スイッチ | ブログ・サイト運営を応援するWebマガジン

【2019年8月最新版】WordPressにおすすめのレンタルサーバー徹底比較!


WEBサイトの運営で意外と重要なのが、レンタルサーバー選びです。
ただ安いからといって、レンタルサーバーを選んでしまうと、必要なスペックがなかったり、すぐにサーバーがダウンしたり。また、Wordpressを使う場合は、データベースを必要とするので、それ相応のスペックのレンタルサーバーを用意しなくてはなりません。

サーバーの価格だけではなく、サーバーの機能性や安定性、表示速度、初心者の方の場合はサポート体制まで、しっかり見極めて、選ぶことが大切です。
こちらのページでは、レンタルサーバーの選び方から、各サーバーの比較、特徴までしっかり解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

WordPressを選ぶ6つのポイント!

  1. MySQLデータベースが使えるかどうか
  2. WordPressを設置できる数はどうか
  3. サーバーは安定しているかどうか
  4. 表示速度が速いかどうか
  5. 管理画面が使いやすいかどうか
  6. 費用はどれくらいか

WordPressを選ぶ6つのポイントについてページの後半で詳しく解説します。

WordPressを選ぶ6つのポイントについて詳しくはこちら

すぐに分かる!Wordpress向けレンタルサーバー比較早見表

今回はWordpress向けの人気のレンタルサーバー14社を比較してみました。
今後のWEBサイトを快適に運用いただくためにも、レンタルサーバー選びの参考にしてみてください。

※実際のスペックや価格とこちらの情報が異なる場合がありますので、必ずサーバー会社のホームページもご確認下さい。
※比較表は、スマートフォンでは正常に表示されませんので、PCでご覧下さい。

レンタルサーバー 初期費用 月額費用 容量 マルチドメイン MySQL
エックスサーバー
(X10)
3,000円 900円 200GB 無制限 50個
エックスサーバー
(X20)
3,000円 1,800円 300GB 無制限 70個
エックスサーバー
(X30)
3,000円 3,600円 400GB 無制限 70個
WPX 5,000円 1,000円 30GB 10個 10個
mixhost
(スタンダード)
無料 880円 SSD
150GB
無制限 無制限
mixhost
(プレミアム)
無料 1,780円 SSD
250GB
無制限 無制限
mixhost
(ビジネス)
無料 3,580円 SSD
300GB
無制限 無制限
mixhost
(ビジネスプラス)
無料 7,180円 SSD
400GB
無制限 無制限
mixhost
(エンタープライズ)
無料 14,380円 SSD
500GB
無制限 無制限
ロリポップ!
(ライト)
1,500円 250円 50GB 50個 1個
ロリポップ!
(スタンダード)
1,500円 500円 120GB 100個 30個
ロリポップ!
(エンタープライズ)
3,000円 2,000円 400GB 無制限 100個
CPI
(シェアードプラン)
無料 3,800円 無制限 無制限 無制限
ヘテムル
ベーシック
2,000円 800円 200GB 無制限 70個
ヘテムル
プラス
2,000円 1600円 300GB 無制限 100個
レンタルサーバー 初期費用 月額費用 容量 マルチドメイン MySQL
お名前.com 無料 900円 200GB 無制限 無制限
ConoHa WING
ベーシック
無料 1,200円 200GB 無制限 60個
ConoHa WING
スタンダード
無料 2,400円 300GB 無制限 80個
ConoHa WING
プレミアム
無料 4,800円 400GB 無制限 100個
シックスコア(S1) 6,000円 1,800円 50GB 5個 5個
シックスコア(S2) 6,000円 3,600円 100GB 10個 10個
シックスコア(S3) 6,000円 5,400円 150GB 25個 15個
シックスコア(S4) 6,000円 7,200円 200GB 40個 20個
スターサーバー
(ライト)
1,500円 250円 50GB 50個 1個
スターサーバー
(スタンダード)
1,500円 500円 100GB 無制限 20個
スターサーバー
(プレミアム)
5,000円 1,500円 150GB 無制限 50個
スターサーバー
(ビジネス)
5,000円 4,000円 200GB 無制限 100個
コアサーバー
(CORE-MINI)
無料 198円 60GB 50個 10個
コアサーバー
(CORE-A)
無料 397円 120GB 無制限 無制限
コアサーバー
(CORE-B)
無料 785円 240GB 無制限 無制限
コアサーバー
(CORE-C)
無料 3,167円 500GB 無制限 無制限
Z.com WP
エントリープラン
1,000円 460円 10GB 無制限 5個
Z.com WP
ベーシックプラン
1,000円 1,240円 30GB 無制限 10個
Z.com WP
ビジネスプラン
1,000円 2,200円 100GB 無制限 30個
レンタルサーバー 初期費用 月額費用 容量 マルチドメイン MySQL
さくらサーバー
(スタンダード)
1,029円 515円 100GB 100個 20個
さくらサーバー
(プレミアム)
1,029円 1,543円 200GB 150個 50個
さくらサーバー
(ビジネス)
5,142円 2,571円 300GB 200個 100個
さくらサーバー
(ビジネスプロ)
5,142円 4,628円 500GB 200個 200個
さくらサーバー
(マネージド)
48,600円〜 12,960円〜 HDD700GB
SSD360GB
無制限 無制限
ラクサバ
(ラクラクライト)
1,540円 258円 10GB 6個 2個
ラクサバ
(ラクラクベーシック)
1,540円 412円 30GB 20個 10個
ラクサバ
(ラクラクゴールド)
1,540円 986円 60GB 100個 25個

おすすめWordpress向けレンタルサーバーの特徴

エックスサーバー

私も使っていますが、エックスサーバーを利用しているサイト管理者は多いです。
その理由は、価格が安くて容量が大きく、X10プランでもマルチドメイン無制限でMYSQLを50個まで作成できるところ。
また、エックスサーバーは、高速化技術も充実しているため、WordPressサイトの動作表示を高速化してくれます。
さらに大量の同時アクセス処理にも最適化されているので、突発的にアクセスが集中した場合でも安定したWebサイトの運営が可能です。
電話と24時間メールサポートがついており、夜中や土日でもメールを返信してくれるところも魅力です。
趣味でサイトをちょこっと立ち上げようという方には、月額1000円は高く感じるかもしれません。

エックスサーバーのおすすめポイント!

安定したWebサイトの運営ができる!信頼度No.1

エックスサーバーの口コミ・評判

通信速度が非常に速く、かつ安定感が高いですね。これまでのレンタルサーバーは少しアクセスが増えるとすぐにスピードが遅くなったり、サーバーエラーで利用できなくなることが多かったため、大変助かってます。エックスサーバーは一般的なレンタルサーバーと比較するとやや高価なクラスに入るけど、ストレスを感じなくてすむ分、価格に見合った価値はあると思います。

エックスサーバーの基本スペック

レンタルサーバー 初期費用 月額費用 容量 マルチドメイン MySQL
エックスサーバー
(X10)
3,000円 900円 200GB 無制限 50個
エックスサーバー
(X20)
3,000円 1,800円 300GB 無制限 70個
エックスサーバー
(X30)
3,000円 3,600円 400GB 無制限 70個

エックスサーバーについて詳しくはこちら

WPX

WPXは、WordPressに特化した超高速のレンタルサーバー。
私も1サイトをWPXで運用していますがかなり早いです。
WordPressの場合、表示速度で少しストレスを感じることがありますが、WPXだとサクサク表示されるので快適です。
WordPressに特化することで、サーバーにかかる負荷を最小限にして、独自のキャッシュ処理により、サーバーが高速に動作することを実現しているそうです。
ただ、この価格でマルチドメインとMYSQLが10個までという制限があるのがちょっと悩ましいところです。
WPXでは、新たに次世代通信プロトコル「HTTP/2」に対応。読み込みの並列処理により、画像などの表示が高速化することができるようになりました。

WPXのおすすめポイント!

WordPressに特化することで、高速化を実現!

WPXに関する主な口コミや評判

○表示速度がとにかく速い。ストレスなく表示されるので気持ちいい。
○WordPressのインストールが非常に簡単。
△マルチドメイン数が10個までなのでサイトの量産には向かない。

WPXの基本スペック

レンタルサーバー 初期費用 月額費用 容量 マルチドメイン MySQL
WPX 5,000円 1,000円 30GB 10個 10個

WPXについて詳しくはこちら

mixhost

mixhostの魅力は、コストパフォーマンスが高いところ
最新のハイスペックサーバーを使用していて、PHP7はもちろんのこと、MySQLや無料独自SSL、SSH、Cron、アクセス解析、Webメールなどの高機能サービスを初期費用無料で月額880円から利用できます。
さらに、マルチドメイン、メールアドレス、データベースも無制限。
月額880円からの高コストパフォーマンスということから、今利用者がぐんぐん伸びているレンタルサーバーです。

mixhostのおすすめポイント!

高機能・高速サーバーを月額880円から利用できる!

mixhostに関する主な口コミや評判

○他のレンタルサーバーに比べて表示速度が速い。
○コストパフォーマンスが良い。
△安定性に不安がある。

mixhostの基本スペック

レンタルサーバー 初期費用 月額費用 容量 マルチドメイン MySQL
mixhost
(スタンダード)
無料 880円 SSD
150GB
無制限 無制限
mixhost
(プレミアム)
無料 1,780円 SSD
250GB
無制限 無制限
mixhost
(ビジネス)
無料 3,580円 SSD
300GB
無制限 無制限
mixhost
(ビジネスプラス)
無料 7,180円 SSD
400GB
無制限 無制限
mixhost
(エンタープライズ)
無料 14,380円 SSD
500GB
無制限 無制限

mixhostについて詳しくはこちら

ロリポップ

ロリポップは、価格は他社に比べて、かなり安いですね。
ライトプランだとMYSQLが1個しか使えませんので、複数サイトを運営したい方には不向き。
個人や女性がメインターゲットなので、操作性が非常によく、わかりやすいです
WordPressも簡単インストール機能ですぐ使えるようになります。
アクセスが集中すると表示スピード遅くなるため、中上級者にはあまりおすすめしません。
只今、Webサイトにて「ロリポをなめるな!」スペシャルページを公開中です。

ロリポップのおすすめポイント!

価格が安い!管理画面が使いやすい!

ロリポップの口コミ・評判

ロリポップは低価格設定なのと老舗で信頼できるので選びました。低価格でありながらある程度の基本機能がそろっているのでとても使いやすいです。基本機能にオプション料金は発生しないのでほぼ基本料金で賄えるのでお財布に優しいです。また初めての利用でもわかりやすいマニュアルがあるので安心して利用出来ました。サポート体制も充実していて困った時に頼れるので安心感があります。とくに初めて利用する場合にお試し気分で使える価格帯なので初心者におすすめだと思います。
ロリポップを使用していますが、非常に導入も簡単で使い勝手も良いため喜んでいます。まず、インストールも非常に簡単ですぐにホームページを作ることに成功しました。次に随時のタイミングでに最新版ののサーバーを投入してくれています。会社ならではの進歩で確保されているモジュールPHPを実装しているため、CGI版PHPと比べると約10倍以上の速度で維持することが可能です。安価で高性能であるため、今後とも利用したいと思います。

ロリポップの基本スペック

レンタルサーバー 初期費用 月額費用 容量 マルチドメイン MySQL
ロリポップ!
(ライト)
1,500円 250円 50GB 50個 1個
ロリポップ!
(スタンダード)
1,500円 500円 120GB 100個 30個
ロリポップ!
(エンタープライズ)
3,000円 2,000円 400GB 無制限 100個

ロリポップについて詳しくはこちら

CPI

CPIの魅力は抜群の安定性と信頼性。それと高いセキュリティ面と言えるでしょう。
マルチドメイン、サーバー容量、メールアカウントのすべてを、無制限で利用することができるのも魅力のひとつです。
また、電話でのサポートも整っており、スムーズに対応してくれます。
その評価の高さから、大手制作会社、自社サービス運営会社などが数多く利用されています。
ただ、高額であるため、個人ではちょっと出がだしづらいですね。
只今、SSL無料キャンペーン実施中です。

CPIのおすすめポイント!

抜群の安定性と信頼性!

CPIに関する主な口コミや評判

○機能は充実していて、とても満足。
○安定感、セキュリティ対策もしっかりしているので安心して使える。
○電話・メールでのサポートの対応も早く、導入サポートも丁寧。

CPIの基本スペック

レンタルサーバー 初期費用 月額費用 容量 マルチドメイン MySQL
CPI
(シェアードプラン)
無料 3,800円 無制限 無制限 無制限

CPIについて詳しくはこちら

ヘテムル

ヘテムルは、価格面では、やはり他と比べて高額です。
ディスク容量と転送量が大きいので、ビジネスや大規模のサイト運営に向いています。
使い勝手も良く、安定感もあるので、初心者と中上級者の両方から評価は高いようです。
転送量が1日40GBと制限されているので、アクセスが集中するサイトの場合は注意が必要です。

ヘテムルのおすすめポイント!

大容量なので、大規模のサイト運営に向いている!

ヘテムルに関する主な口コミや評判

○100個のデータベースを設置できるので、複数サイト運営に最適。
○管理画面が直感的に触ることができてて非常に分かりやすい。
△サーバーが重い時があり、不安を感じる。

ヘテムルの基本スペック

レンタルサーバー 初期費用 月額費用 容量 マルチドメイン MySQL
ヘテムル
ベーシック
2,000円 800円 200GB 無制限 70個
ヘテムル
プラス
2,000円 1600円 300GB 無制限 100個

ヘテムルについて詳しくはこちら

お名前.com

実は、かなりコストパフォーマンスが良いのがこの「お名前.com」。
月額945円で容量は200GB、マルチドメインとMYSQLは無制限とかなり機能は充実しています。
365日電話サポートに対応しており、ビジネスで利用している方は多いようです。
しかし、ネット上の口コミや評判を見ると、サーバーがあまり安定していないという声が多いです。
コストパフォーマンスと安定性を天秤にかけると、判断が難しいですね。

お名前.comのおすすめポイント!

月額945円で容量200GB、マルチドメイン・MYSQL無制限!

お名前.comに関する主な口コミや評判

○コストパフォーマンスがいい。
○サポートが24時間365日対応で素早く対処してくれるので安心。
△重い時がある。安定性に欠ける。

お名前.comの基本スペック

レンタルサーバー 初期費用 月額費用 容量 マルチドメイン MySQL
お名前.com 無料 900円 200GB 無制限 無制限

お名前.comについて詳しくはこちら

ConoHa WING

ConoHa WINGは、登録アカウント数13万件を突破した国内最速を誇る高性能レンタルサーバーです。
独自チューニングしたキャッシュ機能で従来のサービスより高速レスポンスを実現しています。
国内レンタルサーバーサービスの中でWebサーバー処理速度を調査したところ、ConoHa WINGの処理速度が最も速く、2位に約2倍の差をつけて第1位という結果に。
自社開発の独自WordPressかんたん移行ツールを無料、無制限で利用可能で、移行元サイトに特別な設定やプラグインのインストールは一切不要です。
圧倒的な速さから、ConoHa WINGを利用するサイト運営者が増えてきています。
ConoHa WINGでは、データベースのリストアが無料で利用可能になりました。

ConoHa WINGのおすすめポイント!

国内最速を誇る高性能レンタルサーバー!

ConoHa WINGに関する主な口コミや評判

○速度が圧倒的に速い。
○Wordpressの移行が簡単。
○大量のアクセスがきても耐えることができる。

ConoHa WINGの基本スペック

レンタルサーバー 初期費用 月額費用 容量 マルチドメイン MySQL
ConoHa WING
ベーシック
無料 1,200円 200GB 無制限 60個
ConoHa WING
スタンダード
無料 2,400円 300GB 無制限 80個
ConoHa WING
プレミアム
無料 4,800円 400GB 無制限 100個

ConoHa WINGについて詳しくはこちら

シックスコア

シックスコアは高額な割に、エックスサーバーに比べスペックや機能面で劣りますが、安定性は抜群です。
とにかくシックスコアは落ちないと評判で、短時間で多くのアクセスを集めるようなサイトではこちらを利用しているところが多いようです。
セコムのセキュリティ診断サービスを全プランで搭載しています。
また、電話サポートやSSL証明書等の各種セキュリティ強化サービスも充実しているため、ビジネスでサイトを運営される方向きのレンタルサーバーと言えます。

シックスコアのおすすめポイント!

安定性抜群!各種セキュリティ強化サービスも充実

シックスコアに関する主な口コミや評判

○非常に安定している。
○セキュリティ面が充実している。
△価格が高いわりにサポートの対応があまり良くない。
△コントロールパネルが使いにくい。

シックスコアの基本スペック

レンタルサーバー 初期費用 月額費用 容量 マルチドメイン MySQL
シックスコア(S1) 6,000円 1,800円 50GB 5個 5個
シックスコア(S2) 6,000円 3,600円 100GB 10個 10個
シックスコア(S3) 6,000円 5,400円 150GB 25個 15個
シックスコア(S4) 6,000円 7,200円 200GB 40個 20個

シックスコアについて詳しくはこちら

スターサーバー

スターサーバーはネットオウルが運営するクラウド型高速レンタルサーバーです。
独自SSLを無料で使えるので、お手軽・簡単にサイトのセキュリティを強化することができます。
また、スターサーバーでは、クラウドの特長を兼ね備えていて、状況に応じてCPUコア数やディスク容量などのリソースをいつでも即座に拡張することができます。
ただ、サービス開始が2009年と若く、電話サポートもないため、安心感に欠けるところがあります。
サーバー初期設定費用0円キャンペーン実施中です。

スターサーバーのおすすめポイント!

状況に応じてCPUコア数やディスク容量などのリソースを拡張できる!

スターサーバーに関する主な口コミや評判

○(ライトプラン)は格安のわりに安定性、スピード感が優れている。
○管理画面がシンプルで使いやすい。
△セキュリティ対策が甘い。サポートが弱い。

スターサーバーの基本スペック

レンタルサーバー 初期費用 月額費用 容量 マルチドメイン MySQL
スターサーバー
(ライト)
1,500円 250円 50GB 50個 1個
スターサーバー
(スタンダード)
1,500円 500円 100GB 無制限 20個
スターサーバー
(プレミアム)
5,000円 1,500円 150GB 無制限 50個
スターサーバー
(ビジネス)
5,000円 4,000円 200GB 無制限 100個

スターサーバーについて詳しくはこちら

コアサーバー

コアサーバーは、まだ使ったことないのですが、価格とスペックを見る限りではかなり魅力的ですね。
CORE-MINIの場合は、たったの月額213円でディスク容量が60GB、マルチドメイン50個、MYSQLも10個も使えます。信じられませんね。
評判も悪くありません。操作性も安定感も申し分ないようです。
新たにインターネット通信のセキュリティプロトコル「TLS1.3」に対応開始。よりセキュリティを強化、通信の速度を高速化できるようになりました。

コアサーバーのおすすめポイント!

格安サーバー!CORE-MINIは、たったの月額213円

コアサーバーに関する主な口コミや評判

○コストパフォーマンスが良い。
△コントロールパネルの使い勝手が悪い。
△サーバーに当たり外れがある。
△サポートが良くない。

コアサーバーの基本スペック

レンタルサーバー 初期費用 月額費用 容量 マルチドメイン MySQL
コアサーバー
(CORE-MINI)
無料 198円 60GB 50個 10個
コアサーバー
(CORE-A)
無料 397円 120GB 無制限 無制限
コアサーバー
(CORE-B)
無料 785円 240GB 無制限 無制限
コアサーバー
(CORE-C)
無料 3,167円 500GB 無制限 無制限

コアサーバーについて詳しくはこちら

Z.com WP

Z.com WPは、従来の高速、多機能、高セキュリティに加え、WordPressサイトを構築する上で便利な機能が充実しているレンタルサーバーです。
Z.com WPを申込むと自動でWordPressがセットアップされるため、難しい設定をしなくても最短1〜2分でホームページの作成を始めることができます。
またZ.com WPで公開されているWordPressサイトを別のドメインに1クリックでコピーすることができ、デザインだけ、コンテンツだけコピーしたいといったシーンにも対応ができます。
Webサイト運営者として嬉しいのが1日1回、定時にWordPressサイトを自動でまるごとバックアップする機能。トラブルがあった場合でも1クリックで復元できます。
価格もリーズナブルでWordPressでサイトを構築するのが初めてという方におすすめのレンタルサーバーですね。

Z.com WPのおすすめポイント!

申込むと自動でWordPressがセットアップされる!

Z.com WPに関する主な口コミや評判

○速度が非常に速い。
○初心者でも管理画面が簡単。
○自動バックアップ機能があるから安心。
△WordPressで作成したサイトしか運用できない。

Z.com WPの基本スペック

レンタルサーバー 初期費用 月額費用 容量 マルチドメイン MySQL
Z.com WP
エントリープラン
1,000円 460円 10GB 無制限 5個
Z.com WP
ベーシックプラン
1,000円 1,240円 30GB 無制限 10個
Z.com WP
ビジネスプラン
1,000円 2,200円 100GB 無制限 30個

Z.com WPについて詳しくはこちら

さくらサーバー

さくらサーバーは、スタンダードでも容量は十分ありますし、マルチドメインとMySQLが20個利用できますので、WordPressサイトが20個運用可能。
セキュリティもしっかりしているため、安定した運用ができると思います。
ただ管理画面がちょっと分かりづらいため、初心者の方には難しいかもしれません。
またマルチドメインとMySQLの制限があるので、サイトをこれからどんどん増やしていこうというアフィリエイターさんや制作会社には不向きかも。

さくらサーバーのおすすめポイント!

利用件数44万件突破!老舗ならではの安心感がある

さくらサーバーの口コミ・評判

おすすめできるのは、まずコストパフォーマンスに優れているところです。スタンダードプランで月額515円という安さです。利用可能な容量は100GBあります。また低コストにもかかわらず利用可能なサービスが充実していることです。WordPress、PHP、Mysql、SSLのサービスもオプション料金なしで利用できるのでちょっとしたウェブサービスを展開しようとするのであれば十分なスペックだし、大規模でなければ商用利用にも耐えられるサービス内容だと思います。

さくらサーバーの基本スペック

レンタルサーバー 初期費用 月額費用 容量 マルチドメイン MySQL
さくらサーバー
(スタンダード)
1,029円 515円 100GB 100個 20個
さくらサーバー
(プレミアム)
1,029円 1,543円 200GB 150個 50個
さくらサーバー
(ビジネス)
5,142円 2,571円 300GB 200個 100個
さくらサーバー
(ビジネスプロ)
5,142円 4,628円 500GB 200個 200個
さくらサーバー
(マネージド)
48,600円〜 12,960円〜 HDD700GB
SSD360GB
無制限 無制限

さくらサーバーについて詳しくはこちら

ラクサバ

ラクサバラクラクライトは、月額258円という安さ。
ただ、独自ドメインが6個までだから、サイトを量産したい方には不向き。
あまり更新のないコンパクトなサイトには使えそうですね。
コントロールパネルの操作が初心者には少し難しいようなので、中上級者でできるだけ安く小規模サイトを運営したいという方におすすめです。

ラクサバのおすすめポイント!

ラクラクライトは、月額258円という安さ!

ラクサバの口コミ・評判

ラクサバを使用していますが非常に使い勝手がよいです。何と言っても月額99円からと言うのが魅力的です。長期間に渡ってレンタルサーバーを使用するとどうしてもランニングコストがかかってしまいます。月額利用料が安いと言うことは維持するためのランニングコストも安くなるため、非常に助かります。業務用として使用すると方には物足りないかもしれませんが、個人的に使用するとレンタルサーバーとしては全く問題ないと感じてもらえると思います。

ラクサバの基本スペック

レンタルサーバー 初期費用 月額費用 容量 マルチドメイン MySQL
ラクサバ
(ラクラクライト)
1,540円 258円 10GB 6個 2個
ラクサバ
(ラクラクベーシック)
1,540円 412円 30GB 20個 10個
ラクサバ
(ラクラクゴールド)
1,540円 986円 60GB 100個 25個

ラクサバについて詳しくはこちら

おすすめのレンタルサーバーは?

エックスサーバーは私も使っていますが、本当におすすめです。

私はX10プランを使っていますが、Wordpressに必要なデータベースを50個作ることができるので、たったの1年間12,600円で50個のサイトを所有することができます。
私のように多くのサイトを所有している方にとっては、めちゃくちゃありがたいです。

私が最もエックスサーバーをおすすめするポイントは安定感です。

今まで何年間もエックスサーバーを使ってきましたが、ほとんど落ちたことないです。同業者でもエックスサーバーを使っている方はほんとに多いですね。
選ばれるには、それなりの理由があるわけです。

エックスサーバーについて詳しくはこちら

WordPressの表示速度を重視するならWPXかmixhostがおすすめ

WordPressでWebサイトを作る場合、データベース(MySQL)を利用するため、どうしてもサーバー側に負荷がかかるため、表示速度が遅くなる場合があります。
表示速度が遅くなれば、ユーザーにとっても利便性が悪くなりますし、SEO的にも評価が低くなる可能性があります。
ですので、表示速度に圧倒的な優位性のあるWPXmixhostはおすすめです。

どちらもそれぞれ強みがありますが、WPXの場合は、WordPressに特化しているためサーバーにかかる負荷が少なくサクサク動作してくれます。
mixhostは、最新のハイスペックサーバーを採用しているので、とにかく速いです。
月額880円から利用でき、コストパフォーマンスも高いので、今Webサイトを運営している方にとても人気のサーバーです。

WPXについて詳しくはこちら

mixhostについて詳しくはこちら

大規模ビジネスや行政機関のWebサイトにはCPIがおすすめ

大規模の取引のあるビジネスや行政機関のサイトの場合は、CPIのレンタルサーバーが良いかもしれません。

CPIのレンタルサーバーは機能面や安定性はもちろんのこと、サポート面がとても充実しています。
電話サポートでは、やりたいことを伝えるとしっくりくる回答をもらえるし、イレギュラーなトラブルにもスピーディーに対応してくれます。

価格的には他のレンタルサーバーに比べると、高めの設定ですが「安心を買う」と思えば、法人や行政機関にとっては高くないと思います。実際に多くの大手企業や行政機関のWebサイトで利用されているようです。

CPIについて詳しくはこちら

これからレンタルサーバーを借りる方も今のレンタルサーバーに不満をお持ちの方も、今回の記事を参考にしていただけると幸いです。

WordPressにおすすめのレンタルサーバーの選び方

ここでは初めてWordpressを使ってサイト開設を考えている方に、参考になる情報を紹介します。
レンタルサーバーは一度契約してしまうと、返品がきかないもの。
それゆえ安易に契約してしまうと、あとで後悔してしまう可能性もあるので注意が必要です。

①MySQLデータベースが使えるかどうか

WordPressを使うときに確認しておきたいのが、MySQLデータベースが利用できるかどうか。MySQLデータベースとは簡単に言うと、サーバーにシステムなどを置いて、そこでデータ取得や更新ができるもの。

WordPressをサーバーに設定して、文章を書き、更新する場合もこのMySQLデータベースが必要になるので確認しておきたいポイントです。ただ、Wordpressが「使用可」となっていれば必然的にMySQLデータベースを使用することになるので、あまり分けて考えなくて大丈夫です。
(*尚、MySQLが使えなくても、SQLiteを使えるならワードプレスも使えます)

②Wordpressを設置できる数はどうか

WordPressサイトを複数作りたい場合は、WordPressを設置できる数も確認しておいたほうが良いでしょう。そこで確認していただきたいのがMySQLを使える数マルチドメインの数

ちなみにマルチドメインは、契約したレンタルサーバーのプラン1つにつき、複数のドメインを管理できる機能です。WordPressサイト1つにつき、1個のMySQLが必要ですので、複数のサイトを作りたい場合は、MySQLとマルチドメインの数の両方を必ず確認しましょう。

③サーバーは安定しているかどうか

WordPressサイトの場合、データベースを利用するので、どうしてもデータのやり取りがが増え、サーバーへの負担がかかってしまいます。処理能力が不十分だと表示が遅くなったり、サーバーエラーになり表示できなくなる場合もあります。

そこでサーバーの安定性も確認しておきたいところです。では何を判断基準に安定性を確かめるのか。
分かりやすいものではデータ転送量が挙げられます。
レンタルサーバーからサイト閲覧者に対して転送できるデータ量というのが決まっています。

これは急激にアクセスが集中したりして、サーバーに負担をかけないためです。
このデータ転送量が多ければ多いほどたくさんのアクセスが来ても耐えうるようになっていますから、これを一つの判断基準にすると良いでしょう。

もう一つの判断基準はディスク容量。容量が不十分な場合、データ
通信料が許容範囲を超えると、表示速度が遅くなったり、サーバーがダウンして表示されなくなるケースもあります。

④表示速度が速いかどうか

表示速度は、サイト内の画像や動画などの量によってまちまちで、WordPressを使うとデータベースとのやりとりがありますので、表示速度が遅くなってしまうケースがります。ですので、もともと用意されているレンタルサーバーの機能によって表示速度に影響が出てきます。

また、共用サーバーは同じスペースをいろんな人で共有していますので、他サイトのアクセス状況によって影響が出てしまいます。ですので、CPUやキャッシュ処理などのスペックにより、高速化を図っているところを選ぶのが良いでしょう。

中には、アクセス制限をかけているところもありますので、自身のサイト規模に合わせて選択することが重要です。

⑤管理画面が使いやすいかどうか

サーバーを始めて借りる初心者にとって、管理画面の使いやすさはとても重要です。
通常Wordpressでサイトを作成するためには、管理画面上でデータベースを作成したり、FTPでWordpressファイルをアップロードしたり、初心者には少々ハードルが高いです。
しかし、サーバーによっては、WordPressを簡単に設置できる自動インストール機能がありますので、そのようなサーバーを選んだ方が良いでしょう。

⑥費用はどれくらいか

最後に確認したいのがレンタルサーバーの費用。レンタルサーバーにかかる費用には「初期費用」と「月額費用」があります。

これらの費用は、容量やMySQLの数などスペックによって違いますので、自分が作りたいWebサイトの規模などを考慮して選びましょう。月額費用については、単月で契約するよりも長期間で契約するほうが割安になる場合が多いので、長期でブログやサイトを運用する予定であれば長期間で契約することをおすすめします。

WordPress向けレンタルサーバー人気ランキング

【1位】エックスサーバー

エックスサーバーの人気の理由は、価格が安くて容量が大きく、X10プランでもマルチドメイン無制限でMYSQLを50個まで作成できるところ。
また、サイトの表示速度も速く、サーバーが落ちることもほとんどなく、安定した運用ができます。
電話と24時間メールサポートがついており、夜中や土日でもメールを返信してくれるところも魅力です。

エックスサーバーについて詳しくはこちら

【2位】WPX

WPXは、WordPressに特化した超高速のレンタルサーバー。
私も1サイトをWPXで運用していますがかなり早いです。
WordPressの場合、表示速度で少しストレスを感じることがありますが、WPXだとサクサク表示されるので快適です。

WPXについて詳しくはこちら

【3位】mixhost

mixhostの魅力は、なんといってもその高速性。
表示速度を高速化するHTTP/2&QUICに対応し、最新のピュアSSD RAID10構成のハイスペックサーバーを採用しています。
一般的なWebサーバーであるApacheよりも数十倍〜数千倍高速です。

mixhostについて詳しくはこちら


こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

運営者情報

荒木 厚

熊本のホームページ制作・Webメディア運営会社「株式会社コクリ」代表。 「スイッチ」等のWebメディア運営、企業様のオウンドメディアの企画・制作、SEOをメインにした集客支援をしています。