スイッチ | ブログ・サイト運営を応援するWebマガジン

WEBデザインという仕事のなかで、意識しておくべき5つのコト


こんにちは、WEBマーケッターの荒木です。

WEBデザインという仕事は面白くもあり、難しくもあります。

難しいからこそ、やりがいのある仕事とと言えます。

今回は、そのWEBデザインという仕事のなかで、意識しておくべき5つのコトを紹介します。

Sponsored Links

(1)WEBデザインは積み上げていくもの

WEBデザインは積み上げていくものです。

新しい案件だからといって、またゼロから新しいものを生み出す必要はありません。

WEBデザインはアートではありませんので、

ユーザーはデザインに対して常に新しいものを求めているわけではないのです。

これまで培った経験やノウハウを存分に生かしきったデザインのほうがよりクオリティが高く、ユーザーにとって使いやすいものになります。

勘違いしてはならないのは、すべてを同じテンプレートに当てはめれば良いということではありません。

案件ごとにターゲットやサイトのコンセプトが異なるわけですから、それに合ったデザインへ最適化していく必要があります。

(2)個性を出そうなんて考えない

WEBデザイナーは間違っても自分の個性を出そうなんて考えてはいけません。

そんなこと誰も望んでいませんから。

WEBサイトにおいて必要とする個性は、「企業」であり「商品・サービス」なのです。

それらの個性を引き出して、WEBサイト上に表現してあげるのがWEBデザイナーの仕事です。

(3)目的を見失わない

WEBデザインをしていく上で、最も気をつけておかなければならないのが、目的を見失わないことです。

目的とは「注文」や「お問い合わせ」など、WEBサイトにおけるゴールのことです。

WEBデザイナーがよく陥るのが、

WEBデザインをしていくなかで本来の目的を見失い、かっこよさを追求してしまうこと。

その結果、ユーザーにとって、何も伝わらない、極めて使いにくいWEBサイトができあがってしまうのです。

そうではなく、WEBサイトに訪れたユーザーに対して

「商品をどうやって魅力的に見せるか」「ユーザーをどうやってスムーズにゴールに誘導するか」

ということを最優先に考えることが大切です。

そのなかでかっこ良さを追求していくのがWEBデザイナーの力の見せどころです。

(4)コミュニケーション能力

コミュニケーション能力は、WEBデザイナーに欠かせない能力です。

WEBデザイナーは自分が作ったWEBデザインについて、相手を納得させるように説明できなければなりません。

「なぜ、このレイアウトにしたのか?」「なぜ、この色にしたのか?」「なぜ、この写真を使ったのか?」

すべてのことについて、説明できなければなりません。

それは、社外や社内に限らず、WEBデザイナーとして必要なスキルです。

(5)効率を意識する

多くのWEBデザイナーに欠けているのが、この意識です。

同じデザインを1時間でつくる人と半日かけてつくる人がいれば、前者のほうが会社としては欲しい人材です。

どれくらいの時間をかけて作るというのは、

商品で言えば原価にあたり、原価が低ければ低いほど、利益は多くなるわけですから。

これは会社員に限らず、フリーランスにおいても同じことです。

WEBデザインにおいても、効率化できるところは、積極的に効率化をして生産性をあげるべきです。

もちろん、高い品質を維持するという前提の話です。


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2018

著者情報

荒木 厚(株式会社コクリ 代表)

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「株式会社コクリ」を設立。 Wordpressを使ったWebサイトやネットショップの企画・制作、SEO・リスティング広告を使った集客支援をしています。