スイッチ | ブログ・サイト運営を応援するWebマガジン

【徹底評価】ワークポートを利用するメリットとデメリット


転職をする時って新卒とは違う部分が多くあり、なかなか満足する会社に就職するのは難しいものです。

企業も表立って活動しているわけではないので、なかなか合った求人を探し出すことが難しくなっているのが現状です。

そのなかでも比較的エンジニアの間で評判が良いのが転職エージェントのワークポートです。

そこで今回は、ワークポートを利用する上でいくつかのメリットとデメリットがありますのでご紹介します。

【メリット(1)】大量の求人を抱えている

転職となると新卒に比べて応募したい求人は少なくなり、なかなか自分にとって良い求人を探すことが難しくなってきます。

そのなかでもワークポートでは約7000件ほどの求人があり、中には非公開求人な情報もあるなど、その人に合った求人を探しやすくなっています。

他社よりもIT系求人の獲得ができていることもあり、良質な未公開求人が多いのも魅力のひとつです。

またソーシャルゲームで人気の企業の案件も多数取り扱っていることもあって、エンジニアの間では人気のようですね。

とくに関東や関西圏の求人数が多いので、その地域に転職を希望する方におすすめです。

ワークポートについて詳しくはこちら

【メリット(2)】専任の転職コンシェルジュの存在

転職活動を行っている時というのは、会社に勤めながらという人も多く、情報収集や企業への対応などに時間をさくことが難しいのが現状です。

さらに転職活動の場合には、周囲で転職活動をしている人がいれば助け合うこともできますが、そういった人がいないことがほどんど。

そういった点をワークポート転職コンシェルジュがサポートしてくれるので、安心して転職活動に臨むことができます。

転職コンシェルジュは転職に必要な書類や面接などにも対応してくれるので、不安なく選考に挑めます。

ITに関する知識が豊富なキャリアコンサルタントが多いため、的確な転職支援をしてもらえるようです。

【メリット(3)】利用者は費用が一切かからない

メリット(2)のように、転職活動のサポートをしっかりしてくれるわけですが、費用は一切かかりません。

普通は転職活動では情報を集めたり、面接などで企業を回ったりするなどお金が掛かるものです。

ワークポートの場合、登録も無料で、費用は掛からないので、ありがたいですね。

費用がかからないのは、企業から採用代行費用という形で貰っているので、転職者が費用を支払う必要がないというわけです。

ワークポートのサイトには、利用者の声が毎日アップされていますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。

ワークポートの公式サイトはこちら

【デメリット(1)】東京を中心とした求人がメイン

会社が東京にあるので、そこを中心とした求人になってしまうため、関東圏外を外れてしまう人にとっては利用するのに不便を感じるかもしれません。

ただ電話やメールといった手段でも利用はできますので、地方に住んでいて東京に出てきたいと思っている人にとっては良いかもしれません。

ただ、全国的に求人を探したいということであれば、レバテックキャリアがおすすめですね。

【転職サービス徹底評価】レバテックキャリアに対するエンジニアの評判にも書いていますが、全国的な求人を保有しているだけでなく、100%IT・Webエンジニア専門ですから、エンジニアの理想とする企業に出会うことができます。

レバテックキャリアの強みは、なんといってもWebエンジニアに特化した豊富な情報量とキャリアカウンセラーが自ら調べ上げた精度の高い生の情報です。

最近レバテックキャリアを利用するエンジニアが増えてきており、自分にあった企業をしっかり見つけたいという方には、おすすめだと思います。

レバテックキャリアについて詳しくはこちら


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

運営者情報

荒木 厚

熊本のホームページ制作・Webメディア運営会社「株式会社コクリ」代表。 「スイッチ」等のWebメディア運営、企業様のオウンドメディアの企画・制作、SEOをメインにした集客支援をしています。ロゴマークデザイン制作サービス「コクリロゴ」OPENしました!