スイッチ | ブログ・サイト運営を応援するWebマガジン

サイトをリニューアルする前にやることありますよ。


こんにちは、WEBマーケッターの荒木です。

うちの場合、基本的にSEOやリスティング広告の案件が多いのですが、サイトリニューアルのご相談もちょくちょくあります。

そういう時はだいたい「サイトのリニューアルをしたいんですけど…」みたいな感じでくるわけです。

そこで、今のサイトを見せてもらうんですけど、「これはちょっと…」と思うことが多いです。

Sponsored Links

サイトを運用する体制ができていなければ、リニューアルしても同じこと

「これはちょっと…」と感じるサイトに共通することは、何年も更新がされていないこと。

こういう場合は、サイトのリニューアル以前の問題ですね。

このまま、サイトをリニューアルしても、おそらく上手くいきませんね。

サイトを運用する体制ができていないから、サイトをリニューアルしても、また放置状態になります。

サイトのデザインやコンテンツを作り直したら、勝手にお客さんが来て、注文が増えると思ったら大間違いです。

サイトを運用しながら、コンテンツを増やし、サイトを改善していく

そうすることで、徐々に注文やお問い合わせが増えてくるのです。

サイトを育てていくような運用体制が重要

サイトを作ってからが始まりで、サイトを育てていくような運用体制が非常に重要なのです。

当たり前のことなんですが、このあたりがないがしろになっているケースが多いようです。

だから、何度も何度もサイトのリニューアルを繰り返す。

業者を変えて、デザインを変えれば、上手く行くような勘違いをしてしまうのです。

こういうことをしっかり伝えていない業者のほうにも責任はあると思います。

でも、やっぱり業者に任せっきりというのは良くない。

結局は自分に返ってきますからね。

WEBのプロじゃなくても、サイトの検証はできる

まずは、サイトのリニューアルを考える前に、自社の運用体制をしっかり作るところから始めましょう。

ビジネスとWEBの運用は直結しますから、できれば社長のような責任ある立場の人がWEB運用のリーダーであることが望ましいですね。

運用体制が整ったら、次は

何で今のサイトが上手く行かないのか、検証してみましょう。

これは、WEBのプロじゃなくても、できることです。

自ら考え、PDCAを繰り返すことが重要

アクセス状況を確認するも良し、社内のスタッフに意見を聞いてみるも良し。

その検証結果が間違っててもいいんです。

自ら考えることが非常に重要です。

それをもとに新たに仮説を立て、行動し、また検証する。

PDCAを繰り返し行うことで少しずつ結果に近づいていきます。

その時にもしプロの手が必要であれば、積極的に借りればいいんです。

主体性を持ってWEB運用をすることで、自社内にノウハウが積み重なる

自ら主体性を持ってWEBの運用をしていくことで、自社内にノウハウが積み重ねられていきます。

業者に任せっきりであれば、何も積み上がりません。

ただ業者をあっちからこっちへと変えて、コストばかりがかかって何の結果も得られません。

上手く行かないな⇒サイトリニューアルしよう!ではなくて、
上手くいかないな⇒どこが悪いのかな?

と自分でしっかり検証することが必要です。


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2018

運営者情報

荒木 厚(株式会社コクリ 代表)

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「株式会社コクリ」を設立。 Wordpressを使ったWebサイトやネットショップの企画・制作、SEO・リスティング広告を使った集客支援をしています。