スイッチ | ブログ・サイト運営を応援するWebマガジン

初めてのWebサイト運営。レンタルサーバー選び3つのポイント


今からホームページを立ち上げる方も、無料ブログから独自ドメインへの移行をお考えの方も、自社の大事なWebサイトを置いておく「レンタルサーバー」選びにお困りではありませんか?

今回は、Webサイトの運営がはじめてのかた向けに、レンタルサーバー選びのポイントを解説していきます。自社で運用するならもちろん、外注するにしてもある程度の知識は持っておいた方が何かとお得ですよ。
ここで紹介するポイントは3つ。

  1. Webサイトの役割を考える
  2. レンタルサーバーの種類を決める
  3. 運営会社のサポート体制を調べる

では、早速紹介していきます。

(1)Webサイトの役割を考える

まず、「何のために」Webサイトを立ち上げるのかを明確化します。ここをきちんと定めないと、自社のWebサイトに合ったサーバーを検討する事が出来ないからです。
「レンタルサーバー選び方」で検索すると、各レンタルサーバー会社の比較記事などが出てきますが、「Webサイトの役割」がハッキリしていないと、何を比較していいのかがわかりません。

値段?スペック?容量?安定性?などなど・・・比較項目は結構多いので、「Webサイトの目的」をはっきりさせておきましょう。
例えば、個人商店のブログやホームページの立ち上げなら、それこそ「値段」で比較して、月々の費用を抑えた運営から始めてみるとか、長年続けている無料ブログからの移転で、相当数のアクセスが見込める場合は「安定性」で比べてみるなど、自社の運営体制に合わせた比較検討をしましょう。

Webサイトの制作、運営を外注化する場合も、「サーバー維持費」などの項目で余計な費用を請求されないように、ある程度の相場を確かめておくのも必要です。

(2)レンタルサーバーの種類

レンタルサーバーは大きく分けて、

  1. 共用サーバー
  2. 専用サーバー
  3. VPS

の3つに分けられます。それぞれの特徴を簡単に説明します。

共用サーバー

みんなで1つのサーバーをシェアする形。月々の料金が安く、会社によっては無料で提供しているところもあります。その代りサーバースペックはそれほど高くなく、拡張性は期待できません。
初心者でも比較的簡単に扱う事が出来るので、ブログや中規模サイト、小規模なECサイトなら共用サーバーで十分対応可能です。
注意点として、他のWebサイト(同じ共用サーバーを使ってる他のユーザーのサイト)にアクセスが集中した場合、エラーが出る可能性があります。

[参考]【完全保存版】WordPress向けレンタルサーバー徹底比較

専用サーバー

月々の料金は高くなりますが、高スペックなサーバーが多く、拡張性に優れています。運用、管理には専門知識が必要になりますが、共用サーバーと違って、他のユーザーからの影響を受けないので安心して運用できます。
大規模なサイトの構築、オウンドメディアの運用を予定しているなら専用サーバーを使った方が無難でしょう。

VPS

VPSは、共用サーバーと専用サーバーのちょうど中間くらいのイメージ。virtual private server(仮想専用サーバー)の略です。
専用サーバーでは高過ぎるし、かといって共用サーバーでは機能が物足りないって時に使われるサーバーです。VPSも運用には若干の専用知識が必要になってきます。
中規模サイト~オウンドメディアの運用を目的として使われることが多いです。

[参考]【完全保存版】おすすめVPSサーバー徹底比較

(3)サポート体制

最後は、レンタルサーバーを提供している運営会社のサポート体制です。
自社の大事なWebサイトを運用するレンタルサーバーですので、「有名な会社が運営しているから」、「知人から勧められたから」などの安易な理由で選ばないようにしましょう。

ほとんどの運営会社は「サポート窓口」を用意しているので、不明な点や確認したい事は、契約前に連絡を入れてみるのをおすすめします。その際、返事が遅い、質問の返答が不親切、対応が悪いなど、不安な点がいくつかあれば契約を見送った方がいいでしょう。

専門知識があるスタッフに運営を任せる場合はさほど重要ではないですが、初めてサイト運営をするなら、後々のトラブルを避けるためにも「サポート体制」はしっかり把握しておきましょう。


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2018

運営者情報

荒木 厚(株式会社コクリ 代表)

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「株式会社コクリ」を設立。 Wordpressを使ったWebサイトやネットショップの企画・制作、SEO・リスティング広告を使った集客支援をしています。