スイッチ | ブログ・サイト運営を応援するWebマガジン

【2018年最新版】おすすめ低価格レンタルサーバー徹底比較


レンタルサーバーとは?

インターネット上にウェブサイトを公開するためには、ファイルを保管するためのサーバーが必要ですが、個人で準備するとなると多大な費用と労力がかかります。レンタルサーバーとは、毎月費用を支払うことで、インターネット上にウェブサイトのデータを置く場所を借りられるサービスのことです。

無料のサービスでもウェブサイトは作成できますが、広告が表示されたり、使える機能に制限があったりします。本格的にウェブサイトを運用されるのでしたら、レンタルサーバーと契約することをお勧めします。
いくつもの会社がレンタルサーバーを運営しており、サーバーの機能や価格も様々です。不要な費用を支払う必要がないよう、自分の用途に合ったレンタルサーバーと契約しましょう。

また、ワードプレスを利用したウェブサイトを作成する場合、ワードプレスを簡単にインストールできる機能を持ったレンタルサーバーを選ぶと、その後のサイトの作成がスムーズに進みます。

レンタルサーバーの選び方

レンタルサーバーを選ぶためには、ウェブサイトを運用するに当たって何を重視するかを考える必要があります。ブログ、ECショップ、写真をメインにした旅行サイトなど、ウェブサイトには様々な種類があります。まず、どのようなウェブサイトを立ち上げるのか決めて、その後に目的に合ったレンタルサーバーと契約しましょう。

レンタルサーバーには、個人向けの小規模の容量のものから、企業向けの大規模な容量を備えたものまであります。サイトの利用者数をどのくらい想定しているのかによって、どのくらいの規模のレンタルサーバーを借りるのかが変わってきます。

また、レンタルサーバーの使い方に知識がない場合はサポート体制が整っているレンタルサーバーが必要でしょうし、個人情報を扱うサイトであれば高度なセキュリティ機能のあるものが必要でしょう。このように、最適なレンタルサーバーを借りるにあたっては、何がどのくらい必要なのかといったことを検討することが大切です。

用語解説

転送量:Webページを閲覧する時に、設置されたサーバー側から送られるデータ量で、サーバーとユーザーとの間に転送できるデータ量の上限を指します。

MYSQL:データベースのことです。データベースは1つのドメインに対し、1つ設定することが望ましいとされています。
マルチドメイン: 1つのサーバーで複数のドメインを管理できることを指します。
サブドメイン:独自ドメインを区分けするために任意で作成するドメイン名のことです。

ロリポップ(ライト)

初期費用:1500円
月額料金:250円
容量:50GB
転送量:60GB/日
MYSQL:1個
マルチドメイン:50個
サブドメイン:300個(ドメイン毎)

ロリポップはワードプレスを使用するのに最適な環境が整えられています。簡単インストール機能を使って、すぐにサイト作成を始めることができます。

ロリポップ(ライト)について詳しくはこちら

さくらインターネット(スタンダード)

初期費用:1029円
月額料金:515円
容量:100GB
MYSQL:20個
マルチドメイン:利用可

さくらインターネットは、個人向けだけではなく、法人向けや専用サーバーまで幅広いプランが用意されています。

さくらインターネット(スタンダード)について詳しくはこちら

スターサーバー(ライト)

初期費用:0円
月額料金:250円
容量:50GB
転送量:5GB/日
MYSQL:5個
マルチドメイン:50個

初期費用が無料のスターサーバー(ライト)。2週間の無料サーバーお試し期間もあります。

スターサーバー(ライト)について詳しくはこちら

バリューサーバー(スタンダード)

初期費用:2000円
月額料金:360円
容量:100GB
MYSQL:無制限
マルチドメイン:無制限
サブドメイン:無制限

マルチドメイン、サブドメイン、MYSQL無制限のバリューサーバー。複数のウェブサイトを運営したい方にお勧めです。

バリューサーバー(スタンダード)について詳しくはこちら

MixHost(エコノミー)

初期費用:無料
月額料金:48円
容量:10GB
MYSQL:無制限
マルチドメイン:無制限

MixHostは、月額480円から利用できるクラウド型レンタルサーバーです。レンタルサーバーとしての使いやすさと、クラウドのスケーラビリティを融合した、いいとこ取りのレンタルサーバーです。

MixHostについて詳しくはこちら

カゴヤ・ジャパン(S11)

初期費用:無料
月額料金:864円
容量:100GB
MYSQL:オプション
マルチドメイン:無制限

カゴヤ・ジャパンは、リーズナブルな価格で利用できるレンタルサーバーです。高セキュリティ、高可用性に対応しているのが特徴で中小企業はもちろん医療法人・官公庁を中心に幅広い実績があります。

カゴヤ・ジャパンについて詳しくはこちら

フレンドサーバー(ビギナープラン)

初期費用:無料
月額料金:300円
容量:2GB
MYSQL:5個
マルチドメイン:1個

フレンドサーバーは、米国のデータセンターで運用されている日本向けのレンタルサーバーです。米国シリコンバレーのデータセンターにサーバーを設置してあるため、もし国内で災害が起きても安定したサイト運営を行うことができ、安価でサーバーを利用することが可能になりました。

フレンドサーバー(ビギナープラン)について詳しくはこちら

リトルサーバー(ミニプラン)

初期費用:920円
月額料金:150円
容量:20GB
MYSQL:3個
マルチドメイン:無制限

リトルサーバーは、月額150円でWordPressが利用可能な格安レンタルサーバーです。
どのプランでも、独自ドメインが無制限、メールアドレスも無制限に利用できます。
また、全プランにおいて標準で7日分のバックアップを行っていて、何度でも無料でファイルの復旧が可能です。
さらに、全プランにおいて、SSH、Cron、SSLなどの便利な機能が標準で利用することができます。
お手軽にWordPressを始めてみたい方におすすめのレンタルサーバーです。

リトルサーバー(ミニプラン)について詳しくはこちら

99YENレンタルサーバー(エコノミーDB)

初期費用:2,000円
月額料金:199円
容量:15GB
MYSQL:1個
マルチドメイン:無制限

99YENレンタルサーバーは、高速SSD対応の国内最安級のレンタルサーバーです。
データベース、ウェブサイトの領域すべてでSSDに対応し、サイトの高速化を実現。
HDDとSSDの読み書きの速度を比較すると、SSD通常連続した(大きなファイル)読み書きで3倍、ランダム(小さなファイル)の読み書きでHDDの40倍の速さというデータもあります。
最大2Gpbsの回線を選定しており、国内の共用サーバサービスで最速級のスピードを誇ります。
特にワードプレス等のサイトなどは仕組み上ファイルアクセスが多いため、99YENレンタルサーバーはおすすめです。

99YENレンタルサーバー(エコノミーDB)について詳しくはこちら

JETBOY(ミニSSD)

初期費用:1,000円
月額料金:290円
容量:5GB
MYSQL:3個
マルチドメイン:10個

JETBOYレンタルサーバーは、月額290円から利用できる、国内向けハイスペックSSDクラウド型レンタルサーバーサービスです。
WEBサーバーにLiteSpeedエンタープライズを実装し、5100リクエスト/秒を捌く高速レスポンスを実現しています。
共有レンタルサーバーの手軽さとクラウドのリソース拡張機能を融合した次世代のレンタルサーバーサービスです。
クラウド型ですので、サイト規模が大きくなってもサーバーを変える必要がなく、必要なタイミングでCPU、メモリなどサーバー性能をスケールアップさせることができます。
サイト規模に合わせた最適なリソース配分を実現できるので、月々のコストを削減することができます。

JETBOY(ミニSSD)について詳しくはこちら

ラクサバ(ラクラクミニ)

初期費用:1,540円
月額料金:99円
容量:2GB
MYSQL:0個
マルチドメイン:3個

ラクサバは、月額99円から使える格安レンタルサーバーです。
ファイルマネージャにて、ファイルの編集、新規作成、アップロード、パーミッション等の変更等もおこなうことができるので、FTPソフトがなくても、WEBブラウザのみで、変更が可能です。
また、かんたんにバックアップファイルをダウンロードすることができますし、バックアップからの復旧をすることも可能です。
ラクラクミニプランでは、MySQLが使えないためWordpressを利用できませんが、簡単なホームページであれば十分の機能が揃っています。

ラクサバ(ラクラクミニ)について詳しくはこちら

まとめ

レンタルサーバー 初期費用 月額費用 容量 マルチドメイン MySQL
ロリポップ(ライト) 1,500円 250円 50GB 50個 1個
さくらインターネット
(スタンダード)
1,029円 515円 100GB 20個 20個
スターサーバー(ライト) 無料 250円 50GB 5個 50個
バリューサーバー
(スタンダード)
2,000円 360円 100GB 無制限 無制限
MixHost(エコノミー) 無料 48円 10GB 無制限 無制限
カゴヤ・ジャパン(S11) 無料 864円 100GB オプション 無制限
フレンドサーバー
(ビギナープラン)
無料 300円 2GB 5個 1個
リトルサーバー(ミニプラン) 920円 150円 20GB 3個 無制限
99YENレンタルサーバー
(エコノミーDB)
2,000円 199円 15GB 無制限 無制限
JETBOY(ミニSSD) 1,000円 290円 5GB 10個 3個
ラクサバ(ラクラクミニ) 1,540円 99円 2GB 3個 0個

費用は初期費用が0円のスターサーバー(ライト)が優れています。また、MYSQLが5個なっていますので、5つまでサイトを運営することができます。初めてウェブサイトを運営する方にお勧めのレンタルサーバーです。

続いて安いのがロリポップですが、MYSQLが1個となっていますので、ウェブサイトを複数運営したい方には不向きです。さくらインターネットバリューサーバーは評判もよく、容量やMYSQLも十分です。資金に余裕のある方は、これらのサーバーを利用するとよいと思います。

格安レンタルサーバー人気ランキング

【1位】ロリポップ(ライト)

ロリポップはワードプレスを使用するのに最適な環境が整えられています。

ロリポップ(ライト)について詳しくはこちら

【2位】さくらインターネット(スタンダード)

さくらのVPSのSSDプランは635円という驚異の価格設定です。
635円プランの場合はSSDで20G、900円のプランの場合にはHDDならば100Gも可能。

さくらインターネット(スタンダード)について詳しくはこちら

【3位】スターサーバー(ライト)

初期費用が無料のスターサーバー(ライト)。2週間の無料サーバーお試し期間もあります。

スターサーバー(ライト)について詳しくはこちら


こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2018

著者情報

荒木 厚(株式会社コクリ 代表)

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「株式会社コクリ」を設立。 Wordpressを使ったWebサイトやネットショップの企画・制作、SEO・リスティング広告を使った集客支援をしています。