スイッチ | ブログ・サイト運営を応援するWebマガジン

SSL証明書の仕組みと種類を徹底解説!さらに各SSLサービスを比較してみた


SSL証明書とは?SSL証明書の仕組みを徹底解説!

こんにちは、Webマーケッターのアラキです。

SSL証明書という言葉をインターネットを利用していれば必ず見かけたことがあるのではないでしょうか。

インターネットで買い物などをする場合、特にネット初心者であればどのサイトが安全なのか、クレジットカードなどの情報を記入しても良いのかどうかといった不安が常に付きまとうと思います。

店舗をかまえて商品を販売しているわけではないため、記載されている情報を信じるしかないわけですし、信じた結果、個人情報が流出してしまったというケースも後を絶たないと言われています。

こういった情報の流出等を防ぐために利用されているのがSSL証明書と呼ばれる証明書となります。

SSL証明書を導入していないお店などで情報を記入した場合、そのデータは暗号化などは一切されない、そのままの状態で送られることになるため、ハッカーなどに情報をいくらでも盗まれてしまうことになります。

SSL証明書を導入している場合、記入した個人情報などは全て暗号化されて相手側に届くため、ハッカーなどがデータを盗もうとした場合でも盗むことができなくなります。

仮にデータを取得できた場合でも、暗号化されているため元々のデータを見ることができないと言うわけです。

SSLはデータの暗号化だけではない!SSL証明書のもう一つ重要な役割とは?

個人情報などのデータの暗号化だけではなく、SSL証明書にはもう一つ重要な役割があります。

それはSSL証明書を導入しているサイトの所有者を証明するということでです。

SSL証明書を導入する場合には必ず申し込みが必要になりますし、登録には印鑑証明書などの書類が必須となります。

ですからそれらがきちんと揃っている会社やお店しか登録ができない仕組みとなっているわけです。

ただしSSLの種類によっては簡単な登録が可能なものもあるため、EV SSL証明書という強力な証明書を導入しているサイトを探すと安全に利用が可能です。

もちろん登録後の運用にもお金が必要になるため、SSL証明書を導入しているサイトはサイトの管理がちゃんと行われているサイトだと一目で確認することが可能になります。

外部ハッカーから個人や企業の大切な情報を守るためにもSSL証明書は重要

SSL証明書を導入している場合、サイトに必ず証明書導入のバナーが張り付けられているはずですので、それを確認すれば安全か否かがわかる仕組みとなっています。

バナーには管理者情報などが記載されているためまずそれを確認することが安全にサイトを利用する第一歩だといえます。

サイト管理者もすぐにわかるようになっているため、SSL証明書を導入しているところを利用すれば、ネットでの詐欺被害などに会いにくいと言えるのではないでしょうか。

SSL証明書を導入しているのはネットで商売をしているお店ばかりではなく、企業も外部からのハッカーに備えて導入をしている場合も多々見受けられます。

特に会社のサーバーなどには個人情報ばかりではなく企業の情報や大事な仕事の情報なども蓄積されているわけですから、それを守るためにもSSL証明書というものは重要な役割を果たしていると言えます。

SSL証明書の種類は?

SSL証明書には何種類か種類があり、クイック認証SSL、企業認証SSL、EV SSL証明書に分かれています。

この中でも特にEV SSL証明書は強力かつ通常のSSL証明書よりも厳格な審査を経て証明書を発行されているため、EV SSL証明書を導入しているサイトは特に安全性が高いと言えるでしょう。

HPの表示も通常とは異なり、EV SSLを導入しているサイトはアドレスバーが緑色になるため、一目でEV SSL導入が分かる仕組みとなっています。

このようにSSL証明書は情報社会と呼ばれる現代では欠かせないものとなっていますし、誰でも気軽にインターネットを利用できる世の中になったからこそ、必要な証明書だと言えます。

気軽に使える=犯罪に巻き込まれやすいというデメリットもあるわけですから、利用者側も相手が安全なのかどうかをSSL証明書などで確認して使用する必要があるのではないでしょうか。

SSL証明書サービス徹底比較

こちらの価格は、ライブドアSSLのクーポンを使用した場合の価格です。
他社サービスよりも安く導入できますので、おすすめです。

商品名 セキュア・
サーバーID
グローバル・
サーバID
クイックSSL 
プレミアム
Sureserver for
SSL
認証区分 企業認証 ドメイン認証 企業認証
発行対象 登記済み法人・士業のみ 登記済み法人・士業・
個人事業主
個人でも発行可能
EV SSL証明書 あり なし あり
コードサイニング証明書 あり なし なし
価格(1 年比較) ¥71,928 ¥123,120 ¥19,224 ¥60,171
RSA 鍵長 2048bit 2048bit 2048bit 2048bit
携帯対応率 99% 99% 92% 94.9%
申請から発行までの期間 1 ~ 3 日 1 ~ 2 日 最短即日
負荷分散ライセンス※ サーバ台数分必要 不要 サーバ台数分必要
他社証明書からの
有効期限引継ぎ
不可 可能 可能

Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2018

著者情報

荒木 厚(株式会社コクリ 代表)

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「株式会社コクリ」を設立。 Wordpressを使ったWebサイトやネットショップの企画・制作、SEO・リスティング広告を使った集客支援をしています。