スイッチ | ブログ・サイト運営を応援するWebマガジン

UXデザインとは?UIとの違いや基礎知識について解説


本記事ではUXデザインの基礎知識を解説しています。UIデザインとの違いや、UXデザインに取り組む時のポイントについても取り上げています。Webデザインのベースともなる考え方なので、デザイナーやエンジニアであればしっかりと押さえておきたいところです。

UXデザインの基礎知識

UXと比べると、UIの方が身近な人が多いかと思います。UXについて理解するために、まずはUIの復習からはじめていきましょう。

UIとは?

UI(User Interface、ユーザーインターフェース)とは、ユーザーと製品との接点のことを言います。もっと簡単に言ってしまえば、ユーザーが目にするモノ全てがUIにあたります。Webサイトの場合は、ページのデザインやレイアウト、配色、フォント、ボタン、テキストなどがUIと言うことができます。

Webサイトを例に出してご説明しましたが、UIが対象とするのはIT製品だけではありません。スマホやPCなどのガジェットや家電など、あらゆる製品でUIの考え方が使われています。

UXとは?

一方で、UX(User Experience、ユーザーエクスペリエンス)とは、ユーザーが製品を使用した時の体験のことを指しています。体験、と言うと少しわかりづらいでしょうか?例をあげてみましょう。

皆さんはスマホからWebサイトを見ますでしょうか?色々なサイトがありますが、「操作がしづらいなぁ」と感じたことはありませんか?もしくは、SNSで流れてきた投稿を見て感動したり、共感したこともあるかもしれません。

ユーザーが製品を使った時に抱いた感情や、経験。これがすなわち、UXなのです。UXを向上することは、製品開発では最重要とも言えるほど大切な視点です。

UXとUIの違い

前半のまとめとして、UXとUIの違いについてまとめておきましょう。と言っても、ここまでの解説でほぼ答えは想像できましたでしょうか?

UXとは、ユーザー体験のことでした。ユーザー体験を向上する方法はいくつもありますが、そのための一つが、製品の見た目を改善していくことです。製品の見た目は、UIとご説明しました。つまり、UIはUXを実現するための一つの方法と言うことができます。

UXのポイント3箇条

さて、ここまでUXの基礎知識について解説してきました。実際にUXに取り組むにあたって、注意点はあるのでしょうか?記事の後半では、UXを実施する時に押さえて欲しいポイントを3つにまとめてご紹介していきます。

目的は明確になっているか

UXに取り組む時にはじめにしなければいけないことは、目的を決めることです。目的とはゴールのこと。ゴールがしっかりと決まっていなければ、改善策を立てることはできません。

目的を設定する時は、具体的な数値を入れることを忘れないようにしてください。そうすることで、UXの効果を測定することができるようになるからです。

ターゲットを設定しているか

UXを向上したいのであれば、ターゲットが定まっていなければいけません。なぜかと言えば、UXはユーザーの体験を改善する手段だからです。ユーザーが明確でないのに、そのユーザーが抱くであろう感情や経験はわかりませんよね。

ターゲットと並んでよく利用されるのが、ペルソナです。ペルソナとは理想の顧客像のこと。インタビューやアクセスデータなど、具体的で客観的な情報を基にして作られます。

ユーザー視点で考えているか

UXに取り組む際、常に忘れてはいけないのはユーザー視点でいることです。例えば、企業が伝えたい情報ではなく、ユーザーが知りたい情報は何なのか、といった見方で考えていくのです。

あとがき

UXデザインの特徴やUIとの違い、UXのポイントについて解説しました。UXは近年ますます重要性が高まってきています。基本についてはしっかりと理解しておき、日ごろのデザインや開発業務に活かしていっていただければと思います。


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2018

運営者情報

荒木 厚(株式会社コクリ 代表)

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「株式会社コクリ」を設立。 Wordpressを使ったWebサイトやネットショップの企画・制作、SEO・リスティング広告を使った集客支援をしています。