スイッチ | ブログ・サイト運営を応援するWebマガジン

閲覧用サイトマップが作成できるWordPressプラグイン「PS Auto Sitemap」


こんにちは、WEBマーケッターの荒木です。

WEBサイトを制作する時に、サイトマップを作るのって結構めんどうですよね。

階層が深くないサイトであれば特に必要ないのかもしれませんが、階層が深い大規模なサイトの場合は、どうしてもサイトマップが必要となります。

WordPressの関数で自動でサイトマップを作ることもできますが、細かい指定ができません。

そんな時に便利なのが、Wordpressのプラグインの「PS Auto Sitemap」。

これを使うと簡単にサイトマップを作ることができます。

Sponsored Links

PS Auto Sitemapの使い方

サイトマップページの作成

まずは[プラグイン]→[新規追加]から「PS Auto Sitemap」をインストールし、有効化してください。

次にサイトマップを表示するページを作成します。

投稿画面で任意のタイトルを記入し、投稿内容には下記のコードを貼付けます。

1
<!-- SITEMAP CONTENT REPLACE POINT -->

[公開]ボタンを押して、サイトマップページの作成は完了です。

PS Auto Sitemapの設定

[設定]→[PS Auto Sitemap]からサイトマップの設定を行います。

設定できる項目は下記のとおり。

  • ホームページの出力
  • 投稿リストの出力
  • 固定ページリストの出力
  • サイトマップを表示する記事
  • 出力階層制限
  • 先に出力するリスト
  • カテゴリーと投稿の表示
  • 除外カテゴリ
  • 除外記事
  • スタイルの変更
  • キャッシュの使用
  • 制作者リンクの表示

[サイトマップを表示する記事]の項目のところには、先ほど作成したサイトマップのページIDを入力します。

[出力階層制限]では、どの階層まで表示するかを設定できます。階層が深くなるサイトにはとても便利ですよね。

[カテゴリーと投稿の表示]では、個別の「記事」まで表示するかどうかを設定できます。

投稿を分割」を選択すると、カテゴリーと個別の記事で切り替えて表示してくれるので記事数が多いサイト等には使えますね。

[除外カテゴリ]では表示させたくないカテゴリを指定できます。サイトマップには表示させたくないカテゴリもあるので、こちらも便利です。

[スタイルの変更]ではサイトマップの表示スタイルを切り替えることができます。サイトのイメージに合わせて、切り替えてみてはいかがでしょうか?

▼ちなみにこんな感じになります。

■矢印

■ドキュメントツリー

■ビジネス

最後に

いかがでしたでしょうか?

ちょっとしたことなんですけど、地味に便利なプラグインですよね。

サイトマップの作成に時間をかけたくないという人にはピッタリのプラグインだと思います。

是非、お試し下さい。


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2018

運営者情報

荒木 厚(株式会社コクリ 代表)

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「株式会社コクリ」を設立。 Wordpressを使ったWebサイトやネットショップの企画・制作、SEO・リスティング広告を使った集客支援をしています。