ITエンジニアの転職に資格は必須!?転職前にやるべきこと

ITエンジニアが転職するにあたり気にしていることも多いのが資格の必要性です。IT業界には様々な資格が存在していますので、何かしらの資格を持っておいた方が良いと考えている人は多々います。

それでは実際に転職において資格は何かしらの役に立つのでしょうか。ITエンジニアが転職の前に資格を持っておくべきかを含め、転職の前にやるべきことをご説明します。

ITエンジニアの転職で資格は必須ではない

実はITエンジニアの転職において資格は必須ではありません。資格を持っていなければ転職に不利となるような考え方をされる人もいますが、実際には資格がなくとも転職に成功している人は多々います。
特に資格が必要とされない理由を2つに分けてご説明します。

ITエンジニアの転職は即戦力が求められる

ITエンジニアの転職では即戦力が求められています。入社してから人材を育成するポテンシャル採用はほとんどないと考えてよいでしょう。

即戦力になるかどうかを判断する基準の1つに実務経験が挙げられます。今までどのような仕事をしてきたかを踏まえて即戦力の人材であるかどうかを判断します。ここで求められていることはIT系の資格を持っているということではないのです。

資格を持っていれば即戦力になると考えるかもしれません。しかし、資格だけではその人の実力が判断できないのも事実です。特にIT業界の場合、資格の勉強だけでは学べないようなトラブルが発生したりします。そのような経験を含めて即戦力になる実力が備わっているかが判断されています。

IT業界は資格だけを持っていても頭でっかちになるケースがあります。実践的な経験が求められるという意味で資格があれば転職しやすいというものではありません。

ITの知識に特化していれば転職しやすいとは限らない

IT業界への転職ではITの知識だけを持っていれば良いわけではありません。場合によってはITの資格を持っているだけではまかなえないような知識が必要となることがあります。

例えばプログラマーとして転職する場合でも、開発するシステムの仕事内容も知らなければなりません。会計系のシステムを作るのであれば会計の知識が問われますし、生産管理のシステムを作るのであればこれらの知識が問われるわけです。

資格の中でもITの資格以外にこれらの資格を持っているのであれば転職で有利になる可能性はあります。しかし、IT系の資格しかないのであれば業務に関する知識などが問われてしまうことでしょう。

転職先の会社に合わせて適切な資格を持っているかどうかが重要であり、単純に資格を多く持っていれば良いというものではありません。

ITエンジニアが転職前にやるべきこと

ITエンジニアは転職前に何をしておくべきなのでしょうか。やるべきことを2つご紹介します。

現在持つITスキルを高める

ITエンジニアの転職では「何でも屋さん」は求められていません。企業が補充したいと考えている分野で即戦力を求めています。そのため、より即戦力になれるように現在のスキルを高めることが重要です。

スキルの高め方は様々です。転職前も仕事を通じてスキルアップできますし、時間は確保して勉強会に行くのも良いでしょう。常に技術に触れ続けることが重要です。

中途半端なスキルでは結局転職しても処遇の改善などは見込めません。転職に成功しない可能性もあります。ITエンジニアとして自分で持つスキルを転職の「武器」にするためにも、常にスキルを高めることを意識しなければなりません。

自己分析でキャリアプランをイメージする

転職全般に言えることですが、ITエンジニアも転職前に自己分析をしましょう。
ITエンジニアも転職後の道は様々考えられます。例えば以下のものが選択肢にはあります。

  • スキルを高めて現場のエンジニアで働き続ける
  • スキルを理解してPLやPMなど現場を適切にまとめられるようになる
  • ITコンサルタントなど、ワンランクアップして現場で働き続ける

採用担当者は現在のことだけではなく、長い目でどのように活躍してくれるかも重要視します。即戦力が必要であることは間違いありませんが、その後のキャリアプランにも注目しています。

そのような視点から考えると、PMPやプロジェクトマネージャーなどの資格を持っている場合は有利になる可能性があります。直近では役に立つとは言えない資格でも、キャリアアップの過程で有用であると判断されるのです。

どうしても資格を取りたいITエンジニアにおすすめする資格

転職前に資格を取得することは必須ではありません。しかし、中にはどうしても資格を取得しておきたい人もいることでしょう。
これから資格を取得しようと考えているのであれば、以下の3種類のうちどれかの資格を取得することをおすすめします。

資格名称 概要
Microsoft 365 認定試験 Microsoft 365を使いこなせることを示す。実務でMicrosoft 365 認定試験だけを利用することは少ないが、資格を保有しているということをアピールするのであれば価値はあり。
AWS クラウドプラクティショナー AWSが提供する資格の中でも入門編。これから様々な企業でAWSの導入が見込まれるため、先を見据えた資格としては期待できる。

実務の積み重ねがITエンジニアの転職を成功させる

転職前に何かしらの資格を取っておいた方が良いと考える人が多いのは仕方がないことです。しかし、実際には資格がなくとも転職には成功しますので、転職前の期間に資格取得へ時間を割くのは得策ではありません。

この期間にやるべきことは転職時にアピールできる実務を積み重ねることです。ITエンジニアは実務経験が大きなアピールポイントとなります。

どんなに資格を持っていても実務経験が伴わなければ価値が下がってしまいます。座学だけで頭でっかちになるのではなく、転職の前には実務経験をより深めて自分の武器にする活動が必要です。