熊本のSEO・リスティング広告ならWEBマーケティングのスイッチ。

ネットショップ運営者必見!カラーミーリピートで売り上げが安定!?


ネットショップを簡単にオープンできると話題を集めたカラーミーショップに続いて、新たなネットショップサービスが2017年11月からスタートしました。

その名も「カラーミーリピート」。
リピーターを増やすのに理想的なネットショップが構築できます。
具体的にどんなサービスなのか詳しくみていきましょう!

カラーミーショップと何が違う?

カラーミーショップは、企業はもちろんのこと、個人でも商品を売るネットショップが簡単に持てるサービスです。
カラーミーリピートもカラーミーショップと同様にネットショップです。

大きく違うのは定期販売に特化していること。

例えば、

  • 「毎月1日に届けてほしい」
  • 「2週間に1回届けてほしい」

などと、決まったサイクルで販売するシステムです。
雑誌の定期購読をイメージしていただくと、分かりやすいかもしれません。
定期購読は毎回注文しなくても、決まった日付に届けてくれますよね。

そういった販売方法に特化したサービスがカラーミーリピートです。
最近は青汁、スムージー、サプリメントなどの健康食品や化粧品を中心に定期購入する人が多いです。

カラーミーリピートは半永久的に購入する人を対象としたネットショップになっています。

具体的なサービス内容の違いとは

カラーミーショップとは違って定期購入を前提としたサービスですから、購入者がどのタイミングで届けてほしいか選べるようになっています。

  • 毎月1日
  • 毎週日曜日
  • 15日間隔

などの選択項目があります。
最初の購入時だけは最短で届けてくれるようなチェック項目もあります。


▲管理画面

カラーミーリピートで運営する場合、取り扱う品数も限定されていることが多いです。
そのため、メンテナンスに時間を要することなく、スリム化されたネットショップ運営をすることができます。

費用面ですが、カラーミーショップは新規契約時に初期費用として3240円かかりますが、カラーミーリピートは初期費用が無料。

月額費用はカラーミーショップの場合900円、3240円、7800円から選ぶ3パターン。(商品点数や機能によって料金が変化)
一方、カラーミーリピートは月額9800円となっています。(2018年1月22日までは無料キャンペーン実施中)

まだサービスが開始されて間もないということで、始めやすい料金体系となっています。

カラーミーリピートはどんな人が利用すべき?

カラーミーリピートは何かに特化した商品のみを取り扱っている人に向いているネットショップです。

例えば、

  • ウチはお米を育てているからネットで売りたい
  • お勧めのコーヒー豆をネットで売りたい
  • なかなか手に入らないアロマオイルを売りたい
  • 自社特製の青汁を販売したい

このように売りたいものが限定されている人や定期購入してもらいたい商品を売っている人にあったサービスです。

カラーミーショップがいろいろ販売されているアパレル店だとしたら、カラーミーリピートはジーパンだけを販売しているお店といったイメージでしょうか。

商品点数が少ないお店がカラーミーショップでネット販売を開始すると、「品数の少ないお店だな・・・」と思われて、かえってネガティブなイメージを与えてしまう可能性もあります。

カラーミーリピートはそもそも商品点数が多いお店はあまり運営していないので、商品が限られていても違和感がありません。

カラーミーリピートを利用するメリット

カラーミーリピートを利用することで、下記のようなメリットが生まれます。

  • リピーターが増える
  • お客さんが他の商品に目移りしにくくなる
  • 商品への信頼感が増す
  • 売上見込みが立てやすい
  • 在庫管理がしやすい

カラーミーショップだといつ誰が購入するか全く読めないので、毎月の売上変動が激しくなってしまうこともあります。

しかしカラーミーリピートなら例えば、

  • 「今月100個売れて、継続してくれる人が8割いるから、80個ぐらいは来月も売れる」

という計算が立ちます。
ある程度どのぐらい売れるか計算できれば、在庫を大量に余らすなどの無駄が省けます。

一度の買い切りだとどうしても、「他の商品を買ってみよう」と目移りしてしまうケースも多いので、売り上げが伸びにくくなります。

まとめ

以上、カラーミーリピートについて紹介しました。
カラーミーリピートは元々カラーミーショップを運営していた人や事業者の声として、「売上が安定しない」、「在庫管理がしづらい」という意見があったため、開始されたサービスです。

今までなかなかリピーターがつかなかったお店や売上が安定しなかったところは、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

ただ、いきなり定期購入を促してもお客さんが購入してくれるとは限りません。
まずはサンプル品の提供や、お試し価格等を設定して敷居を下げておく事も大切です。

そして3ヶ月以上、購入してくれた人には「商品を10%オフ」などと特典をつけることもおすすめします。
定期購入するだけのメリットを提示して、リピーター増につなげましょう!


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

follow us in feedly

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2015

運営者情報

荒木 厚/アラキアツシ

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「スイッチ」を設立。 市場調査からマーケティング戦略の立案、インターネット広告を活用したWEBプロモーションなど、商品サービスがブランド化されるまでのトータルプロデュースを行う。 スイッチ 代表@熊本