スイッチ | ブログ・サイト運営を応援するWebマガジン

WoredpressのSEOにおけるメリットとデメリット!


WordPressがSEOに強いというのは、けっこう知られていることですね。
Googleのマット・カッツ氏は、WordPressがSEOに有利であることを公認しています。
しかし、WordPressにはSEOに強い反面、弱い面もあります。
今回は、WordpressのSEOにおけるメリットとデメリットを紹介します。
Wordpressをガシガシ使い倒す前に、一度こちらを参考にどうぞ。

WordPressのSEOにおけるメリット

更新がしやすい

個人的には、更新しやすいっていうのが一番じゃないかなと思ってます。
これは、CMS全般に言えることですが、Wordpressを使うようになってから、記事を書くのが楽になりました。
昔は、ページを作ってはアップロード、ページを作ってはアップロード…
今考えれば、めちゃくちゃ面倒なことをやっていたなと思います。

記事をどんどん書いて、コンテンツが増えるということは、いろんなキーワードで検索されることになりますからSEOにとっても有利です。
それならアメブロの用な無料ブログでも良いのでは?と思われるかもしれませんが、無料ブログでは独自ドメインが使えません。
また無料ブログは間借りしてるようなものなので、サービスが終了してブログがなくなってしまうリスクもあります。

見出しや強調などのタグを設定しやすい

hタグの見出しやstrongなどの強調タグを設定しやすいのWodpressの良いところです。
ちょっとしたことですけど、いちいちタグを書くのって面倒くさいからですね。
見出しや強調タグを適切に使うことで、検索エンジンに重要な部分を知ってもらうことができます。
しかし、やりすぎはペナルティの対象になる可能性がありますので、適切に使うようにしましょう。

レスポンシブWEBデザインに対応したテーマが充実している

レスポンシブWEBデザインは、ひとつのHTMLでPC、タブレット、スマートフォンなどあらゆるデバイスに最適化したサイトを実現できます。
これは、見る側にとっても、作る側にとっても、非常に便利です。もちろん私も使ってます。
このレスポンシブWEBデザインは、ユーザビリティだけでなく、実はSEOにも有利。

Google自身も、公式ブログでレスポンシブWEBデザインを推奨していることを公言しています。
その理由は、「最もエラーが少なく、効率的にサイトをクロールできるから」らしいです。
どちらかと言えば、Googleの都合のような気がしますが。
あくまで推奨なので、ユーザーにとってにどちらが有効かという視点で、レスポンシブWEBデザインを使うかどうか判断したほうが良いと思います。

SEOに有効なプラグインが充実している

WordPressのの魅力は、やっぱりプラグインが充実しているところですね。
とくにSEOに役立つプラグインは使いやすくて、効果的なものばかり。
今回はごく一部ですが、私が使っているプラグインを紹介します。

(1)タイトルタグやメタタグの設定が簡単→All in one seo

All in one seoは、タイトルやめたタグをページ・カテゴリー毎に細かく設定できます。
個人的にはサイトで表示させるタイトルとHTMLに記述するタイトルを別々のものにすることができるのがいいですね。
検索エンジンにはキーワードを詰め込みたいけど、サイトではあんまり長々書きたくないときとか使えます。

(2)サイトマップの自動生成→Google (XML) Sitemaps Generator

検索エンジンにサイトの更新情報を送信するためのサイトマップを自動で作成してくれます。
XMLサイトマップを生成しておくと、検索エンジンのロボットにクロールされたときにサイト全体の構造を正確に伝えることができます
認識が難しいページなんかも拾ってくれるので、入れておきたいプラグインですね、

(3)関連記事の表示→YARPP

記事の下に関連度の高い記事を表示してくれます。
ユーザーが最初に訪れたページだけでなく、いろんなページを見てくれるようになります。
また、内部リンクとして機能するのでSEO対策としても有効です。

(4)リンク切れチェック→Broken Link Checker

サイト内に貼っているリンクが切れていないかチェックしてくれます。
リンク切れはユーザービリティの観点から良くないのはもちろん、リンク切れが多いサイトは検索エンジンからの評価も低くなると言われています。
ホームページの開設時なんかは、これを入れておくとチェックできるので良いですね。

(5)パンくずリストの表示→Breadcrumb NavXT

いわゆる「パンくずリスト」を簡単に作成してくれます。
パンくずリストはユーザビリティアップというメリットもありますが、関連ページ同士をリンクでき、下層のページからのリンクを集められるなど、SEO的にもメリットがあります。

(6)ソーシャルとの連携→WP Social Bookmarking Light

ソーシャルメディアの共有ボタンを表示してくれます。
ツイッター、Facebook、はてなブックマークなど、様々なソーシャルメディアに対応しています。
こちらは、直接的なSEO効果というよりも、被リンク獲得のために入れておきたいプラグインですね。

WordPressのSEOにおけるデメリット

重複コンテンツができやすい

WordPressは、ひとつの記事に対して複数のタグやカテゴリーを付けることができます。
これはとても便利な反面、似通ったカテゴリーやタグページやできあがってしまいます。
記事が100ページしかないのに、1000ページ以上のインデックスがされている経験したことありませんか?
このようなページは重複コンテンツとみなされ、Googleのペナルティになる可能性があります

実際にパンダアップデートにひっかかり、ペナルティになった事例もあります。
一つの記事に対して複数のカテゴリーやタグをつけてしまいがちですが、あまり関係のないところには付けないようにしましょう。
またはメタタグにnoindexを設定し、検索エンジンがたどらないようにしておくのも一つの手ですね。

表示速度が遅くなる

WordPressの場合、普通にHTMLで作成されたページと違って、アクセスがある度にMySQLからデータを取り出し出力するため表示が遅くなる傾向があります。
さらにプラグインを複数使っていると、いろんな処理が同時に行われて、ますます遅くなります。
Googleのマット・カッツ氏は、「ページの表示速度にこだわりすぎることはない」とは言っているものの、「ページの表示速度は評価基準にひとつである」とも言っています。
ユーザーが使いづらいと感じるものは、検索エンジンも評価しませんからね。
ページの表示速度が早いに越したことはありません。
WP Super Cacheという表示速度を早めてくれるプラグインもありますので、自分のサイトが遅くなったなと感じたときは利用されることをおすすめします。

またサーバーによって、Wordpressの表示速度に大きな違いがでてきます。
Wordpressでサイトを構築する場合は、Wordpress向きのレンタルサーバーを選ぶようにしましょう。
【完全保存版】Wordpress向けレンタルサーバー徹底比較2015に比較表を掲載しておりますので、ぜひ参考にしてみてください。
ちなみに私のおすすめはエックスサーバーです。

まとめ

WordPressは、SEOにとってデメリットになるところもありますが、やはりSEOに有利な仕組みにできあがっていると思います。
しかし、これはあくまでハード面の話。
重要なのは、やっぱりソフトであるコンテンツです
仕組みがどれだけ良くなっていても、中身がすっからかんでは、まったく意味ないですからね。
Wordpressを上手く使いこなして、ユーザーエクスペリエンスを高めることが大切です。


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

運営者情報

荒木 厚

熊本のホームページ制作・Webメディア運営会社「株式会社コクリ」代表。 「スイッチ」等のWebメディア運営、企業様のオウンドメディアの企画・制作、SEOをメインにした集客支援をしています。ロゴマークデザイン制作サービス「コクリロゴ」OPENしました!