スイッチ | ブログ・サイト運営を応援するWebマガジン

【徹底比較】格安レンタルサーバーのミニバードVSロリポップ


こんにちは、WEBマーケッターの荒木です。

最近は、格安のレンタルサーバーが増えてきて、どのレンタルサーバーを使って良いか迷ってしまいます。

その代表格と言えるのが、ミニバードロリポップ!だと言えます。

そこで、今回はこの2つのレンタルサーバーをいろんな角度から比較してみました。

今後のレンタルサーバー選びの参考にしてみてください。

管理画面の使いやすさは?

WordPressのインストール

どちらもWordpressのインストールは、簡単インストール機能がありますので簡単に行うことができます。

こちらについては、ミニバードもロリポップもあまり変わりないと思います。

専門知識の少ない初心者の方でも、スムーズにインストール作業が行えると思います。

▼ミニバードの管理画面

▼ロリポップの管理画面

FTPアカウント操作

ミニバードのFTPアカウント操作は他のレンタルサーバーとさほど変わりありません。

レンタルサーバーを使い慣れている方であれば問題なく操作できるでしょう。

初心者の方の場合は、FTPアカウントの設定やFTPソフトでのアップロード作業が難しく感じるかもしれません。

そんな方の場合は、ロリポップの管理画面のほうが分かりやすくて使いやすいと思います。

ロリポップの場合は、すべて管理画面でアップロード作業等を行うことができるので、FTPソフトでの面倒な作業が必要ありません。

逆に、中上級者にとってはこのあたりの操作が面倒に感じるかもしれませんね。

▼ミニバードの管理画面

▼ロリポップの管理画面

独自ドメイン設定

ミニバードの独自ドメインの設定は、Whois認証とweb認証とメール認証の3つの方法から選択できます。

このあたりは、レンタルサーバーに使い慣れている方にとっては便利と言えます。

しかし、あまり知識のない方にとっては、ちょっと分かりづらいかもしれません。

その点、ロリポップは独自ドメインと公開フォルダを設定するだけなので初心者の方でも簡単です。

また、ムームードメインでドメインを運用している人にとっては、提供している会社が同じということもあり、連携がスムーズだと思います。

手順もわかりやすく解説してあるので、初心者の方にはこちらがおすすめです。

▼ミニバードの管理画面

▼ロリポップの管理画面

データベースのバックアップ

データベースのバックアップは、どちらもphpMyadminを使って行います。

ロリポップの場合は、新しい機能として、バックアップオプション機能が追加されました。

ですので、初心者にとってはこちらを利用するのも良いでしょう。

wpXであれば、管理画面上でバックアップを行うことができるので、もし複数サイトを運用されたい方はそちらもおすすめです。

▼ミニバードの管理画面

▼ロリポップの管理画面

表示速度は?

表示速度については、若干ロリポップが速いような気がしますが、体感するほどの違いはないと思います。

どちらかというと、どちらも速いです。

GTmetrixというツールを使って同じサイトの表示速度を調べていましたがほとんど変わりありませんでした。

アクセスが集中するような規模のサイトであれば、違いがでてくるかもしれません。

中規模サイトやブログであれば問題ないレベルだと思います。

ミニバードの表示速度(GTmetrix調べ)

Page Speed Grade:B(80%)
YSlow Grade:C(72%)
Page load time: 4.69s
Total page size: 635KB
Total number of requests: 54

ロリポップの表示速度(GTmetrix調べ)


Page Speed Grade:B(88%)
YSlow Grade:C(79%)
Page load time: 3.45s
Total page size: 570KB
Total number of requests: 51

価格・スペックは?

価格・スペックで比べると、ミニバードに軍配が上がりますね。

容量や転送量、マルチドメイン数については、ほとんど変わりありません。

違うところは、MySQLの数です。

ロリポップがMySQL1個使えるのに対して、ミニバードは5個使えます。この差は大きいですね。

同じ価格で、ロリポップは1個しかサイトを持てませんが、ミニバードの場合は5個持つことができます。

価格やスペックを重視する方の場合は、ミニバードのほうが良いかもしれませんね。

レンタルサーバー 初期費用 月額費用 容量 転送量/日 マルチドメイン MySQL
ロリポップ!
(ライト)
1,500円 250円 50GB 5GB 50個 1個
ロリポップ!
(スタンダード)
1,500円 500円 120GB 10GB 100個 30個
ロリポップ!
(エンタープライズ)
3,000円 2,000円 400GB 無制限 無制限 100個
ミニバード 1,500円 250円 50GB 5GB 50個 5個

安定性は?

ミニバードについては、格安レンタルサーバーの割に、安定性が高いと評判です。

格安レンタルサーバーの場合、どうしても一つのサーバーに多くのユーザーを詰め込みすぎて、サイトが不安定になりがちですが、ミニバードの場合はそういうことがほとんどないようです。

ミニバードについて詳しくはこちら

ロリポップについては、昔使ってた頃はサイトが表示されないといったことが良くありましたが、現在はそういうことはほとんどありません。

昔よりもサーバーの強度的にもかなり改善されてきているのではないでしょうか。

安全性は?

ミニバードの場合は、これまで特に大きな障害や事故を発生したという事例もなく比較的安全と言えます。

しかし、ミニバードはサービス開始が2009年と若く、電話サポートもないため、少し不安が残りますね。

ロリポップといえば、2013年8月にWordPressを利用している8428件のサイトが改ざんされた問題が有名です。

原因は、パーミッション設定の不備によるものだったのですが、

こちらのセキュリティについては、ロリポップでは外部からの攻撃やバックアップの体制を年々強化しているようです。

そういう意味では、他のレンタルサーバーよりも危機意識が高いのかもしれませんね。

ロリポップについて詳しくはこちら

安心してWordpressサイトを運営したい方は…

それでも、やはりロリポップやミニバードのような格安レンタルサーバーの場合、やや不安があります。

ですので、もし規模の大きなサイトを運営したい場合は、ちょっと価格帯は上がりますが、エックスサーバーwpXなど、Wordpressの特性に配慮されたレンタルサーバーをおすすめします。

電話と24時間メールサポートがついており、夜中や土日でもメールを返信してくれるので安心だと思います。

他にもさまざまな機能や特徴を持ったレンタルサーバーがありますので、あなたの用途や予算に合ったレンタルサーバーをお選び下さい。

各レンタルサーバーのスペックや価格、特徴については下記をご参考にされて下さい。

[参考]【完全保存版】WordPress向けレンタルサーバー徹底比較


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2018

運営者情報

荒木 厚(株式会社コクリ 代表)

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「株式会社コクリ」を設立。 Wordpressを使ったWebサイトやネットショップの企画・制作、SEO・リスティング広告を使った集客支援をしています。