リスティング広告は繁忙期に入ってからでは遅い!

Tourism city composition with time to travel headline and three tourists on vacation vector illustration

景気が上向きつつあるなか、おととしぐらいから国内旅行・海外旅行ともに需要が高まっています。

そのなかでも、従来型の旅行会社は伸び悩みを見せています。
好調なのが、「じゃらん」や「楽天」といったインターネット専業の会社です。

こういう流れの中、業界最大手のJTBはWEBと店舗の融合を図る「クロスチャネル戦略」を開始しました。

今後は旅行業界もインターネットを中心としたプロモーションが必要となっていくのは確かです。

Sponsored Links

旅行シーズン特有の意外なニーズとは?

この時期は、旅行業界の需要が高まるのはもちろんですが、他にも意外なニーズがあります。
例えば「旅行保険」。

海外旅行先でけがや病気になった場合に、治療費が日本と比べて莫大な金額が請求されるケースがあります。

そんな場合に備えて、必要となるのが「旅行保険」です。

ですから、旅行シーズンを間近に控えた今の時期は旅行保険に加入する人がとても多いのです。

他にも「ETCカード」や「レンタカー」、「Wi-Fiルーター」などのニーズが増えてくるのもこの時期です。

リスティング広告は、繁忙期に入ってからでは遅い!

リスティング広告を繁忙期に入ってから準備する人がいますが、はっきり言ってそれでは遅いです。

1ヶ月前でも遅いくらいです。
やはり2〜3ヶ月くらい前から広告を出したほうが良いですね。

旅行に行く人がどれくらい前からインターネットで調べはじめるかというと、2〜3ヶ月くらいです。

1ヶ月前の今の時期に調べることはというと、旅行先ではなく、旅行先のスポットやグルメなど、より具体的なアクションです。

この時期の狙い目ジャンルとは?

これは旅行だけに限りません。他のジャンルでも同じことが言えます。

今の時期であれば、
秋の「ウェディング」や人事異動による転勤などの「引っ越し」などのジャンルが狙い目ですね。

  • ウェディングであれば、「結婚式場」「ウェディングアイテム 結婚」「結婚 エステ」
  • 引っ越しであれば、「引越見積もり」「マンスリーマンション」「引越し 挨拶」

など、さまざまなニーズが考えられます。

まずは、キーワードを洗い出し、どういうプロモーションを展開していくのか、しっかり方向性を決めてから進めた方が良いでしょう。

Yahooプロモーション広告であれば、そういったキーワードを調べるツールもありますので、ぜひ利用してみてください。

Yahooプロモーション広告について詳しくはこちら