スイッチ | ブログ・サイト運営を応援するWebマガジン

検索エンジンとユーザーから評価されるコンテンツ型のSEOを実現する方法


こんにちは、WEBマーケッターの荒木です。

不正なリンクによるSEOに対してGoogleの取り締まりが厳しくなるなか、SEOにおけるコンテンツの重要性が高まっています。

クライアントさんにも、コンテンツの重要性を口酸っぱく言いながら、実践して頂いています。しかし、いざブログでコンテンツ型のSEOを実践しようと思ってもなかなか難しいようです。

今回は、難しく考えずにコンテンツ型のSEOを実現する方法をご紹介します。

Sponsored Links

コンテンツ型のSEOとは何か?

コンテンツ型のSEOとは、従来行われてきた自作自演や有料リンクの購入によって検索順位を上げる方法と違い、ユーザーに良質なコンテンツを発信し、自然なリンクをもらうことにより、検索エンジンからの評価を上げる方法です。

ということをクライアントさんに話し手もなかなか理解してもらえません。

「良質なコンテンツって何?」みたいな反応が返ってきます。

この「良質なコンテンツ」というところがコンテンツ型のSEOを難しくしているのかもしれません。

検索エンジンの性質を考えれば、もっと簡単に理解できると思います。

ユーザーは何かしら疑問や悩みを持って、それに合ったキーワードを使って、検索エンジンで答えを探しにくるのです。

要は、ユーザーの疑問や悩みを解消してくれるコンテンツが良質なコンテンツと言えます。

そのように考えれば簡単ですよね。

実際にユーザーの疑問や悩みを解消するコンテンツの作成法

では、実際にユーザーの疑問や悩みを解消するコンテンツの作成法をご紹介します。
私も実践している方法なので、ぜひ参考にしてみてください。

まずは、ターゲットをひとり決めます。

私の場合は、おもにクライアントさんや知人等、身近な人をターゲットに決めます。

それから、そのターゲットが私に投げかけた疑問や質問をもとにコンテンツを作成していきます。

例えば、私のブログいうと、スマートフォンのSEO対策は必要?という記事はまさに知人からの質問をもとにコンテンツを作成しています。

「スマートフォンのSEO対策は必要なの?」という質問がきっかけで、その質問に適切に答えたいという思いから作成しました。

ただ、この質問に対して、「スマーフォンサイトのために特別SEO対策をする必要はない」という答えだけで終わってしまってはユーザーの満足度は低いものとなってしまいます。
検索エンジンからも低品質のコンテンツという評価を受けてしまうでしょう。

コンテンツに対する満足度を高めるために

そこで必要なのが予備知識です。

今は必要ないかもしれないけど、今後のために持っていたらためになる知識を提供してあげましょう。
例えば、この記事で言うと、

  • Googleがレスポンシブデザインを推奨していること
  • 場合によってはPCとスマホで別々にサイトを構築するほうが良いこと
  • PCとスマホでサイトを切り替える場合に注意すること

などが予備知識になります。

このような予備知識をユーザーに提供することにより、ユーザーの理解度は深まり、コンテンツに対する満足度も高まります。

当然、ユーザーの満足度が高いコンテンツは評価も高く、ソーシャルメディアでも広くシェアされることになります。

結果的に多くのリンクを集め、検索エンジンからの評価に繋がるでしょう。

最後に

ポイントは、ターゲットをひとりに絞り込むこと

ターゲットをひとりに絞り込むことによって、コンテンツの細部にまで伝えたい情報が行き届きます。

発信するコンテンツにも訴求力が生まれ、同じような疑問や悩みを持った人にメッセージが伝わりやすくなります。

また、そのターゲットが身近であればあるほど、ターゲットを想像しやすいので、ターゲットにマッチしたコンテンツを作成することができます。

コンテンツ型のSEOというと難しく考えがちですが、ターゲットをひとり決めて、その人の疑問や悩みを解決するというスタンスで考えるとコンテンツも作りやすいですよね。

身近にそういうターゲットになる人がいない場合はYahooの知恵袋なんかを利用しても良いかもしれません。

ぜひ、実践してみてください。


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2018

著者情報

荒木 厚(株式会社コクリ 代表)

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「株式会社コクリ」を設立。 Wordpressを使ったWebサイトやネットショップの企画・制作、SEO・リスティング広告を使った集客支援をしています。