スイッチ | ブログ・サイト運営を応援するWebマガジン

社畜にならずに、会社内でも生き生き働くためには?


ブラック企業という言葉が社会問題化するなかで、社畜という言葉も良く目にするようになりました。
そもそも、社畜とはどういう意味なのでしょうか?

ウィキペディアで調べてみると、

社畜(しゃちく)とは、主に日本で、勤めている会社に飼い慣らされてしまい自分の意思と良心を放棄し奴隷(家畜)と化したサラリーマンの状態を揶揄したものである。

会社や上司の顔色を伺いながら仕事をしているうちは「社畜」

「会社員=社畜」と思っている人も多いと思いますが、そうではありません。会社に身を委ねて、自ら考え、判断することを辞めてしまった人のことを社畜というのです。

同じ会社の中でも、目標を持って生き生き働く人もいれば、何の目標もなく無為に日々を過ごす人もいます。
社畜かどうかは、そこに違いがあると思います。

会社や上司の顔色を伺いながら仕事をしているうちは、社畜です。どんなに昇進して、給料が上がっても、そういう仕事をしているうちは社畜です。

なぜ社畜になってしまうのか?

では、なぜ社畜になってしまうのか?
それは、「生活のために」働いているからです。

自分の中の最優先順位が、生活のためであるために、会社の理不尽な要求も受け入れてしまうのです。そういうのが積み重なるうちに、いつしか自ら考えて判断することさえも辞めてしまい、社畜になってしまいます。

自分の中の最優先順位を変えなくてはならない

ですから、社畜にならずに生き生き働くためには、自分の中の最優先順位を変えなくてはなりません。
それは、「良い商品を作る」でもいいし、「トップセールスマンになる」でも何でも良いと思います。

そこに向かって、無我夢中に働いていれば、会社や上司の顔を伺ってる暇はありません。そういう姿は、会社の中にいても、立派な独立した職業人と言えます。

自分を安売りしてはいけない

「そうは言っても、生活は大事だから…」と思われるかもしれませんが、それが働く理由の最優先順位である必要はありません。
理不尽な要求を受け入れてまで、そんな会社に居続ける価値があるでしょうか?

そんな会社にいるより、自らの力を生かせる会社に移ったほうが、より自分の目標とするものに近づくことができるはずです。
自分を安売りしてはいけません。

上を目指して、日々精進し身につけたスキルには、何より価値がありますから。
社畜になって、無為に日々を過ごすよりも、毎日生き生き働くほうが良いと思いませんか?

社畜にならないためには、会社に依存しないことが大切

社畜になる人の多くは、会社に依存しています。
生活がかかっていますから、当然といえば当然なのですが。

しかし、エンジニアが会社に囚われずに働くためには?にも書いていますが、会社に依存しない方法もあります。
生活に困らないように副業を持っていたり、自分のスキルを明確にしていつでも転職できる環境をつくっておくことが重要だと思います。

社畜にならないためには、会社に依存しないことが大切です。
ちなみにエンジニアの場合は、転職エージェントを利用すると自分に合った会社を見つけやすいと思います。


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

運営者情報

荒木 厚

熊本のホームページ制作・Webメディア運営会社「株式会社コクリ」代表。 「スイッチ」等のWebメディア運営、企業様のオウンドメディアの企画・制作、SEOをメインにした集客支援をしています。ロゴマークデザイン制作サービス「コクリロゴ」OPENしました!