スイッチ | ブログ・サイト運営を応援するWebマガジン

簡単にお問い合わせフォームが設置できるWordPressプラグイン「Jetpack Contact Form」


Webサイトをビジネスで使っているなら「お問い合わせフォーム」は必須要件。
「EFO(エントリーフォーム最適化)」というマーケティング用語もあるように、お問い合わせフォームひとつでCVR(コンバージョン率)が大きく変わってきます。※CVR=成約率

WordPressサイトなら、プラグインを使ってお問い合わせフォームを簡単に実装することができます。お問い合わせフォームプラグインで有名なのは「Contact Form7」ですが、柔軟性が高いぶんWordPress初心者が弄るのは、ちょっとハードルが高いかもしれません。
そこで今回は、WordPress初心者でも簡単に扱える「Jetpackコンタクトフォーム」を紹介します。

超簡単!Jetpack Contact Form

「Jetpack by WordPress.com」は、多くの機能を搭載した万能プラグインです。その機能のひとつに今回紹介する「コンタクトフォーム」があります。
すでにJetpackプラグインを使っている方は、「コンタクトフォーム」を有効化するだけで使えます。Jetpackをインストールしていない方は、プラグインの新規追加から、「Jetpack」をインストールし、WordPress.comのアカウントと連携しましょう。
では、早速Jetpackコンタクトフォームの使い方を解説していきます。

お問い合わせフォームの設置

Jetpackコンタクトフォームは、固定ページや投稿ページの編集画面から設置する事ができます。

ページ編集画面を開き、「お問い合わせフォームを追加」をクリックします。
お問い合わせフォームの編集画面が開くので、各項目を編集していきます。

デフォルトのフィールドは、「名前」「メールアドレス」「ウェブサイト」「コメント」の4つで構成されています。運営するWebサイトに合わせて各項目を編集していきましょう。

各項目にマウスポインターを合わせると現れる「編集」ボタンをクリックして編集します。画面右側に項目編集フィールドが出るので、「ラベル」と「フィールドの種類」を編集し「このフィールドを保存」をクリックします。
編集が終わったら、画面下の「このフォームを投稿に追加」をクリックするだけです。

お問い合わせフォームの動作確認

設置後は、テスト送信を行って動作検証をしましょう。
お問い合わせフォームを設置したページを開き、各項目を入力後、「送信」ボタンをクリックします。

ダッシュボードの左側にあるメニュー「フィードバック」から、お問い合わせ内容が確認できます。
テスト送信した内容が反映されていれば、お問い合わせフォームの設置は完了です。

お問い合わせ内容をメールで確認したい場合は、フォーム編集画面の「メール通知」タブで、メールアドレスとメールの件名を入力するだけでOKです。
また、お問い合わせ内容はCSV形式でエクスポートできるので、アンケートなどの集計に重宝します。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
Jetpackコンタクトフォームを使うと、とっても簡単にお問い合わせフォームを設置する事ができます。自動返信メールやフォーム項目の保存は出来ませんが、シンプルなフォームの設置ならこのプラグインで十分対応できます。

商品購入や有料セミナーなど、金銭が絡むフォームは多くの項目が必要となりますが、無料セミナーの申し込みフォームや、資料請求、メールマガジン登録など、多くの項目を必要としないフォームにはおすすめのプラグインです。


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2018

運営者情報

荒木 厚(株式会社コクリ 代表)

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「株式会社コクリ」を設立。 Wordpressを使ったWebサイトやネットショップの企画・制作、SEO・リスティング広告を使った集客支援をしています。