スイッチ | ブログ・サイト運営を応援するWebマガジン

失敗しないコンテンツマーケティングのはじめ方


数年前から流行しはじめているコンテンツマーケティング。
ブログなどを使って手軽にはじめられることから、多くの店舗や企業で取り入れられています。しかし、はじめたのはいいが、なかなか継続できずに途中で諦めてしまっているかたも多いようです。
継続できない原因は、コンテンツマーケティングを実施する「目的」がしっかりと定まっていないこと、また、コンテンツマーケティングは成果が出るまで時間がかかるという特徴を把握していないためです。
そこで今回は、コンテンツマーケティングはじめるさいに気を付けるべきことと、失敗しないための取り組み方について書いてみます。

コンテンツマーケティングの目的

「みんながやっているから」、「最近流行っているから」など、簡単な理由ではじめてしまい、途中で挫折するケースは珍しくありません。
確かに、はじめるのは簡単です。ブログでもホームページでもいいので、何かしらの情報を発信していけば、一応、コンテンツマーケティングといえるかもしれません。
しかし、ただ「日記」を書くだけでマーケティングになるはずもありません。成果を上げるために、コンテンツマーケティングの特徴をつかんで、しっかりとした戦略で取り組みましょう。

「コンテンツ」とは何か

先程、「ブログ」でも始められるとかきましたが、コンテンツマーケティングの「コンテンツ」は、ただの「日記」ではありません。表面だけで分かったつもりになり、ブログを立ち上げ日々の「日記」をつけている店舗や会社も多く存在します。
著名人や芸能人の日記ならいざ知らず、一般人や中小企業の日記に需要があるはずもありません。ここでいう「ブログ」とは、ユーザーのためになる「コンテンツ」です。
「コンテンツ」にはハウツー情報やまとめ情報、おもしろ情報などいろいろあります。ユーザーに発信するコンテンツは、提供している商品や、サービス、コンテンツマーケティングの「目的」によって変わってきます。

目的を決める

コンテンツマーケティングの「肝」になる部分です。何のためにやるのかしっかりとした目的が無いと、成果を上げられないまま頓挫してしまいます。
特に、Webマーケティングでは「数値」がはっきりと出るので、「いつまでに」「何を」「どれくらい」というように、具体的な数字を目標としてあげましょう。

例えば、物販を中心としているECサイトであれば、「半年後に売り上げを2倍の10万円にする」というように具体的な数字を入れます。これは「KGI(重要目標達成指数)」といわれ、コンテンツマーケティングを実施するなら必ず決めるべき項目です。

KGIを決めたら、この目標に向かってのプロセスを評価する「KPI(重要業績評価指数)」を決めていきます。
ECサイトで売り上げを伸ばすための施策は多くありますが、例えば「単価を上げる」「CVR(成約率)を上げる」「PV数を増やす」というような、KPIを設定していきます。これらもしっかりと数値目標を入れていきましょう。

継続する

コンテンツマーケティングは、一朝一夕で成果が出るようなものではありません。「良質なコンテンツ」を継続して発信し続けても、3ヶ月はほとんどアクセスが集まらないって事もざらにあります。
SNSや広告と組み合わせることで、もっと短期間で成果を出す事は可能ですが、最低でも半年は継続して毎日のようにコンテンツを追加していきましょう。

「良質なコンテンツ」を継続して追加していく事は、容易な作業ではありません。日記のようなブログならともかく、ユーザーのためになる情報を集めて発信していくわけですから、常にアンテナを張っておく必要があります。
どうしてもコンテンツが作れないといった場合は、外注するのもひとつの手です。最近ではコンテンツマーケティングを専門にしている会社も多くなっていますので、相談してみるのもいいでしょう。また、クラウドソーシングを使うのもおすすめですよ。


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2018

著者情報

荒木 厚(株式会社コクリ 代表)

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「株式会社コクリ」を設立。 Wordpressを使ったWebサイトやネットショップの企画・制作、SEO・リスティング広告を使った集客支援をしています。