熊本のSEO・リスティング広告ならWEBマーケティングのスイッチ。

急なアクセス負荷も怖くない!おすすめクラウドサーバー5選


こんにちは、Webマーケッターのアラキです。

サーバーやITインフラの中でもクラウドサーバーが注目されています。
ここで言うクラウドとは、クラウドコンピューティングのことを指します。
インターネットに接続できる環境さえあれば、インターネットの向こう側にあるサービスを必要な時だけ、必要な分だけ利用できるという考え方です。

そのため、短時間でのインフラ構成から、必要に応じてリソースを追加したり、ネットワーク構築に変更を加えたり、サービスの拡大縮小が可能です。
今現在、クラウドサービスのほとんどが1時間単位での利用が可能であるため、特定のサイトの短期利用や、一時的に高負荷になるソーシャルゲームをするときなどに特に向いていると言われています。

クラウドサーバーとレンタルサーバーの違いは?

クラウドサーバーとは?

クラウドサーバーは、自由にアクセス負荷の状況に合わせて、サーバーを拡大縮小することが可能なため、常に安定したサーバー運用が可能です。
アクセスが集中する場合には、サーバーを拡大し、アクセス集中が収束すると同時に、サーバーを縮小してリソースの最適化とコストの大幅な削減が見込めます。

レンタルサーバーとは?

一方、レンタルサーバーの場合、アクセスが集中した場合にはサーバーがダウンしてしまうなどの危険性があります。
また、アクセスが集中すればするほど、大容量の専用サーバーが必要になってしまい、コストも掛かってしまいます。
拡大ができないため、わざわざ手間を掛けて移行作業をしなくてはなりません。

クラウド業者間の価格競争や、エコシステムが形成されてきたことから、インターネットユーザーはこれまで以上に安価でクラウドサービスを導入することが可能となっています。
そのようなこともあり、サーバーやITインフラの中でもクラウドサーバーが注目されています。

ということで、今回はおすすめのクラウドサーバーをいくつか紹介いたします。

各クラウドサーバーの特徴

GMOクラウド ALTUS(アルタス)

GMOクラウド ALTUS(アルタス)の特徴はなんといっても、ユーザーの抱えている課題や利用用途に合わせてクラウドを選べるところです。
自分にとって必要な機能だけを利用することができるため、せっかく他に使える機能を持て余してしまうということがありません。
GMOクラウド ALTUSには2つのサービスタイプがあります。Basicシリーズは、ファイアーウォール機能、スナップショット機能に加えて、AWS APIにも対応しているのでマルチクラウドが可能。
lsolateシリーズは、ユーザー専用のセグメントを構築でき、リモートアクセスVPNを標準装備しています。
好きな時に素早くリソースサイズを変更したいという方はBasicシリーズ、基幹システムや業務システムなど、高セキュアなネットワーク環境が必要な方にはALTUS lsolateをおすすめします。

GMOクラウド ALTUS(アルタス)について詳しくはこちら

wpXクラウド

wpXクラウドは、リバースプロキシを使ったキャッシュ処理を始めとして、豊富なWordPress運用実績に基づいた様々な高速化技術を導入しています。
特に2Gbps高速ネットワーク接続や最新高性能サーバーの採用、それに加えてSSDストライピング構成を利用したディスクI/O速度WordPressによって、ユーザーにとっては軽快な動作環境を実現できるのが特徴です。
WPXクラウドにはグレードアップ機能がありますので、PV数の変動によるサイトの移転をする必要がありません。
特にサイトを1つしか作らず移転作業などの面倒な作業を省きたい方や、表示速度は重視するがなるべく低価格で済ませたい方などにおすすめですね。

wpXクラウドについて詳しくはこちら

カゴヤ マネージド クラウド for WEB

カゴヤ マネージド クラウド for WEBは、他のクラウドサーバーに比べ機器のトラブルに強い構成になっています。
機器に万一障害が生じた場合でも、自動的にインスタンスが稼働を正常に行っているサーバーへ移るようになっています。そのため、停止することはほとんどありません。
また、メールSPAM対策やファイアーウォールの設定など、セキュリティ機能も充実しているのも特徴のひとつです。
有料になりますが、簡単に管理画面からWAFを設定することができ、いろいろなアプリレベルで行われるアタックを検出することが可能であるため、未然に情報漏えいや改ざんというようなトラブルを防止することができます。
365日電話・メールによるサポート体制も充実しており、安全性の高いサイト運営をしたい方には、おすすめのサービスだと思います。

カゴヤ マネージド クラウド for WEBについて詳しくはこちら

さくらのクラウド

さくらのクラウドの特徴は、自由度がとても高くて自分に一番適したカスタマイズが可能なところ。
例えばCPUとメモリを好きに組み合わせて使用することができます。
また、さくらのクラウドの良いのは、高性能でありながら低価格というところ。
SSDプランは、従量課金制度がないため、思わず料金が高くなってしまうこともありません。
自由度が高くてサーバーの構成例がたくさんあるため、サーバーの構成にこだわりたい方におすすめです。

さくらのクラウドについて詳しくはこちら

MixHost

MixHostは、パワフルで高速なピュアSSDクラウド型レンタルサーバーです。
高速WebサーバーLIteSpeedを日本で初めて採用し、一般的なWebサーバーであるApacheよりも数十倍〜数千倍高速です。
さらにWebサーバーと連携したキャッシュプラグインでWordpressも非常に高速に動作します。
またマルチドメイン、メールアドレス、データベース、FTPアカウント、すべて無制限利用できます。
月額480円からで、高速・高機能というコストパフォーマンスの高さもあり、今Webマスターの間で人気のクラウド型レンタルサーバーです。

MixHostについて詳しくはこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回紹介したように、クラウドサーバーは、自由にアクセス負荷の状況に合わせて、サーバーを拡大縮小することが可能なため、常に安定したサーバー運用が可能です。
アクセスが集中する場合には、サーバーを拡大し、アクセス集中が収束すると同時に、サーバーを縮小してリソースの最適化とコストの大幅な削減が見込めます。

一方、レンタルサーバーの場合、アクセスが集中した場合にはサーバーがダウンしてしまうなどの危険性がありますので、安定的なサイト運営したい方にはクラウドサーバーを導入してみるのも良いかもしれません。
各サーバー会社がクラウドサーバーについて、いろいろなプランを用意しておりますので、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

クラウドサーバー人気ランキング

【1位】GMOクラウド ALTUS(アルタス)

GMOクラウド ALTUS(アルタス)の特徴はなんといっても、ユーザーの抱えている課題や利用用途に合わせてクラウドを選べるところです。
自分にとって必要な機能だけを利用することができるため、せっかく他に使える機能を持て余してしまうということがありません。
GMOクラウド ALTUSには2つのサービスタイプがあります。

GMOクラウド ALTUS(アルタス)について詳しくはこちら

【2位】wpXクラウド

wpXクラウドは、リバースプロキシを使ったキャッシュ処理を始めとして、豊富なWordPress運用実績に基づいた様々な高速化技術を導入しています。
特に2Gbps高速ネットワーク接続や最新高性能サーバーの採用、それに加えてSSDストライピング構成を利用したディスクI/O速度WordPressによって、ユーザーにとっては軽快な動作環境を実現できるのが特徴です。

wpXクラウドについて詳しくはこちら

【3位】カゴヤ マネージド クラウド for WEB

カゴヤ マネージド クラウド for WEBは、他のクラウドサーバーに比べ機器のトラブルに強い構成になっています。
機器に万一障害が生じた場合でも、自動的にインスタンスが稼働を正常に行っているサーバーへ移るようになっています。そのため、停止することはほとんどありません。
また、メールSPAM対策やファイアーウォールの設定など、セキュリティ機能も充実しているのも特徴のひとつです。

カゴヤ マネージド クラウド for WEBについて詳しくはこちら


こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2018

運営者情報

荒木 厚/アラキアツシ

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「株式会社コクリ」を設立。 市場調査からマーケティング戦略の立案、インターネット広告を活用したWEBプロモーションなど、商品サービスがブランド化されるまでのトータルプロデュースを行う。 株式会社コクリ 代表