スイッチ | ブログ・サイト運営を応援するWebマガジン

転職で失敗する人の共通点は?


こんにちはWEBマーケッターの荒木です。

いろんなブログを見ていると、「転職したけど、失敗した…」みたいなエントリーを見かけます。

私も何度か転職をして失敗した経験がありますので、共感するところが多くあります。

また、それと同時にもっとこうすれば良かったなということもあります。

転職で失敗する場合、その多くが会社ではなく自分のほうに原因があると思っています。

ということで、今回は転職を考えている方のために、私が思う「転職で失敗する人の共通点」についてお話したいと思います。

キャリアプランが明確になっていない

転職で失敗する人の多くが「キャリアプラン」が明確になっていません。

ちなみにキャリアプランとは、自分の職業生活における将来の目標を決め、それを実現するために計画を立てることを言います。

なぜ、キャリアプランが重要なのかというと、

キャリアプランがあるかないかで転職先となる会社の選び方や会社での働き方が変わるからです。

もし、自分のキャリアプランのなかに「将来、こういうサービスで起業したい」というものがあれば、そのために必要なスキルや知識を身につけることができる会社を選ぶことができます。

キャリアプランがなく転職してしまうと、ちょっと嫌なことがあるだけで

「なんか違う…。もっと自分にあった会社があるんじゃないか…」

というモヤモヤした感情が出てきてしまいます。

キャリアプランが明確になっていれば、ちょっと嫌なことがあっても、自分にとって必要なこととして受け入れることができるはずです。

転職したい会社の下調べができていない

求人誌や会社のホームページだけを見て、転職先を決めてしまうのは危険です。

なぜなら、それらには良いことしか書かれていないからです。

「ブラック企業」という言葉がよく使われるようになりましたが、それはごく一部の話ではありません。

あなたの身近な会社でも、起こっていることなのです。

ですから、気になる会社があったら、まずインターネットや知人等から情報を聞き出し、しっかり下調べをしておきましょう。

下調べをしておくことで、ブラック企業のような会社への転職を未然に防ぐことができます。

おすすめなのは、「転職エージェント」を利用すること。

転職エージェントは、あらゆる企業の内部事情に詳しいので、現場の生の情報を伝えてくれます。

実際に転職した人からの情報なども持っているので、まずブラック企業のような会社は紹介しません。

エンジニアの方の場合は、エンジニア向けの転職エージェントがありますのでがそちらを利用されることをおすすめします。

[参考]【完全保存版】エンジニアにおすすめ転職エージェント徹底比較2015

自分の希望を会社に伝えていない

自分の希望を会社に伝えていないと、自分が望んでいない仕事ばかりやらされるケースがあります。

組織で働く以上、自分が望んでいる仕事ばかりできるわけではありませんが、自分の希望を会社側に伝えることによって、自分のことを会社に理解してもらうことができます。

会社側もスタッフにはできるだけ気持ちよく働いてもらいたいので、

希望を出しているスタッフに対して優先的に仕事を回すようになります。

実力が認められれば、より高いレベルの仕事を任されるようになるでしょう。

そうすることで、自分の望む仕事をできるようになりますし、自分が描いているキャリアプランに近づくことができます。

最も良くないのは、会社に言われるがままに働くことです。

自分の希望や意志がないところには成長はありません。

そもそもそんな仕事をやっていても何も面白くありませんし、長続きするわけがありません。

転職で成功するためには、自分のキャリアプランを明確にし、自分の希望や意志をしっかり持っておくことが重要だと思います。


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2018

運営者情報

荒木 厚(株式会社コクリ 代表)

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「株式会社コクリ」を設立。 Wordpressを使ったWebサイトやネットショップの企画・制作、SEO・リスティング広告を使った集客支援をしています。