スイッチ | ブログ・サイト運営を応援するWebマガジン

オリジナリティのあるコンテンツを作るための基本的な考え方


インターネット上のウェブサイトで人を集めるためには、人が読んで役に立つと思う内容にすることが非常に重要です。そのためには、相手が考えていることを的確に回答し、なおかつ検索エンジンに評価されるように、オリジナリティのなる内容にしなければいけません。
しかし文章を書くのに不慣れな人では、なかなかオリジナリティのある文章を書けないこともあります。そんな時にどのようにすれば、オリジナル性のある文章をかけるかをお伝えします。

自分の体験談を盛り込む

一番簡単に自分独自の文章にするコツは、主観を入れることです。しかしこの文章は主観で書きすぎだと読んでいる人に思われてしまえば、場合によっては「主観でしか無いので信頼できない」と思われてしまいます。

そこで根拠となるような文章を提示した後に「私自身の体験ですが」と、根拠を補足するような内容で、体験談を入れていきます。この体験談を具体的に描くことに寄って、難しい内容の文章でも理解がしやすくなりますし、イメージで把握できるようになるので、自分が思ってほしいように、読者の考えを誘導するのにも役立ちます。

体験談はその人だけのオリジナルの内容になりますから、文章を補強するためにも、独自性を出すためにも役立ってくれるでしょう。

自分の得意分野に絡めた話にする

文章で、伝えたいことを説明するだけでは単調になってしまい、退屈な文章になることもよくあります。そのようなときには、自分の得意分野を引き合いに出した、例え話を盛り込んでみましょう。

体験談がないような事例の場合に、似たようなことを取り扱っている、映画やドラマの1シーン、また有名人の言葉などを引用するのです。
これも読者のイメージを促進する作用があるので、理解を手助けしてくれますし、ぐっと文章に深みを与えて、筆者のイメージを読者に持ってもらうことで、親しみを持たせることができます。「この筆者は○○に詳しいな」と読者の思ってもらうことで、

ターゲットを狭い範囲に絞った文章を書く

いろいろな人を読者にし、多くの人にアクセスしてほしいと思うのは、サイトを作っている人間からすれば、当たり前の欲求でしょう。しかし多くの人をターゲットにすればするほど、その文章は薄く、当たり障りのない物になる傾向があります。

それよりもタイトルに「貯金がない人が貯金をする方法」よりも「30代、結婚して自分のため貯金がない男性が、貯金をこっそりする方法」と書いてあるほうが、具体性があり、そのターゲットとなった人にとっては、大変有益な内容になりやすいです。

タイトルで読者を引き込みやすくなりますし、できるだけ具体的に描いたほうが、ターゲットが狭くてもリピーターを確保しやすくなります。そして今度は「20代就床したばかりの女子が結婚資金を貯める方法」など文章をたくさん描いていけば、結果的に多くの人に刺さる文章を書くことができるでしょう。

個人の属性を与えて描くだけで、文章の内容に臨場感が出る

同じような法律関係の文章や、生活習慣について説明する文章を書くだけでも、個人の属性を与えて描くだけで、文章の内容に臨場感が出ますし、狭ければ狭いほどターゲットになった人にとっては、迫真に迫るものになります。
またターゲッティングを絞れば同じ内容を伝えたい文章でも、沢山量産しやすくなるので、一つのネタでたくさんコンテンツを作れるのも、コンテンツ量がほしいという人にとっては、ありがたいポイントでしょう。

一度書いたら他の人に呼んでもらい、文章の構成や言葉遣い、接続詞の使い方などにも気をつけます。何度も書いているうちに必ずコツは掴んでいけるので、何度も書く練習から始めてみましょう。


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2018

運営者情報

荒木 厚(株式会社コクリ 代表)

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「株式会社コクリ」を設立。 Wordpressを使ったWebサイトやネットショップの企画・制作、SEO・リスティング広告を使った集客支援をしています。