スイッチ | ブログ・サイト運営を応援するWebマガジン

YouTubeって儲かるの?1万再生で得られる金額とは?


ここではYouTubeの動画再生回数によって得られる収益について紹介していきます。
YouTubeの広告収入は時代によって変化してきていて、だんだんと単価が低くなっているのが現状です。
そこで、1万再生でどれくらいの収益が得られるのか、詳しく見ていきましょう!

1万再生では0円!?

YouTubeの動画は今まで再生1回から収入対象となっていたのですが、現在は1万再生以上の動画のみ対象となっています。

そして、1万再生以上になっても自動的に広告収入が得られるわけではなく、ようやく審査の対象となるだけです。

実際は2万再生、3万再生ぐらいの時にようやく審査が下りて収益化するという流れになっています。
中には5万再生になっているのになかなか審査が降りないというケースもあるので、気長に待つしかないでしょう。

最初の数万再生は収益が出ないと考えていた方が良いです。

収益化後、1万再生では1000円程度!?

そしていよいよ収益化がスタートして、その後1万再生になった場合、いくらぐらいの収入が得られるのか。
人によって得られる収入が違うのですが、おおむね1万再生で1000円前後です。

人によっては500円の可能性もありますし、2000円程度まで行く可能性もあるでしょう。
ただ5000円、1万円などとなることはまず考えにくいです。

最近は1再生あたり0.05円から0.1円程度となっているため、1万再生だと1000円ぐらいが相場とされています。

YouTubeに上げた動画で生計を立てたり、副収入として考慮したい場合は相当な再生回数、および動画のアップが必要になります。


▲YouTube

動画の種類によって単価が変化

動画に表示される広告は同じものとは限りません。
例えば、テレビでも子供向けの番組には子供服、ベビー用品、おもちゃ、学習塾などのCMが流れますよね。

それと同様に、出来るだけ動画視聴者のニーズに合わせた広告が表示されるようになっています。

そして広告によって、クリック単価が異なります。
比較的高いと言われる広告は下記のようなものです。

  • 保険関係
  • 教育関係
  • クレジットカード関係
  • 転職関係
  • 投資関係

こういったものと紐づくような動画をアップすればクリック単価も高くなり、1再生あたりの収入も高くなる可能性が高いです。
単純に自分の趣味の動画をアップした人と、上記に関連するような動画を上げた人で収入が違うのはこのためです。

視聴対象年齢によっても収入に違いが!?

YouTubeの動画は、再生回数とクリック数によって収益が生じます。
YouTubeをよく見る10代から30代は、こういった動画サイトに慣れています。

そのため、広告が表示されてもすぐに消してしまうという人も多いです。

一方、40代から60代の中高年の方は、動画を見ることに慣れていない人もいます。
そうすると広告に見とれて、ついついクリックしてしまうという人の割合も増えます。
クリック数を上げたいと考えるなら、中高年向けの動画の方が効率的です。

ただ、下記のようなバランスがどうしても生まれます。

  • 若年層に向けた動画=再生回数は多いがクリック数は少ない
  • 中高年層に向けた動画=再生回数が少ないが、クリック数は期待できる

このように一長一短あるので、どちらが良いとは一概には言えません。

まとめ

以上、YouTubeの再生回数による収入について紹介しました。

動画を上げていきなり収入を期待するのは難しいです。
それよりも根気強く、動画をいくつか作成することがまず大事です。

そしていくつか挙げた動画の中で、人気が高かったジャンルに集中し、動画を作成した方が収益へとつながっていくはずです。
人気ユーチューバーでもない限り、1つや2つ動画を上げたぐらいでは収益にならない人が大半です。

YouTubeは収益に対して過度な期待はせず、「動画を作ることが楽しい」と感じられる方にオススメです。


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2018

運営者情報

荒木 厚/アラキアツシ

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「株式会社コクリ」を設立。 市場調査からマーケティング戦略の立案、インターネット広告を活用したWEBプロモーションなど、商品サービスがブランド化されるまでのトータルプロデュースを行う。 株式会社コクリ 代表