スイッチ | ブログ・サイト運営を応援するWebマガジン

スマートフォンのSEO対策は必要?


こんにちは、WEBマーケッターの荒木です。

スマートフォンのSEO対策は必要なの?」というお問い合わせを良く頂きます。

このブログを読んで頂いている方の中にも、同じような疑問をお持ちの方がいるかもしれませんので、この機会にお答えしたいと思います。

Sponsored Links

スマートフォンのSEO対策は必要ない。

この質問に対してまず言っておかなければならないのは、「スマーフォンサイトのために特別SEO対策をする必要はない」ということ。

スマートフォン専用のクローラーは存在するものの、現在はスマートフォン独自の検索結果は存在していません
パソコン用サイトでSEO対策を行っていれば、検索エンジンはそのパソコン用サイトの評価をスマホ用サイトに反映します。

ですからスマホからの検索結果はパソコンと同じですので、パソコン版でSEO対策を施すだけで良いということになります。

しかし、スマホのSEO対策は必要ないといっても、いくつか押さえておくべきポイントがあります。

GoogleはレスポンシブWEBデザインを薦めている

スマホサイトを作る方法はいくつかありますが、GoogleはレスポンシブWEBデザインを推奨しています。

レスポンシブWEBデザインであれば、デバイスのタイプに関わらず、URLは一つであり、レイアウトの調整は自動的に行われます。

これは、ユーザーはもちろん、検索エンジンにもクロールがしやすい構造といえます。

しかし、レスポンシブWEBデザインが万能であるわけではありません。

パソコン用のコンテンツをそのまま、モバイルに表示させるため、場合によってはページの読み込み時間が遅くなります
また、複雑なデザインの場合、レスポンシブWEBデザインでは、対応させるのが難しくなります。

そんな時は無理にレスポンシブWEBデザインに対応させるのではなく、パソコン用とスマートフォン用で別々にサイトを構築する方がユーザビリティ的に良いです。

Googleもけっしてレスポンシブ以外はダメといってるわけではありません。
パソコン用とスマホ用で別々に構築する場合も適切な対応をしておけば問題ありません。

同じURLでパソコン用サイトとスマホ用サイトを切り替える場合の注意すること

ユーザーの端末に合わせて同じURLでパソコン用サイトとスマホ用サイトを切り替えることを「ダイナミック・サービング」と言います。

WordPressのプラグイン「WPtouch」や「WP Mobile Detector」などを使って、スマホ用とパソコン用を切り替える場合ですね。
ただ、Googlebotがクローリングする際にスマホ用サイトがあることをきちんと伝える必要があります

その役割を果たしてくれるのがVary HTTPヘッダーです。

Vary HTTPヘッダーとは「このページはユーザーエージェントによって出力するHTMLを変わります」ということをGoogle Botに対して示してあげるもの。

もしVary HTTPヘッダーを使っていないと、クローラーがパソコンとスマホ別々にクロールしてくれない可能性があります。

ちなみにVary HTTPヘッダーを設定する方法は.htaccessに以下の記述をすればOK。

Header set Vary User-Agent

WordPressのプラグイン「WPtouch」や「WP Mobile Detector」などを使ってる場合はfunctions.phpで設定するとOK。
詳しくは下記のURLを参考にしてください。

WordPressのレスポンスヘッダーにVary HTTP ヘッダーを追加する

301リダイレクトによってパソコン→スマホまたはスマホ→パソコンに振り分ける場合に注意すること

301リダイレクトによってパソコン→スマホまたはスマホ→パソコンに振り分ける場合は、パソコン用サイトとスマホ用サイトがそれぞれインデックスされることになります。

このことは、同じコンテンツが複数存在することになり、Googleに重複コンテンツをみなされペナルティを受けてしまう可能性があります
そのため、パソコン用サイトとスマホ用サイトの関係性をGoogleに明示してあげることが必要です。

その役割を果たしてくれるのがalternateタグとcanonicalタグです。

パソコン用サイトにalternateタグを設定することにより、スマホ用サイトを発見してもらうことができます

<link rel=”alternate” media=”only screen and (max-width: 640px)” href=”スマホ用ページのURL”>

スマホ用サイトにcanonicalタグを設定することにより、重複コンテンツ扱いされなくなります

<link rel=”canonical” href=”パソコン用ページのURL””>

この rel=”canonical” は、ページがフィーチャー フォン用かスマートフォン用かにかかわらず、すべてのページに追加する必要があります。

また、すべてのページにトップページのURLを指定することがないように注意してください。
送った側のページは、インデックスから削除されてしまいますので。

まとめ

スマホサイトのSEO対策については、基本的にはする必要がありません。
特にレスポンシブWEBデザインであれば、ほとんど意識する必要はないでしょう。

ただし、表示速度やデザイン調整の問題により、スマホサイトとパソコンサイトで切り替える必要がでてきた場合には、それぞれ対処が必要です。

現在は、スマホとパソコンでは同じ検索結果が表示されるようになっていますが、今後は別々の検索結果になる可能性もあります。
(モバイルとPCではクローラーがすでに違っている現状もありますので)

スマホサイトを別に構築する場合においても、ユーザービリティ同様、SEOについても意識しておいたほうが良いのかもしれません。


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2018

運営者情報

荒木 厚/アラキアツシ

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「株式会社コクリ」を設立。 市場調査からマーケティング戦略の立案、インターネット広告を活用したWEBプロモーションなど、商品サービスがブランド化されるまでのトータルプロデュースを行う。 株式会社コクリ 代表