スイッチ | ブログ・サイト運営を応援するWebマガジン

サイト構築にWordPressを用いるメリットとは?


企業の公式サイトやコンテンツを配信するサイトに、最近ではWordPressを利用する会社が増えてきています。一般のサイトと比較して、どのようなメリットがWordPressにはあるのでしょうか?サイト構築を考える企業の担当者向けにお知らせします。

無料で導入でき、カスタマイズ性が非常に高い

WordPressはフリーで提供されているソフトであり、その使用料は無料になっています。自社で持っているサーバーにインストールをする必要はありますが、利用自体は無料なので、まずは軽費でできるサイト構築を考えているのならば、WordPressを利用する意味は非常に大きいといえるでしょう。

さらにサイトを制作していると、様々な機能を追加したくなったり、デザインに凝りたくなったりしますが。世界中で利用されているWordPressならば、そういった機能追加(プラグイン)も大変多く無料で提供されています。多くの人が利用しているということは、何か怒った時にアドバイスを求めやすいということでもあり、またセキュリティ性も高くなっています。

WordPressのプラグインならば、無料だけではなく、非常にクオリティの高い有料コンテンツもあるので、一部有料コンテンツを利用すれば、一般のサイトに負けないデザイン性のものも、安価で作ることができます。とにかくカスタマイズ性が非常に高いのがWordPressの大きな特徴と言えるでしょう。

SEO効果が高く、検索順位の上位表示を狙いやすい

自社のサイトを作るときには、いかに多くのユーザーに見てもらえるかを意識してサイトを作らなくはいけないことが多いでしょう。今日日、ユーザーは情報を探すときには、YahooやGoogleの検索窓にキーワードを入れて、そのキーワードに応じて表示される順番に上から見ていきます。

商品を販売するサイトにとっては、何位に表示されるかは死活問題であり、10位以下のサイトはまず見られないとも言われています。そのためのサイト構築の工夫のことをSEO対策といいますが、WordPressで作成したサイトはSEO対策のための効果が高く、比較的上位に表示されやすいと言われています。それは検索エンジンの順位を決定している、Googleの人間も認めていることであり、また上位表示を狙うキーワードを設定したり、サイトの内容をする検索エンジン上で表示する項目なども設定しながらサイトを更新できます。

検索エンジン表示向けの対策をしながら、コンテンツを作成することができるのもメリットの一つです。
ECサイトなどの、検索エンジン上位表示が、会社の業績に直接影響する場合、また情報サイトで広告収入がPV数に応じて変化をするようなサイトの場合は、WordPressを用いるかどうかで、大きく成果も変わってくるでしょう。

コンテンツの更新や追加が簡単に行える

WordPressは、CMS(コンテンツマネージメントシステム)の一つであり、ブラウザ上からサイトの更新ができるのも大きなメリットの一つです。
通常サイトの更新に関してはFTPソフトなどを利用しなくてはいけないので、パソコンに不慣れな人にとっては決して容易な作業ではありませんし、適切に更新する場所を把握できている人が少なく、欠員が出るとサイト更新ができなくなってしまうこともあります。

WordPressの場合は書き換えやサイトの後進が専用のボタンをクリックした場所で可能なので、後進の仕方がわからない、間違った場所を更新してしまうなどのミスが非常に少なく、パソコンが苦手な人でも直感的に操作を理解できます。

上記のようなメリット以外にも、多くの人が利用しているので、情報の入手が容易であったり、独自のデザインを配信したりしている人が多いなど、とにかく無料かつ手軽にサイト構築に利用できるのが最も大きなメリットと言えるでしょう。
最初は多少勉強する必要もあるでしょうが、慣れてしまえば、パソコンの知識がない人もで更新ができ、属人性のない作業にできます。人員の出入りが激しいような部署には、大変利用する価値があるといえるのではないでしょうか。


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2018

運営者情報

荒木 厚(株式会社コクリ 代表)

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「株式会社コクリ」を設立。 Wordpressを使ったWebサイトやネットショップの企画・制作、SEO・リスティング広告を使った集客支援をしています。