スイッチ | ブログ・サイト運営を応援するWebマガジン

SEOでペナルティを受けてしまった場合に役立つ調査ツール3選


Googleペンギンアップデートやパンダアップデートでペナルティを受けたことはありますか?
受けたことがない人がほとんどだと思いますが、どんなに自分ではホワイトなSEOをやってるという自信があっても、ペナルティを受けてしまう場合があります。
思いもよらず重複コンテンツができてしまってたり、低品質なページをつくってしまってたり

一番、怖いのが逆SEO。質の悪いリンクを一方的に付けられて、検索エンジンから吹っ飛んでしまうケース。
こんなのは自分では、防ぐことができませんからね。
今回は、そのようなペナルティを受けてしまった場合に役に立つ調査ツールをご紹介します。

Sponsored Links

(1)GRC

複数のキーワードの順位をチェック!

ペナルティを受けたかなと感じた時にまずチェックするのがキーワードの順位。
順位チェックツールのGRCは複数のキーワードをチェックするのにとても便利です。

Google、Yahoo、Bingに対応していて、複数キーワードの順位の変遷などを見やすくグラフ化してくれます。
どのキーワードが、どのタイミングでペナルティを受けたかを視覚的に確認できます
有料板(9600円/年)であれば、URLも無制限、検索語数も無制限に利用できます。

他にも順位チェックツールがありますけど、GRCは管理画面が使いやすいし、検索結果がわかりやすい
CSVもダウンロードできるので、レポートしても使えます。
昔はフェレットとか使ってましたけど、最近はこれがいいですね。

検索順位チェックツールGRCはこちら

(2)Panguin Tool(パンギン ツール)

ペンギンアップデートとパンダアップデートのどちらの影響によるものかを原因を探る!

ペナルティがペンギンアップデートの影響か、それともパンダアップデートの影響か、探ることができるのが「パンギン」というツール。
どういうツールかというと、アップデートのタイミングとアナリティクスのアクセスが落ちたタイミングから判断するというもの。


※赤いラインがパンダ、青いラインがペンギンアップデートの導入時期です。

どちらかのアップデートのタイミングを境にガクッとアクセスが落ちているようでしたらペナルティを受けている可能性が高いです。
ペンギンかパンダどちらか判断できたら、その原因を探って行きましょう。

ペンギンアップデートかなと思ったら、被リンクを調査
パンダアップデートかなと思ったら、サイト内の重複コンテンツや低品質のページを調査すると良いでしょう。

なんとか手がかりをつかみたいという方には便利なツールです。
こちらはアナリティクスを導入していることが前提となります。

Panguin Tool(パンギン ツール)はこちら

(3)サーチコンソール

手動によるペナルティとアルゴリズムによるペナルティのどちらの影響によるものかを原因を探る!

ペナルティには、手動によるものとアルゴリズムによるものがあります。
手動によるペナルティは、サーファーと呼ばれるGoogleの社員がサイトを巡回して、悪質と思われる処理が行われていた場合にペナルティを加えるケース。
手動ペナルティを受けた場合は、サーチコンソールで確認することができます。

「検索トラフィック」→「手動による対策」をクリックするとは警告メッセージが表示されます。
手動ではない場合は、「手動によるウェブスパム対策は見つかりませんでした。」というメッセージが表示されます。
手動の場合は、ペナルティを受けた理由を教えてくれるので、原因を探りやすいでしょう。

具体的なところまで教えてくれるわけではありませんが、原因が分かったら修正をかけて、サーチコンソールの再申請リクエストを送って下さい。
手動によるペナルティは、2%程度と言われているので、ほとんどのペナルティはアルゴリズムによるものと考えていてよいと思います。

サーチコンソールはこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか?
以前に比べ、ペナルティの原因を調べる手段は増えてきたように思います。
それだけペナルティで困っている人がいて、なんとかできるツールを探している人が多いということでしょう。

私も一度ペナルティに引っかかった経験があり、そのひとりでもあります。
だからいろんな情報をあさりましたし、ツールを調べまくりました。
おかげですべてリカバリできたわけではありませんが、70%ほどリカバリできました。

ツールを使ったからといって、ペナルティが必ず解除できるわけではありませんが、何かしら手がかりにはなると思います。
自分では、Googleのガイドラインに違反せずにSEOをやってるつもりでも、ペナルティになるケースは少なくありません。
そんなときのために、知識なりツールなり準備しておいたほうが良いかもしれません。


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

運営者情報

荒木 厚

熊本のホームページ制作・Webメディア運営会社「株式会社コクリ」代表。 「スイッチ」等のWebメディア運営、企業様のオウンドメディアの企画・制作、SEOをメインにした集客支援をしています。