  • (1)歯医者の先生が忙しすぎるため、ホームページに構ってられない。
  • (2)だから制作会社に丸投げしてしまう。
  • (3)丸投げされた制作会社は仕方ないから、いろんなところから情報を拝借してホームページに載せてしまう。
  • (4)だから、他の歯医者と同じようなコンテンツが出来上がってしまう。

おそらく、そんなところでしょう。

私にも同じような経験があります。

あるクライアントから「ホームページは名刺代わりみたいなもんだから、適当でいいよ」と丸投げされたことがあります

若かりし自分は、「そんなもんか…」と思って受け入れましたけど、今思えば腹立たしい限りです。

そんなんで良いホームページなんか作れるわけがありません。
名刺代わりなら、名刺をスキャンしてホームページにアップしとけば良いのです。

もうひとつ考えられるのは、他の歯医者のホームページを参考にしてしまうこと。

はじめてホームページを作るときは、何をどう作って良いか分かりません。

そのため、制作会社に依頼するときも、具体的に伝えることができず、

この歯医者さんのホームページ好きなんだよね。こんな感じにできます?

と、他の歯医者のホームページを引き合いに出し、イメージだけを伝えてしまいます。

その結果、何のオリジナリティもない、カタチだけのホームページができあがってしまうのです。
こちらもよくあるケースです。

ホームページで何よりも必要なのは、差別化です。

自分の歯医者が他の歯医者とどこがどう違うのかを、明確に伝えることが重要です。

差別化することにより、ユーザーはそれぞれの歯医者の特徴をとらえることができ、自分に合った歯医者を見つけることができるのです。

Googleで調べれば、出てくるようなことをダラダラ書いたって仕方ないのです。
今の歯医者さんのホームページを見る限り、差別化できているホームページが少なすぎます。

これは歯医者に限った事ではありません、どのジャンルでも起き得ることです。

  • ホームページ制作会社に丸投げしない。
  • 他社との差別化を明確にする。

これからホームページを作ろうと考えている方は、ぜひこの点だけは押さえておくべきです。

せっかく、お金をかけてホームページを作るのですから、差別化された集客力のあるホームページが良いですよね。
もちろんユーザーもそんなホームページを望んでいるはずです。



Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

運営者情報

荒木 厚

熊本のホームページ制作・Webメディア運営会社「株式会社コクリ」代表。 「スイッチ」等のWebメディア運営、企業様のオウンドメディアの企画・制作、SEOをメインにした集客支援をしています。