スイッチ | ブログ・サイト運営を応援するWebマガジン

おすすめのクラウド会計サービス徹底比較


今、中小企業や個人事業主を中心にクラウド会計サービスが広がりつつあります。クラウド会計サービスとは、PCにソフトウエアをインストールする必要なく、ブラウザを通じてサイトにログインし、会計ソフトを使うことができます。

そのため、インターネットさえあれば使用することができ、利便性に優れています。また、データもクラウドでバックアップがとられており、運用面でも安全性が高まっています。

また運用コストも、既存のソフトのように、高額なソフトウェアや専用のサーバーを導入する必要もなく、費用を抑えて運用することができます。
クラウド会計サービスも、多種多様な企業が参入しています。それだけに、これから利用する方は何を使えば良いか迷ってしまうことでしょう。
ここでは、選定する際のポイントをお伝えし、その中でもオススメのサービスをご紹介します。

選定のポイント

それでは、クラウド会計サービスを選ぶ上でどのようなことに気をつけると良いのでしょうか。
ここでは、3つのポイントを挙げます。

利用目的を明確に

なぜクラウド会計サービスを使うのか、そして会計処理以外にクラウドへ移したい業務があるかなど、しっかり検討されることをおすすめします。
クラウド会計サービスも各社で特徴があり、ユーザーの状況によって最適なものが変わってきます。
単純に会計処理だけできれば良いのか、もしくは販売管理や給与計算までクラウド会計サービスで処理したいのか、予め利用目的をはっきりさせましょう。

サービスの提供会社

そしてどんな会社がサービスを提供しているかもしっかり確認しましょう。これは意外と見落としがちなポイントですが、非常に大事なポイントです。仮に利用者が増えず、収益が上がらないとサービスから撤退する可能性もあります。
クラウド会計サービスも非常に多くの企業が参入しています。背景には、会計ソフトの市場が大きいこと、必要性が高く一度導入されると簡単に解約されない点が挙げられます。

クラウドには、貴重な財務データを預けることになります。慎重に見極めることをおすすめします。
クラウド会計サービスもシェアを取っている会社がある程度決まってきているので、ひとまずそこに注目するのも良いでしょう。

機能、価格をしっかり確認

上記の2つを明確にした上で、価格や機能を調べていきます。
既にパソコンにインストールするタイプの会計ソフトを使っている方は、そこからデータを移せるか、操作性が大きく異ならないかなど検討しましょう。各社で無料体験版がありますので、一度触れてみると良いでしょう。
一方、これから会計ソフトを使うという方は、ランニングコストや取引データの入力のしやすさ、外部サービス(銀行口座やクレジットカード情報など)との連携が可能か、気になる点を調べてみましょう。

以上の3つのポイントを押さえた上で、より使いやすいクラウド会計ソフトを選びましょう。

おすすめのクラウド会計ソフト

それでは、私がおすすめするクラウド会計ソフトをご紹介しましょう。個人的には以下3つがおすすめです。

各々のサービスについては、以下の視点で見ていきましょう。

  • 会社
  • 機能
  • サポート

freee

クラウド会計サービスの草分け的な存在

freeeは、昨年33.5億円の資金調達を実現したクラウド会計サービスの草分け的な存在です。多数の企業が出資しており、その期待度の高さが覗えます。未上場の企業ですので、詳しい業績はわかりませんが、財務体質は万全であることは容易に想像できます。社長をはじめ元グーグル社員の方が多いのも特徴の1つで、優秀な方が集まっています。

財務諸表に詳しくない方が扱いやすいよう、ユーザーインターフェースなど工夫されている

財務諸表に詳しくない方が扱いやすいよう、ユーザーインターフェースなど工夫されているところが特徴です。自動仕訳機能など充実しており、仕訳の手間を大幅に低減させることができます。ただ、従来の会計ソフトに慣れてしまっている人は、操作感が異なり逆に使いづらくなることもあるそうです。

freee はAI技術の活用にも力を入れています。「スモールビジネスAIラボ」という組織を創設しており、自動入力機能の強化だけでなく、将来的には不良債権の自動検知や資金繰りのシミュレーションなどもできるよう技術強化を図るそうです。
また、データはAmazon web Serviceに保存されており、セキュリティの面でも万全の体制となっています。

webでQ&Aが充実が充実している

webでQ&Aが充実が充実しており、基本的にはそこを確認すれば事が足りてしまうかもしれません。またサポートページも用意しており、チャットやメールでの対応も行っています。

freeeについて詳しくはこちら

弥生

売上は、会計ソフトの分野でNo.1

弥生は、会計ソフトの老舗で、これまでのパソコンにインストールして使用するパッケージソフトで多くのユーザーを獲得してきました。売上では、会計ソフトの分野でNo.1だそうです。クラウド会計の分野では、後発組みかもしれませんが、これまでの実績で既存ユーザーがクラウド版へ移行することも考えられるでしょう。

弥生と連携できる会計・税理士事務所が豊富

デスクトップ型の弥生会計からをデータインポートすることが可能です。
銀行明細やクレジットカードとの連携、簡単な取引入力も特徴の1つ。また弥生プロフェッショナルアドバイザープログラムという、弥生と連携できる会計・税理士事務所が豊富に存在するのも大きなメリットです。その数、なんと7,000!契約のある会計事務所が弥生だと、自社のクラウド会計も弥生にするのが良いでしょう。

メールや電話、画面共有によるサポートまで、きめ細やかに対応

会計ソフトの老舗だけにかなり充実しています。webのQ&Aだけでなく、メールや電話、画面共有によるサポートまで、きめ細やかに対応してくれます。これだけ充実していると、使っていく上で不安要素はほとんど無いでしょう。

弥生について詳しくはこちら

ClearWorks

日経クラウド大賞など様々な賞を受賞

ClearWorksは創業が2003年で、クラウドサービスを提供している企業の中では社歴は長い部類に入ります。競争の激しい世界ですので、14年会社が続くということはすごいことです。また、日経クラウド大賞など様々な賞を受賞しているのも特徴の1つです。堅実に実績を積み重ねてきたことが覗えます。

販売管理の「販売ワークス」や給与管理「給与ワークス」も提供しており、これら3つの機能が連携できる

最大の特徴は、会計ソフト「会計ワークス」だけでなく、販売管理の「販売ワークス」や給与管理「給与ワークス」も提供しており、これら3つの機能が連携できることが挙げられます。販売データや給与データを「会計ワークス」にインプットされることで、会社の財務状況を素早く把握することができます。また、各々のデータはデータセンターで厳重に保管されており、安心して運用ができます。

ソフト導入時に別途有償で支援サービスを受けられる

通常のQ&A対応だけでなく、ソフト導入時に別途有償で支援サービスを受けられるのが特徴です。このようなソリューションを導入する際は、導入時にいかに素早く業務を立ち上げることができるかが成功する上でキーポイントになります。その観点からすると、ClearWorksは安心して使えるサービスといえるでしょう。

ClearWorksについて詳しくはこちら

まとめ

以上、3つのクラウド会計サービスを比較してきました。個人的な印象では、会計知識に自信がなく会計ソフトを使うのが初めてという方はfreee、会計・税理士事務所との連携や既存で弥生を使用していたユーザーは弥生クラウド、会計処理だけでなく、販売管理から給与計算まで対応したいと考えている方はClearWorksが良いでしょう。
皆さんの目的に合わせてクラウド会計ソフトを選んで、業務改善を図ってください。


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2018

運営者情報

荒木 厚(株式会社コクリ 代表)

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「株式会社コクリ」を設立。 Wordpressを使ったWebサイトやネットショップの企画・制作、SEO・リスティング広告を使った集客支援をしています。