スイッチ | ブログ・サイト運営を応援するWebマガジン

ネタ探しをしてまで、ブログを書く必要があるのか?


こんにちは、Webマーケッターのアラキです。

「ネタ探しをしてまで、ブログを書く必要があるのか?」

みたいな議論をちらほら見かけます。

これに対していろんな意見があると思いますが、私の答えは、ネタ探しをしてまでブログを書く必要はあると思います。

趣味のブログであれば、そこまでやる必要はありませんが、ブログで収益を上げようと思えば当然のことです。

それが、アドセンスであろうと、ASPアフィリエイトであろうと、セルフブランディングであろうと。

「ブログで収益を上げれない人」の大きな欠点とは?

ネタが頭に思い浮かぶまでブログを書かないなんて思ってると、いつまでたっても書けないでしょう。

「ブログが続かない人」「ブログで収益を上げれない人」の大きな欠点はここにあります。

「ネタ探しをやってまで、ブログを書くなんてダサイ」「自分には才能があるから、ネタなんて天か降ってくる」

なんて自分があたかも、天才ライターになったかのように勘違いしている人に限って、ネタに詰まって書けなくなるのです。

自分の頭や心、記憶のなかにあるものなんて、たかが知れています。

初心者ブロガーであれば、なおさら、そんなものはすぐに枯渇していまうでしょう。

人気ブロガーもネタ探しをしている

人気ブロガーがネタ探しをしてないかというと、そんなことはありません。

それぞれ、ネタ探しの方法は異なるにしろ、日々、ブログのネタを求め歩いています。

まったくやる気がない時もあるし、書きたくない時もあるでしょう。

そんな時であっても、収益を上げるために自らを奮い立たせて、ブログを書いているはずです。

毎日、書いているブロガーさんはほんと大変だと思います。

とくに炎上系のブロガーさんは、心身ともに消耗しているはずですから、ある意味尊敬します。

モチベーションゼロでも、嫌々ネタ探しにいく

私もこのサイトで収益を上げてますから、当然ネタを探しにいきます。

モチベーションゼロのときでも、嫌々ネタ探しにいきます。

記事を書く作業の70%は、ここで決まると言ってもいいくらいです。

SEOの記事を書こうと思えば、これまで運用してきたサイトのデータをひっぱりだしてくることもありますし、今ままで書いてきた記事を見直すこともあります。

他の方が書いたブログをもとに、自分なりに考察し、新たな記事として書くこともあります。

収益を上げよう⇒ネタを探そう⇒という起点がなければ、このような行動を起こさないわけです。

もちろん、普段の生活のなかから、気づきを得てそこから記事を書くこともあります。

ただ、それは偶然で、再現性のないものです。

再現性のあるものすることが、収益性の高いブログへするためには必要なこと

どうやってネタを探して、自分のブログへ落とし込んでいくかというスキームをつくって始めて、再現性のあるものにできるのです。

それが、趣味ブログではなく、収益性の高いブログへするためには必要なことだと思います。

決して毎日書く必要はないと思います。

「1日に何本」とか「週に何本」とか、必要な作業として認識し、自らに課すことがブログで収益を上げるために大事だと思います。

ネタ探しは、つらいことばかりではありません。

自分が知らなかったような知識に出会えることもありますし、自分の価値観や考え方というものを再認識するきっかけにもなります。

「ブログを書くネタがないな…」なんて悩んでいる暇があったら、ネタを探しに行けっていうことですね。ちゃんちゃん。


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2018

運営者情報

荒木 厚(株式会社コクリ 代表)

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「株式会社コクリ」を設立。 Wordpressを使ったWebサイトやネットショップの企画・制作、SEO・リスティング広告を使った集客支援をしています。