スイッチ | ブログ・サイト運営を応援するWebマガジン

シンプルなウェブデザインのメリット3つ


フラッシュなどをトップページに用い、とにかく派手、豪華なサイトがもてはやされたのも今は昔。現在はアイコンなどを用いたシンプルで機能的なデザインのサイトが増えています。

サイトを作る目的から考えていけば、できるだけ多くの情報を見た人間に伝えたくなるかもしれませんが、その考え方はスマホでネットを見る人が増えた今の状況に対応できていないともいえます。

ではシンプルなサイトデザインにすることで、そのようなメリットがあるのでしょうか。

サイト制作のための費用がかからない

重厚なグラフィックや動画をサイトに掲載するには、そういったコンテンツを制作する必要があります。そうなるとクリエイターにそういったコンテンツの制作を依頼しないといけないので、費用も時間も大きく掛かるようになります。
それでいてスマホでネットを見ている人からすれば、通信時間も通信料も増えるので敬遠されるようになりますし、屋外で見ることが増えているので、あまりに動的すぎるサイトは周囲の目も気になって、あまり好まれなくなるといえます。

つまりおおいに凝ったサイトを作ってももはやユーザーの嗜好には合っておらず、無駄にお金をかけて好まれないサイトを作っているだけなのです。小さな画面ではシンプルなサイトのほうが好まれますし、制作の費用もかかりません。

陳腐化せずに長く使える

デザインにはどうしても流行り廃りがあるものです。今やフレームで分割されたページなどまず見かけることはありませんが、2000年代初期にはそんなページは当たりのようにありました。
動画や音声、ミニゲームなどを盛り込んだサイトも通信速度の向上、パソコンの性能の向上に伴いもてはやされましたが、もはや3分の2以上のユーザーはパソコンではなく、スマホで情報を検索するようになっています。そしてFLASHはもはや陳腐化された廃れる技術になっています。

シンプルで必要な情報だけを伝えるサイトは、流行り廃りに左右されにくく、完結にユーザーも必要な情報を伝えることができます。どうしてもサイトを全面リニューアルしなければいけない局面でもありますが、できるだけシンプルなグラフィック、構成のサイトにすれば陳腐化しづらく情報の更新もコストを掛けずに行うことができます。

表示が早くなり、グーグルにも評価される

サイトデザインをシンプルにすることの最大のメリットとしてあげられるのが、データ量の削減です。動画やコンテンツを豊富に盛り込んだサイトは、通信料や速度を気にしないで済むPCでの閲覧には今でも向いています。
サイト閲覧者の大半がPCとわかりきっているのならば、動画などをたくさん盛り込んだ重厚なサイトにしても、閲覧者は減らないでしょう。

しかし情報を得るために見る、外での暇つぶしに見るようなサイトでは、データ量が多いことは致命傷になりかねません。データを無駄に食うサイト、そして表示が遅くなることは簡単にユーザー離れを招きます。
またグーグル検索の表示順位も、表示速度が早いことを高く評価します。SEOの観点で見てもシンプルなサイトは有利になるといえます。

最後に

インターネットに接続するデバイスは、家庭内においてももはやPCでは無くスマホやタブレットなどモバイル性のあるツールに変わっています。
家庭用のゲーム機がムービーをたくさん用いた据え置き機向けから、そこまでグラフィックに凝らないけれども手軽に遊べる携帯機用やスマホゲームに取って替わられたように、ウェブサイトにおいても同様の現象が起きています。
手軽、シンプル、速い、こういったサイトが今の流行であり、サイト担当者が意識すべきポイントと言えます。


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

運営者情報

荒木 厚

熊本のホームページ制作・Webメディア運営会社「株式会社コクリ」代表。 「スイッチ」等のWebメディア運営、企業様のオウンドメディアの企画・制作、SEOをメインにした集客支援をしています。ロゴマークデザイン制作サービス「コクリロゴ」OPENしました!