スイッチ | ブログ・サイト運営を応援するWebマガジン

ブログのジャンルを絞ったほうが良い理由と注意点


こんにちは、WEBマーケッターの荒木です。

ビジネスまたは趣味として、ブログを書いている人は多いと思います。

私もこうやってブログを書いておりますので、ブログの運用について相談を受けたりします。

そのなかで多いのが、「ジャンルを絞ったほうが良いのか?」という相談です。

これについてはいろんな意見があると思いますが、

私の意見としては「ジャンルは絞ったほうが良い」です。

Sponsored Links

なぜブログのジャンルを絞ったほうが良いのか?

ブログのジャンルを絞ったほうが良い理由のひとつは

「覚えてもらいやすい」ことにあります。

記事の内容が「ダイエットや「パソコン」や「政治」などジャンルを幅広く扱っている場合、記事単体として評価されることはあっても、ブログとしてあまり印象に残りません。

例えば「ダイエット」だけに絞ったブログで、ひとつの記事に対してユーザーが「この記事はためになった。また読みたい」と評価をしてもらえれば、リピートしてもらう可能性は高まります。

ブログのジャンルを絞らずに多くの読者を持つ人もいますが、

それはその人の圧倒的な「個性」と「発信力」によるものです。

初心者の場合は、コンテンツの作成力が未熟であるため、専門性やおもしろさに欠けた記事となってしまいユーザーをファンに変えることができません。

ジャンルを絞ることにより、知識が深まる

もうひとつの理由は、「知識が深まる」ことにあります。

幅広いジャンルを扱っていると、基本的な知識は身に付くかもしれませんが、専門的な知識を身につけることはできません。

私は、WEBのことを仕事にしており、そのことをメインにブログを書いていますが、それでもブログを書くにあたっては下調べをします。

下調べをすることにより、今ままで自分が知らなかった知識に出会うことができます。

新たな知識が身に付けば、木の枝のようにどんどん知識が深まり、広がっていきます。

それにより、自分の仕事や生活にもフィードバックすることができるのです。

ジャンルを絞るときの注意点

ただし、ブログのジャンルを絞るときには注意点もあります。

それは「絞りすぎない」こと。

ブログのジャンルを絞りすぎて、失敗するケースはよくあります。

例えば、「ダイエットだけじゃ面白くないから、もっと絞ってトマトダイエットについて書こう!」と思って始めてしまうと失敗します。

なぜなら、トマトダイエットについて書こうと思っても、そんなに書くことがないからです。

書けてもせいぜい10〜20ページくらいでしょう。

そもそもモチベーションが保てないので、ブログを続けていくことができません。

ジャンルを絞ることは、SEOにとって有利?

ジャンルを絞ることにより、SEOにも有利になります。

さまざまなジャンルについて書かれているブログよりも、ジャンルが明確であるほうが検索エンジンは「このサイトは○○について書かれている」と判断することができるので、評価は高まります。

信頼性という面でも、専門性の高いブログのほうが、検索エンジンからの評価は高いはずです。

しかし、著者自身の評価が高まり、ドメインの評価が高まってくると、他ジャンルの記事を書いても検索結果の上位に表示されることもあります。

そのためには、やはりコンテンツの質が良くなければなりません。

ブログにルールはありませんのでスタイルは自由ですが、アクセスを集めたいとか集客に繋げたいという目的があるのであれば、ジャンルを絞ってからスタートすることをおすすめします。


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

運営者情報

荒木 厚(株式会社コクリ 代表)

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「株式会社コクリ」を設立。 Wordpressを使ったWebサイトやネットショップの企画・制作、SEO・リスティング広告を使った集客支援をしています。