スイッチ | ブログ・サイト運営を応援するWebマガジン

クリエイティブに天才はいない


こんにちは、WEBマーケッターの荒木です。

元伊勢丹のカリスマバイヤーとして有名な藤巻幸夫さんが2014年3月15日にお亡くなりになりました。

藤巻さんといえば、新鋭デザイナーを集めた「解放区」、百貨店初のセレクトショップ「リ・スタイル」、ライフスタイル提案型売り場「BPQC」などを立ち上げ、カリスマバイヤーとして知られるようになりました。

また、倒産しかけた福助の社長となり、ファンドと組み1年半で黒字へ転換させたことでも有名です。

そんな藤巻さんの著書で、私が好きなのが「茶色いクツをはきなさい!」

今回は、その本の中で共感したところを少しだけ紹介したいと思います。

Sponsored Links

クリエイティブに天才はいない。

やっぱりクリエイティブって、デスクで腕組みしてても見えてこない。

ボ〜っと空を眺めてても空から降って来ることはない。現場でトライ&エラーの繰り返し。創造と破壊の繰り返し。

つまり、夢中になるってこと。そのご褒美としてはじめて与えられるものだと、フジマキは思っている。

クリエイティブの世界に天才はいないんですよ。

こちらの一節は、藤巻さんが若い頃にディスプレーを任され、なかなか気に入ったディスプレーができなかったときの話です。

とにかく無我夢中になって、ああでもない、こうでもないと創造と破壊を繰り返すことって大切だと思います。

私も経験ありますが、何も分からない若造がかっこいいものを作ろうとしたってダメなんですよね。

まずはパッとひらめいたものをやる、ダメだったらまた違うものを試す。

その繰り返しによって、いろんな技術が身に付くし、センスが磨かれていくのだと思います。

3日考えて決めることは、3日前から決まっている。

直感で判断できるってことは、直感を磨いてるってこと。

直感を動かすだけの経験と知識の積み重ねがあるということ。

数多くの器を見て、触って、使い込んでいるような人は雑多な器の中から逸品をすぐに選び出すし、たくさんの人と接し、もまれて磨かれたような人は瞬時に人をかぎわける直感を備えているはずです。

要するに、直感の背後には経験の積み重ねがあるということ。

藤巻さんは、ものごとを頼まれると、「イエス」「ノー」を即座に返事をするそうです。

というのは、そのとき直感で判断しても、1週間〜2週間考えて判断しても、ジャッジは変わらないと思っているから。

私のまわりでも物事をポンポンと決める人がいて「大丈夫かな?」と心配することがありますが、やはりその人も背後に経験の積み重ねがあるからできることなのでしょう。

直感で判断することが良いというわけではなく、直感で判断できるまで経験と知識を積み重ねることが大切なのだと思います。

愚でも拙でも、続けていれば味がでる。

通じるためにはやはり継続が必要。一夜漬けの知識や俄造りでは必ずボロが出てしまいます。

若い頃のフジマキは皆さんと同じで、これといって誇れる知識やセンスがあったわけではありません。

いや、たぶん皆さん以下。自分に自信がないから、せっせと待ち歩きをして、知識を身につけ、センスを磨いていった。

身体を使ってセンスを磨いたわけです。

藤巻さんは、時間があればアパレルの倉庫に出向き、洋服を見て、触り、分からないことを覚えていたそうです。

今はネットですぐに情報が手に入りますし、こうやって自ら出向き、触れて感じる機会が少なくなっている気がします。

トレンドを真似て上手くやろうと思えばできるわけです。ただ、そこにはクリエイティブは存在しません。

新しいものを、自ら考え造り出すからこそ、クリエイティブとしての価値があります。

生産性や効率化を重視するあまり、クリエイティブというものがないがしろにされがちですが、そうではないことを藤巻さんがこの本で教えてくれています。

最後に

クリエイティブな仕事をしていると、自信がなくなる時があります。

その多くは、「自分には才能があるんだ」という勘違いからくるものです。

世の中のクリエイターの中には生まれ持った天才もいるかもしれませんが、ほとんどの人が凡人だと思います。

藤巻さんのように、新しい価値を生み出すことに無我夢中になっていれば、自ずと経験と知識が積み重ねられ、センスが磨かれていくものです。

私はこの本からクリエイティブとは何なのかということを教わりました。

デザインや広告など、クリエイティブな仕事をされている方にぜひ読んで頂きたい一冊です。

茶色いクツをはきなさい!

価格:¥1,620
出版社: ダイヤモンド社 (2009/5/29)
カリスマバイヤーと呼ばれ、会社再生者とも言われるフジマキ氏だが、伊勢丹入社当初は、自他共に認めるダメ社員だった。しかし、仕事に対する情熱と努力で五感・直感を磨き、現在にいたる。そんなフジマキ流の五感・直感を磨き、クリエイティブになるためのヒント26項目を掲載。
どんな人でも、この一冊でクリエイティブになれる。


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

運営者情報

荒木 厚(株式会社コクリ 代表)

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「株式会社コクリ」を設立。 Wordpressを使ったWebサイトやネットショップの企画・制作、SEO・リスティング広告を使った集客支援をしています。