スイッチ | ブログ・サイト運営を応援するWebマガジン

120%の未来を創造することで、お客さまの心を動かすことができる


こんにちは、Webマーケッターの荒木です。

中野巧さん著書の「売れる文章術」という本をご存知でしょうか?

中野巧さんいわく『ジネスのさまざまなシーンにおいて「共感力」を磨くことが、文章力、マーケティング力、コミュニケーション力などの仕事力が高める』とのこと。

その中野巧さんが開発した「エンパシーライティング・メソッド」は即効性と分かりやすさに定評があり、企業研修や地方自治帯、教育機関などで幅広く活用されています。

私も、最近「共感力」というところに関心があり、こちらの本を一気に読んでしまいました。

全体的にはタイトルどおり、テクニック的な部分が多いのですが、個人的には「売り手」としての心得みたいな部分にとても共感しました。

今回は、その本の中で共感したところを少しだけ紹介したいと思います。

「誰が売るのか?」「何のために売るのか?」

何を売るかではなく、「誰が」売るかに、お客さまはフォーカスするようになりました。
だからこそ、右にも左にも同じような情報があふれる透明性の高い情報社会の中で、読まれる文章には「らしさ」が求められるのです。

売れる文章術 第3章より引用

上記にあるように、売るためには「誰が」ということが求められるようになりましたね。

どんなに良い文章でも、誰が書いたか分からないような文章では共感は得られません。

逆に、その分野に精通している専門家が書いた文章や影響力のある人が書いた文章には、ソーシャルメディアの影響もあり多くの共感が得られます。

つい商品を売るために、商品のウリを「これでもか」というぐらいアピールしがちです。

しかし、その前にまず「共感力」というところに関心があり、こちらの本を一気に読んでしまいました。
>「誰が売るのか?」「何のために売るのか?」というところにフォーカスすることが大切だと思います。

ヒーローはあくまでお客さまで、その助けとなるのが、商品であり売り手の役割

ヒーロー(お客さま)は、日常の世界から、あなたに出会い、新しく素晴らしい世界へと旅立ちます。
ただし、まだ見ぬ理想的な姿に近づく冒険に乗り出すためには、さまざまな障害があるものです。
その手助けをするのがあなた(メンター)の役割です。

売れる文章術 第3章より引用

お客さまがヒーローで、売り手がメンター(良き指導者・師)というのは良い表現ですね。

私もそうなんですが、つい商品をヒーローのように扱ってしまうんですが、そこを勘違いしてはいけません。

ヒーローはあくまでお客さまで、ヒーローになるために助けとなるのが、商品であり、売り手の役割なのです。

そう考えれば、自然と商品をPRする文章も、商品ではなく、お客さま目線になってくるはずです。

また、こういう意識を持っていれば、常にお客さま目線で考え、売り手側にありがちな先入観や思い込みを解消してくれます。

120%の未来を創造することで、お客さまの心を動かすことができる

どうして、120%を考えるかといえば、これだけ商品があふれる時代において100%の満足は当たり前となり、お客様に感動してもらうことができなくなっているからです。
100%を前提として、お客さまがまだ気づいていないような120%の未来を創造することで、100%からはみ出した20%の分だけお客さまに感動が生まれ、さらに喜んでもらうことができます。

売れる文章術 第4章より引用

上記にあるように、今の時代商品を売るためには、お客さまに満足してもらうだけでなく、お客さまに感動してもらうことはとても重要です。

セールスページを作る時に、つい商品やサービスの機能性ばかりを訴えてしまいがちです。

しかし、残念ながらそれだけでは、相手の想像力に頼るところが大きく、一部の顕在ニーズにしかアピールすることができません。

もっと大きな売上に結びつけるためには、やはり潜在ニーズへのアプローチが必要です。

それが、上記にある「120%の未来を創造すること」だと思います。

商品やサービスの機能性だけではなく、その先にある生活や体験を提案することによって、お客さまの心を動かすことができるのです。

売れる文章術

価格:¥1,620
出版社: フォレスト出版 (2014/11/8)
◆神田昌典氏推薦! のセールス文章本
「売るために文章本を100冊読んだ方にも、使えるノウハウの塊。しかも、読みやすい! 」
この本は、大手企業から教員、女子高生や小学生まで、簡単に文章が書けたという実績のあるノウハウ。
しかも、このノウハウをビジネス、つまり「売れる文章」の書き方に特化した内容。


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2018

運営者情報

荒木 厚(株式会社コクリ 代表)

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「株式会社コクリ」を設立。 Wordpressを使ったWebサイトやネットショップの企画・制作、SEO・リスティング広告を使った集客支援をしています。