スイッチ | ブログ・サイト運営を応援するWebマガジン

Webライティングの超基本!ユーザーの質問に回答することって?


Webライティングの基本、それは「ユーザーの質問に回答する」ことです。
この点を意識せずに文章を書いていると、どんなに素晴らしい内容であっても読まれない文章になってしまいます。

では、ユーザーの質問に回答するとはどういったことなのでしょうか?
それにはまず、ユーザーが何のためにHPやブログに訪れるのかを知らなければいけません。

そもそもネットユーザーは何を求めている?

ホームページにしろブログにしろ、一番多いのが検索エンジン経由での閲覧です。
ユーザーは検索エンジンになんらかのキーワードを入力し、表示されたあなたのホームページやブログに、たどり着くことが多いんですね。
では、なせ検索エンジンにキーワードを入力するのでしょうか?

暇つぶし?もちろんそうかもしれません。
ですが、多くの場合、「なにか疑問を解決するため」に検索することが多いのではないでしょうか。
あなたも日々、疑問や悩みなどの答えを求めて検索することがあると思います。
他のユーザーもそれと同じように疑問の答えを求めて検索しているんです。

つまり、ホームページやブログを見るのは、「分らないことを調べるため」であることがほとんどなんですね。
検索エンジンに「これってどういこと?」「○○の解決方法は?」と、質問して、あなたの媒体にその答えを求めているのです。

ユーザーの目的は疑問の解決!では書き手には何が求められる?

ネットユーザーは分らないことを検索=質問して、その答えをHPやブログに期待しているとお伝えしました。
ですから、書き手に求めらるものは「質問の回答」なんですね。
ユーザーはなんらかの疑問を解決したいわけですから、その答えがないとすぐに別のサイトに移動してしまいます。

あなたも「このサイトには知りたいことがないな」と判断して、開いたサイトをすぐに離脱した経験が何度もあるかと思います。
ですから、大前提としてサイト内容が質問の回答になっていないといけないんですね。

もっとも重要なのが「タイトルと本文の一貫性」

検索エンジン経由の場合、ユーザーはあなたがつけた記事タイトルに惹かれてサイトに来てくれます。
タイトルを見て「このサイトなら自分の知りたい内容がありそう!」と、期待感をもって訪れてくれるんですね。

ですから、もっとも重要となってくるのが「タイトルと本文の一貫性」です。
いくらユーザーの気を惹く興味深いタイトルをつけたとしても、本文との内容が一致していなければすぐにページを閉じられてしまいます。

例えば、オシャレなスーツの着方を知りたいユーザーが、「女子受け間違いなし!思わずオシャレと言ってしまうスーツの着こなし術」と、いうようなタイトルに興味を持ってサイトを訪れたとしましょう。
ですが、その内容はオシャレなスーツの着方ではなく、単におすすめのオシャレなスーツが紹介されているだけだったら・・・・・・。

ユーザーは当然、「俺はオシャレなスーツの着方が知りたいんだよ!」と怒ってすぐにそのページを閉じてしまいますよね。
これはユーザーからしたら、ラーメン屋だと思ったて入ったのに、イタリアンだったというような状態とおなじ事です。
ラーメンが食べたくてお店に入ったのにイタリアンだったら、残念どころが怒りすら沸いてきますよね。
ですから、タイトルと本文の一貫性がなければいけないんです。

まとめ

ネットユーザーの目的は疑問の解決です。
疑問や悩みなど、分らないことを調べるために検索し、その答えを捜し求めているんですね。
ですから、こちらのやる事は「質問の回答」となります。

「そんなこと分っているよ!」と思われるかもしれませんが、この点を意識せず文章を書いていると、軸がブレたり、話が脱線してしまうことが意外とあるものです。
そのため、文章を書くときは常に「ユーザーからの質問に回答している」と、意識しておくことが重要になるんですね。


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2018

運営者情報

荒木 厚(株式会社コクリ 代表)

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「株式会社コクリ」を設立。 Wordpressを使ったWebサイトやネットショップの企画・制作、SEO・リスティング広告を使った集客支援をしています。