スイッチ | ブログ・サイト運営を応援するWebマガジン

SEO初心者の味方!SEOに強いWordPressプラグイン9選


こんにちは、Webマーケッターのアラキです。

WordPressのプラグインにはSEOに強いプラグインがいくつも揃っています。

SEOに強いからといって、検索上位に表示されるわけではありませんが、これらのプラグインを導入することにより検索エンジンのクローラーが巡回しやすくなったり、インデックスさせやすくすることができます。

特にSEOの知識が少ない初心者の方の場合は、導入しておくと有効だと思います。

ということで、今回はSEOに強い!Wordpressプラグインをいくつか紹介いたします。

All in One SEP Pack

All in One SEP Packは、言わずとしれたSEOには欠かせないプラグインです。
All in One SEO Packを使うと、title、description、canonicalなどメタの各種設定を行うことがでます。
また、ソーシャルメディアのOGP設定やクローラーの巡回を促すXMLsitemapの設定も可能です。
SEOの設定を一括して管理できるので非常に便利です。

WordPress SEO by Yoast

WordPress SEO by YoastはGoogle+やTwitterカードなどソーシャルメディアのメタタグ、XMLサイトマップなどを自動生成することができます。
他にもパンくずリストの表示、ページごとにSEO対策の設定、パーマリンクのカスタマイズなどいろいろなことができます。
WordPress SEO by Yoast以外のSEO対策プラグインの設定をインポートすることもできます。
またこのプラグインの拡張機能が有料で販売されており、物足りなくなったらこちらを購入するのも良いかも。

HeadSpace2

HeadSpace2はSEO対策の総合管理プラグインです。
一つ一つのページごとにディスクリプションやキーワード、タイトルの設定をすることが可能です。
またサイトモジュールではプラグイン自体を拡張できる拡張機能を利用することが可能です。
そしてHeadSpace2には他のSEOプラグインの設定をインポートできる機能が付いているので、乗換えも簡単です。

Broken Link Checker

サイト内にリンク切れがあると、SEOの評価は下がってしまいます。
そんなときに便利なのがBroken Link Checkerというプラグインで、サイト内のリンク切れを自動的にチェックし検出してくれます。
管理画面も分かりやすく、リンク切れのエラーはトップ画面に表示されるので、一目でリンク切れがあるかどうかが確認できます。
またリンク切れを検出した場合、メールで通知を受け取るかどうかの設定もできます。

SEO Friendly Images

画像を使うなら、入れておきたいのがSEO Friendly Imagesというプラグインです。
ALTやTITLEなどを使って、画像に説明のテキストを挿入することはSEOの基本です。
SEO Friendly Imagesは、記事タイトルや画像ファイル名などの設定したパラメータから、IMGタグのALTやTITLEに自動的にテキストを設定してくれます。
他にも記事の要約やタグ、カテゴリーなどのパラメータを設定することもできます。

Google xml sitemaps

Google xml sitemapsはサイトをすばやく検索エンジンに登録させるのに役立つプラグインです。
このプラグインを使うとクローラーに存在を知らせるURLのリスト「XMLサイトマップ」を作成することができます。
これにより複数のページを検索エンジンに登録することが可能になります。
最初にサイトマップを作成すれば、後は記事を公開するたびにサイトマップも自動的に更新されるようになります。
またサイトマップに含めるファイルやページを設定することができ、サイトマップに入れたくないページは除外することも可能です。

Breadcrumb NavXT

Breadcrumb NavXTはパンくずリストを自動生成することができるプラグインです。
パンくずリストは内部の構造を分かりやすくリスト化したものであるため、ユーザビリティの向上にも繋がり、クローラーも巡回しやすくなります。
パンくずリストを手動で作るのは大変なので、リストを自動生成できるBreadcrumb NavXTはとても便利です。
トップページに戻るためのリンクの名前も自由に変更することができきます。

PuSHPress

PuSHPressは、Wordpressで記事を投稿したときに、検索エンジンに直ちにインデックスさせることができるプラグインです。
このPuSHPressを使うと、僅か数分程度でインデックスできます。
素早くインデックスさせることができるというのは、自分の投稿した記事が検索エンジンにオリジナルとしてしっかり評価されるということになります。
ごく稀に自分の記事をコピーされて、そちらのほうが早くインデックスされてしまう場合がありますので、そうしたことを防ぐためにも有効と言えます。

Head Cleaner

Head Cleanerはブラウザとサーバーの通信の回数やデータの量を少なくし、構成するソースを最適化することでサイトの表示速度を速くすることのできるプラグインです。
こちらを導入することによりタグを最適化させ、スッキリとさせることができます。
特にソースの中で容量の大きいJavaScriptとCSSをコンパクトにしてくれます。
そしてHead Cleanerの設定を行う管理画面は全て日本語になっており、操作は初心者でも分かりやすくなっています。


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2018

運営者情報

荒木 厚(株式会社コクリ 代表)

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「株式会社コクリ」を設立。 Wordpressを使ったWebサイトやネットショップの企画・制作、SEO・リスティング広告を使った集客支援をしています。