スイッチ | ブログ・サイト運営を応援するWebマガジン

コンテンツマーケティングを基礎から学ぶ!初心者におすすめの本4選+1


こんにちは、Webマーケッターのアラキです。

Webマーケティングというと、集客のテクニックやSEOなどの検索順位を上げる手法にばかり意識がいきがちです。
コンテンツマーケティングはそうではなく、見込み客や顧客にとって価値のあるコンテンツを提供し続けることで、良好な関係を築き、売上げにつなげていこうとする戦略。
よりよい顧客獲得のため、ECやオウンドメディアなどWebマーケティングに携わるものであれば誰しもが自分の武器にしたい戦略だと思います。

もしコンテンツマーケティングを学びたいのであれば、まずはその考え方をしっかり理解し基礎をしっかり固めることが必要です。
何となく理解したつもりで他社の事例をマネするだけでは、確かな成果を生むことはできません。

ということで、今回はコンテンツマーケティングを基礎から学べる、おすすめの本をいくつか紹介いたします。

エピック・コンテンツマーケティング 顧客を呼び込む最強コンテンツの教科書

こちらの本は、コンテンツマーケティングの第一人者であるジョー・ピュリッジ氏の著書です。
タイトルのエピックには「壮大な」という意味があり、コンテンツマーケティングは壮大なブランドストーリーの構築であるというピュリッジ氏の考えに基づいたキーワードです。
マーケティングを「支出」ではなく、長期にわたってビジネスを成長させ続ける「資産」という考え方が良く理解することができます。
アメリカでの実例ばかりなので日本のビジネス例にはあてはめづらいかもしれませんが、基礎の理論をしっかり学ぶには欠かせない一冊です。

エピック・コンテンツマーケティング 顧客を呼び込む最強コンテンツの教科書

商品を売るな

こちらの本では、国内外の事例をもとに、コンテンツマーケティングについて分かりやすく解説されています。
初心者の場合は、商品を売ろう売ろうとしてしまいがちですが、そういう人たちの考え方を良い意味で変えてくれます。
表面的なことだけでなく、コンテンツマーケティングがなぜ必要なのか?というところから書かれているので、仕組みからしっかり学びたいという方には是非読んで頂きたい一冊です。
イラストや図表をうまく使って解説されているので、とても読みやすいと思います。

商品を売るな コンテンツマーケティングで「見つけてもらう」仕組みをつくる

広告なのにシェアされるコンテンツマーケティング入門

こちらの本では、LINEのコンテンツプロデューサーである谷口マサト氏が「ネットで話題になり、バズるコンテンツ作り」について解説しています。
最近よくある面白系コンテンツのベースにある考え方がよく理解できると思います。
著者いわく、今は「一億総ツッコミ時代」。コンテンツにツッコミを入れることができるような仕掛けが必要とのこと。
これをすぐに実践するのはなかなか難しいところですが、今のネットの現状やコンテンツのあり方が良く分かる1冊ですね。

広告なのにシェアされるコンテンツマーケティング入門

コンテキスト思考 論理を超える問題解決の技術

「コンテンツ思考」とは、コンテンツ(数字、文字、音声といった、物理的に認識できるものやデータ)に論理や分析を加えていく思考法。それに対し、「コンテンツ」の裏にある背景、前後関係、文脈などといった、物理的に認識できないものを重視した考え方を「コンテキスト思考」と言います。
こちらの本では、形として見えないコンテキストを、(1)関係性(2)価値観(3)目的といった三つのフレームワークで、具体例を引用しながら分かりやすく解説してくれています。
「いつもデータに振り回されている」「コンテンツを他者とどう差別化して良いか分からない」というブログ・サイト運営者には、是非読んでいただきたい一冊です。

コンテキスト思考 論理を超える問題解決の技術

これから読みたい一冊!

小さな会社のWeb担当者のためのコンテンツマーケティングの常識

こちらは、「ブログ飯」の著者でもある染谷昌利さんがコンテンツマーケティングについて書かれた本です。
9/7発売なので、まだ私も読んでないのですが、とても面白そうな内容です。
サイボウズ式、LIGブログ、ログミーなど、いろんなメディアの運営方法や事例も多く掲載されているようです。
ブログやオウンドメディアを運営している方は、自分のメディアと比較して良い点、悪い点を見つけてみてはいかがでしょうか。
私も購入予定です。

内容としては、そもそもコンテンツマーケティングってなんなのよ?という解説に始まり、質(価値)の高いコンテンツの定義付け、コンテンツマーケティングを実践することによる最終的なゴールについてという概念的な話から、ネタの生み出し方、記事の書き方、メディア運営の注意点などの具体的方法、ランディングページの作成におけるポイント、そして実際に運営されているメディアの事例を織り交ぜながら、コンテンツマーケティングについて解説しています。

引用:新著「小さな会社のWeb担当者のためのコンテンツマーケティングの常識」が9月7日に発売されます

小さな会社のWeb担当者のためのコンテンツマーケティングの常識


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2018

運営者情報

荒木 厚(株式会社コクリ 代表)

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「株式会社コクリ」を設立。 Wordpressを使ったWebサイトやネットショップの企画・制作、SEO・リスティング広告を使った集客支援をしています。