スイッチ | ブログ・サイト運営を応援するWebマガジン

初心者向け!wordpressの3つの無料サーバーのメリット・デメリット比較


wordpressは、ブログとしても本格的な法人サイトとしても使えるCMSツールのひとつです。簡単なのに本格的なブログやサイトができてしまうため、人気も高まっています。

これからwordpressを導入しようと思っている人は、有料サーバーを検討されているのではないでしょうか?
しかし、初心者さんには無料サーバーの方がおすすめです。

ここでは、wordpress向けの3つの無料サーバーのメリットとデメリットを比較してみたいと思います。

初心者は無料サーバーの方が良い理由とは?

無料サーバーには必ず広告があると思い込んでいませんか?
実は、wordpressを導入できる無料サーバーの中には、広告なしで利用できるものもあるのです。

初心者さんが、いきなり有料サーバーで始めるのには、それなりに勇気がいると思います。できれば、最初は無料で試してみたいですよね?

まずは、wordpressを体感するためにも無料サーバーがおすすめです。

wordpress向け無料サーバー3選のメリット・デメリット比較

ここでは、数あるwordpress向け無料サーバーの中でも、特に人気の3つのサーバーのメリットとデメリットを比較しながら分析したいと思います。

未来サーバー

wordpress向け無料サーバーの中で一番人気があるのが「未来サーバー」です。

《メリット》

  • 容量無制限なのに広告なしで利用できる
  • PHPにも対応している
  • wordpressのインストールツールがセッティングされている
  • 独自ドメインも使える

《デメリット》

  • サーバーが重い時がある(アクセスが増えると困難)
  • 更新中に回線が落ちることがある(せっかく書いた記事が更新時に消える可能性がある)

未来サーバーについて詳しくはこちら

エックスドメイン


エックスドメイン
は有料サーバー「エックスサーバー」の無料版サーバーです。

《メリット》

  • 独自ドメインが設定できる(10個まで)
  • サブドメインにも対応している(50個まで)
  • 指定したIPアドレスのアクセス制限ができる
  • FTPとSSLに対応している

《デメリット》

  • 3ヶ月以上更新がない場合は広告が表示される
  • サポート体制がない(有料会員はメールや電話のサポートがついている)
  • 容量が1GBまでしか使えない
  • 1回にアップロードできるファイル容量が3MBまでである(大容量の写真や音楽、映像などがアップロードできない)

エックスドメインについて詳しくはこちら

フリーウェブ

制限はそこそこありますが、自由度が高いことで人気があるのが「フリーウェブ」です。

《メリット》

  • Perl、PHP、MySQLに対応している
  • メールアカウントが取得できる
  • 簡単インストール機能がついている

《デメリット》

  • フッターに目立たない広告がある(9px程度のテキスト広告)
  • 独自ドメインの持ち込みができない(他社で取得した独自ドメインを接続できない)
  • ディスク容量が100MBまでしかない(有料会員になると500MBになる)

フリーウェブについて詳しくはこちら

結局どのサーバーを選べばいい?

このようにそれぞれの無料サーバーには、メリットもあればデメリットもあります。
要は、wordpressを始める初期段階で何を大事にしたいかで、サーバー選びが決まってきます。

容量が欲しいのであれば、無制限容量で使える未来サーバー」が良いでしょう。
インストールに自信がないのなら、簡単にインストールできるツールがついているサーバーが好ましいです。

最初はアクセスが望めないのであれば、回線が安定していないサーバーでもいいかもしれませんね。初期段階で無料サーバーに求めるものをはっきりしてから選ぶと失敗がありません。

いかがでしたか?
それぞれの無料サーバーのメリットとデメリットを比較して、自分に合うwordpress向け無料サーバーを見つけられるといいですね。


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2018

著者情報

荒木 厚(株式会社コクリ 代表)

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「株式会社コクリ」を設立。 Wordpressを使ったWebサイトやネットショップの企画・制作、SEO・リスティング広告を使った集客支援をしています。