スイッチ | ブログ・サイト運営を応援するWebマガジン

エンジニア向けの転職エージェントを選ぶ時に重要なポイントとは?


こんにちは、WEBマーケッターの荒木です。

スマホのアプリやゲームの市場が大きくなっているなか、エンジニアに対する市場価値も高くなっています。

そのなかで、自分の活躍する場を求め、理想とする企業へ転職するエンジニアも増えています。

転職する方法にもいろいろありますが、やはり最も有効なのが転職エージェントです。

しかし、なかには転職エージェント選びを間違えてしまい、自分の思ってたものとは違う結果になってしまうケースもあるようです。

ということで、今回はエンジニア向けの転職エージェントを選ぶ時に重要なポイントをご紹介します。

エンジニアに対して親身になってくれるか?

エンジニアの転職エージェントを選ぶ時に、まず重要なポイントは親身になってくるかどうかだと思います。

親身になって接してくれるコンサルタントというのは、エンジニアのスキルや強み、エンジニアが描いている理想像などを上手く汲み取ってくれます。

また、そういうコンサルタントは、エンジニアが忙しいのが分かってますから、時間的な都合も上手く合わせて動いてくれます。

なかには平日の遅い時間や休日でも、快く対応してくれるコンサルタントもいらっしゃいます。

そういう親身になってくれるコンサルタントとは信頼関係も築きやすく、自分のことをよく理解してくれてますから、自分にあった理想の企業を紹介してくれます。

転職エージェントのなかには、大量の求人をメールするだけ、というところもあります。

そういうところは、ミスマッチが生じやすいので、あまりおすすめはしません。

企業の現場の情報をどれだけ持っているか?

一般的な転職エージェントの場合、企業の人事と打ち合わせをして、求人を出すため現場のニーズとズレてるケースがあります。

そのため、エンジニアが企業の担当者と合ってみると、「なんか違うな…」ということになってしまいます。

その点、良い転職エージェントは、企業の現場の情報を持っています。

そういうエージェントは、現場で働いている人たちから、直接どういう人材が欲しいのかしっかりヒアリングができてます。

結果的に、企業側とエンジニア側のニーズがマッチし、スムーズな転職に繋がるのです。

ですから、エンジニアが転職エージェントを選ぶ時は、できるだけ企業の現場情報を持っているところを選ぶようにしましょう。

自分のことをしっかり転職エージェント側に伝えることが大切です。

上記のような転職エージェントを選ぶことは重要なことですが、エンジニア側も自分のことをしっかりエージェントに伝えることが大切です。

エージェント側もたくさんのエンジニアを掛け持ちしております。

ですから良い企業に自分を紹介してもらうためには、数多くのエンジニアのから自分を選んでもらわなければなりません。

そのためには、コンサルタントと接する機会を増やして、しっかりした関係を構築しておいたほうが良いでしょう。

そういう関係性のなかで、コンサルタントはエンジニアのことをちょっとずつ理解してくれるようになっていきます。

コンサルタントも人間ですから、自分のことを慕ってくれる人には、できるだけ良い対応をしたいものです。

私のおすすめは、レバテックキャリア

エンジニア向けの転職エージェントのなかで、私のおすすめはレバテックキャリアです。

【転職サービス徹底評価】レバテックキャリアに対するエンジニアの評判にも書いていますが、レバテックキャリアは、エンジニアに対してのサポート体制がしっかりしています。

レバテックキャリアのコンサルタントは、ITに関する知識も豊富ですので、エンジニアとのやりとりもスムーズにできると思います。

また、レバテックキャリアは、企業側の現場情報を豊富にもっていますので、ミスマッチが少なく転職率が高いのが特徴です。

パズドラで人気のガンホーやニコニコ動画のドワンゴなどの案件もあり、面白そうな仕事もできそうですね。

レバテックキャリア以外にも、いろんな特徴を持った転職エージェントがありますので、下記を参考にしてみてください。

[参考]【完全保存版】エンジニアにおすすめ転職エージェント徹底比較


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2018

著者情報

荒木 厚(株式会社コクリ 代表)

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「株式会社コクリ」を設立。 Wordpressを使ったWebサイトやネットショップの企画・制作、SEO・リスティング広告を使った集客支援をしています。