スイッチ | ブログ・サイト運営を応援するWebマガジン

バナープラスV2が登場!気になる4つの新機能とは?


こんにちは、WEBマーケティングの荒木です。

以前、デザインが苦手な人でも簡単にバナー画像を作成する方法という記事で、ちょこっとバナープラスについて紹介しましたが、デザイン性の高いバナーを簡単につくるのにおすすめです。

ちなみに下記のバナーはバナープラスで作成されたバナー画像です。かなりクオリティが高いですよね。

コンテンツマーケティングの先駆者である松尾茂起氏が2年をかけて開発しただけあって、かなり使えるツールになっています。

そんなバナープラスが今回新しくV2として登場しました。

まだ知らない方のために4つの新機能を紹介します。

バナー画像作成で困っている方は、ぜひお試し下さい!

Sponsored Links

(1)オリジナルキャラが作れるキャラクター作成ツール

今回の新機能で最も大きいのがこの「キャラクター作成ツール」。

かわいいポップなバナーや親しみやすいバナーを作る時には、キャラクターは欠かせません。

かといって、自分でキャラクターを作るのは時間がかかるので、なかなか難しいものです。

そんな時に、この機能を使えばとてもカンタンにオリジナルキャラクターが作れます。

髪型、顔のパーツ、服装、それぞれの色などを選ぶだけなので、とてもカンタン!

さすが松尾さん。制作者の気持ちがわかってますね〜。

(2)取消し&やり直し機能

バナーはもちろん、デザイン作業をするうえで「やり直し」機能は必須です。

その「取消し&やり直し機能」が今回、バナープラスに搭載れました。

バナープラスユーザーには、これはかなり嬉しいバージョンアップではないでしょうか。

今回搭載された取消し&やり直し機能は、約100ステップ前の作業まで戻れるようになりました。

FireworksやPhotoshopに慣れてるユーザーにも使いやすくなっていると思います。

(3)角丸加工や影の調整が可能に!

女性向けや子供向けなど、ちょっとソフトなバナーを作りたい時には角丸は欠かせませんよね。

ちょっとしたことですけど、このあたりの処理だけで印象が変わってきます。

今回のV2には、この角丸加工が可能になりました。

もうひとつは影(ドロップシャドウ)の調整が可能になりました。

実は、この影の処理次第でプロと素人の差がでます。

この影はピクセル単位で印象が変わりますので、下手な人がやるとデザインとミスマッチになってしまいます。

この影調整を上手くすることで、デザインにメリハリの利いたバナーが作れると思います。

(4)文字装飾機能が充実!

バナープラスV2から文字の枠線を調整できるようになりました。

枠線の太さによって、キャッチコピーの印象が全然違います。

枠線が細ければ繊細で優しいキャッチになりますし、枠線が太ければインパクトのあるキャッチになります。

今回のV2では文字の枠線だけでなく透明度の調整もできるようになってますので、よりデザイン性の高いバナーが作れるようになってます。

こだわり派のひとには、かなり嬉しいバージョンアップになっていると思います。

バナープラスについて詳しくはこちら


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2018

運営者情報

荒木 厚(株式会社コクリ 代表)

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「株式会社コクリ」を設立。 Wordpressを使ったWebサイトやネットショップの企画・制作、SEO・リスティング広告を使った集客支援をしています。