スイッチ | ブログ・サイト運営を応援するWebマガジン

SEO対策に役立つ記事のまとめ


こんにちは、WEBマーケッターの荒木です。

SEO対策といっても、いろいろやることがあります。
キーワード選定やコンテンツの作成、ソーシャルメディアの活用やGoogleのペナルティ対策など。
どれもSEO対策には重要であり、欠かせません。
今回は、これまでブログで紹介してきたツールやテクニックなど、厳選しました。
ぜひ、SEO対策にお役立てくださいませ。

Sponsored Links

Googleのペナルティを受けてしまった場合に役立つ調査ツール5選

自作自演リンクや重複コンテンツなど、不自然なSEO対策をするとGoogleからペナルティを受けてしまいます。
自分では普通にやってたつもりでも、思いもよらずペナルティを受けるケースもあります。
そんな時に役立つ調査ツールをまとめた記事です。
ペナルティを受けないのが一番ですが、備えあればなんとやらです。

Googleのペナルティを受けてしまった場合に役立つ調査ツール5選

WoredpressのSEOのおけるメリットとデメリット

Googleのマット・カッツ氏は、WordPressがSEOに有利であることを公認しています。
しかし、WordPressにはSEOに強い反面、弱い面もあります。
この記事では、WordpressのSEOにおけるメリットとデメリットをご紹介。
Wordpressを使いこなすと、SEOの効果は何倍にもなりますね。

WoredpressのSEOのおけるメリットとデメリット

実際に使えるキーワード選定ツール5選

SEOやリスティング広告において、キーワード選定はとても重要です。
ただ、自分で思いつくキーワードなんて限られているもので、どうにかひねり出さなければなりません。
そんな時に役立つキーワード選定ツールをまとめた記事です。
このなかでも「LSI調査」は、めっちゃ使えます。

実際に使えるキーワード選定ツール5選

これってどうなの?SEO対策に着手する前に知っておくべき10個のFAQ

SEOをやっていくと、いろんな疑問が湧いてきます。
とくにSEO対策をはじめたころなんかは、いろんな情報に振り回されがちです。
そんなときに、できるだけ間違わずに進んでいただくためにまとめたSEOの基本的なFAQです。
Facebookなどのソーシャルシグナルについては、今は影響していないようですが、今後はどうなるか分かりませんね。

これってどうなの?SEO対策に着手する前に知っておくべき10個のFAQ

SEO対策の初期段階で効果的な3つの方法

SEOでアクセスアップを実現するためには、初期段階がとても重要です。
「SEO対策はコンテンツ」ということは良く言われますが、どんなに良いコンテンツを書いても見てもらわなければ意味がありません。
そんな初期段階に、やっておくべきアクセスアップ対策をまとめた記事です。
ソーシャルメディアをどう活用するかが、SEO対策のキモですね。

SEO対策の初期段階で効果的な3つの方法

ロングテールSEOで成果を出すためのキーワードの選定法

検索数の多いビッグキーワードはライバルが多くて、なかなか検索上位に食い込むのは困難です。
それでも、アクセスを集めたい!集客したい!という方におすすめなのがロングテールSEOです。
ロングテールSEOをやりたいけど、どうして良いか分からない方のためのキーワード選定テクニックです。
検索順位競争に巻き込まれないためにもロングテールは押さえておきたいですね。

ロングテールSEOで成果を出すためのキーワードの選定法

ナチュラル被リンクを獲得するための8つのコンテンツタイプ

SEOはコンテンツの時代と言われていてもなお、Googleが検索順位を決定するために重要としているのが外部からの被リンク。
それも自作自演のリンクではなく、ユーザーに評価をしてもらい自発的に貼ってもらったナチュラルリンクが重要です。
この記事では、そんなナチュラルな被リンクを獲得するための8つのコンテンツタイプをご紹介。
実際に私がブログ記事を書く時にも、とても役に立っています。

ナチュラル被リンクを獲得するための8つのコンテンツタイプ

これからのSEOについて

SEO対策といえば、キーワードを詰め込めば検索上位になり、アクセスアップができた時代がありました。

今はそんな内部対策はもちろん、外部リンク対策も通用しません。

検索エンジンはどんどん賢くなり、ユーザーが求めるものを理解し、より適切な情報を提供することができるようになっています。
また、ユーザーも検索エンジンだけでなく、ソーシャルメディアを活用するようになり、情報に対するリテラシーが高くなっています

そんな流れの中で、求められているSEOとは何か?

良質なコンテンツを発信すれば良いというような風潮もありますが、それにも少し違和感を感じます。

今後、SEOに求められるのは、

  • オリジナリティのあるコンテンツを提供すること
  • 信頼性のあるコンテンツを提供すること
  • コンテンツをできるだけ分かりやすく、読みやすく工夫すること
  • ユーザーとの関係性を明確にし、構築していくこと

だと思います。
ここまでくるとSEOの範囲から外れていく感じもしますが、今後はSEOの中に組み込まれるべきものと考えています。
そのことは、商品やサービスのブランディングにもつながり、ユーザーのニーズにも応えられるのではないでしょうか。

SEO業者の中には、まだまだ自作自演リンクを販売しているところがあります。
テクニックばかりがもてはやされたSEOの時代から、そろそろ変わらないといけませんね。


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2018

運営者情報

荒木 厚/アラキアツシ

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「株式会社コクリ」を設立。 市場調査からマーケティング戦略の立案、インターネット広告を活用したWEBプロモーションなど、商品サービスがブランド化されるまでのトータルプロデュースを行う。 株式会社コクリ 代表