スイッチ | ブログ・サイト運営を応援するWebマガジン

特定の人にだけ見せたい!WordPresssサイトに簡単にBasic認証をかける方法


こんにちは、Webマーケッターのアラキです。

制作中のサイト会員制のサイトなど、特定の人にだけ見せたい場合があると思います。

私もWeb屋としての仕事もやっておりますので、クライアントに制作中のテストサイトを見てもらう場合は、アクセス制限をかけます。

そんな時に有効なのが、「Basic認証」

Basic認証とは、HTTPで定義される認証方式の一つで、アクセス制限されたページにアクセスしようとすると、ユーザ名とパスワードの入力を求められます。
サーバでアクセスを許可しているユーザに一致すれば、ページを閲覧することができます。

ということで、今回はWordPresssサイトに簡単にBasic認証をかける方法をご紹介します。

【1】「WP BASIC Auth」

WP BASIC Authは、WordpresssサイトにBasic認証をかけることができるプラグインです。

使い方は簡単で、プラグインをインストールし、有効化するだけOK。

サイトを表示すると、Basic認証の認証画面が表示されます。

ユーザー名とパスワードは、Wordpressの管理画面にログインする時のIDとパスワードになります。

【2】「WP Htaccess Editor」

WP Htaccess Editorは、WordPressの管理画面から.htaccessを編集できるプラグインです。

こちらを利用すれば、ベーシック認証だけでなく、リダイレクトやドメイン・IPによるアクセス制限なども管理画面から行うことができます。

.htaccessの記述を間違うと、エラーがでて編集できなくなってしまうので、あらかじめバックアップをとっておきましょう。

左のメニューの[Htaccess]から[Backup ]から設定することができます。

Basic認証の記述は、「.htaccess Editor」を使うと便利!

.htaccess Editorは、ベーシック認証からリダイレクトの設定まで、WEB上で簡単に.htaccessを作成できる便利なサイトです。

ベーシック認証では「ユーザー名」と「パスワード」、「.htpasswdファイルまでのフルパス」を入力するだけで、.htaccess と.htpasswdのソースコードを作成できます。

あとは、出力されたテキストをコピーして.htaccessファイルにペーストするだけです。

.htaccessの知識がない人でも簡単に作れますので、便利だと思いますよ。


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

運営者情報

荒木 厚(株式会社コクリ 代表)

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「株式会社コクリ」を設立。 Wordpressを使ったWebサイトやネットショップの企画・制作、SEO・リスティング広告を使った集客支援をしています。