スイッチ | ブログ・サイト運営を応援するWebマガジン

SE、プログラマー転職でキャリアアップに繋がる言語とは?


はじめに

2020年からプログラミング教育が小学校で始まります。IT業界は人手不足で困っていますからありがたい話です。また、平均年収の高いIT業界に興味を持っている人も多数います。

今現在プログラマーやSEをしている人もキャリアアップして年収をあげたいと思っている人の参考になるようなことを紹介していきます。

評価されやすいスキルの紹介をし、キャリアアップにつながりやすい言語の紹介をして、SEプログラマーオススメ転職サイトの紹介をしていきます。

SEプログラマーキャリアアップ方法

SEプログラマーのキャリアアップとしては、SEやプログラマーとして現在の会社よりも条件の良い会社に転職をすることができます。プログラマーであれば、SEにキャリアアップすることもできます。

SEプログラマーの仕事で転職する際に評価をされやすいスキルがあります。ここでは2つ紹介していきます。評価されやすいという事は、収入アップにもつながっていきます。

サーバー設計スキル

業務システムなど、WebアプリケーションやWebサイト多くのシステムはサーバー上で動いています。

サーバーエンジニアとしてキャリアアップを目指していくのであればサーバー設計スキルは、絶対に身につけておかなければなりません。

サーバーエンジニアは通常運用保守業務から携わり、経験を積んでから設計等の上流工程を担当するようになります。キャリアアップを目指すのであれば確実に習得しておくべき知識です。

データベースエンジニアスキル

データベースエンジニアは、データベースの開発・設計、管理、運用が主な仕事になります。

データベースエンジニアは主に3つに分かれます。開発・設計を行うソフトウェアエンジニア、管理を担うハードウェアエンジニア、運用を担うデータベース運用エンジニアに分けられます。

データベースエンジニアに求められる能力・知識は、今後AI(人工知能)やIoT
ビッグデータの活用が広がっていきます。その為、データベースに蓄積されたデータは経営戦力の策定に必要な情報となります。最新技術の知識だけじゃなくビジネス全体を俯瞰して物事を考えられる能力が求められます。

キャリアアップに繋がる言語

扱う言語によって収入は大きく変わってきます。どうせ身につけるのであれば平均年収の高い言語を身につけていきたいですよね。

日経XTECHの調査では、言語別平均年収を公開しています。

1位:Perl

Perlは、テキスト関係の処理が得意なので、ほんの数行でデータの保存や、キーワーどの検索を実現することができます。

Perlは利用者も多い為、困った時に助けになるメーリングリスト、インターネット上に公開されているフリーソフト、その他専用の電子掲示板(BBS)も数多くあります。

平均年収は700.0万円です。

2位:COBOL

COBOLとは、経理や在庫管理などの事務処理を目的とした手続き型言語です。プログラムを記述しやすく、汎用性が高い為開発する機種を選ばないという特徴を持っています。

大量のデータ処理を得意とする為、メインフレームなどのデータシステムで利用されています。

平均年収は、654.7万円です。

3位:C/C++

C言語で出来る事は、大きく分けて2つあります。「ロボット・組み込み系」「ソフトウェア・OS作成」です。

ロボット組み込み系は、電子機器、電子工作、家電製品のことで、C言語はこれらを制御するソフトウェアを作ることができます。

ソフトウェア・OS作成は、「Windows」、「Mac」、「Lynx」などのOSの作成ができます。
OSとはPSを動作させるために必要となる重要なソフトウェアのことです。

C++では、Googleの「Chrome」やゲーム開発に使われる「Unreai-Engine」など、スマホアプリやWebアプリ・業務システムの開発に利用されています。

平均年収は、645.3万円です。

4位:Python

人工知能には様々な分野がありますが、その中の大きな分野の1つとして機械学習があります。

Pythonは、機械学習に必要なライブラリが充実しています。機械学習では、データセットから治験を引き出しために前処理やモデル変更したりして試行錯誤が必要になります。

この試行錯誤にpythonを使用することで効率化を図ることができます。

Pythonは、Webアプリケーションの開発も行えます。Googleなどが有名です。

平均年収は、591.7万円です。

5位:Visual Basic

Visual Basicとは、Microsoftによって提供されている、Windows用のアプリケーションを開発するためのプログラミング言語、統合開発環境の名称です。

Visual Basicは、文法が自然言語に近いのでプログラミング初心者にも習得しやすく、また使いやすいのでプログラミング初心者からプロまで長年使われています。

特徴としては様々な部品を画面上の直接操作により配置することでグラフィカルユーザーインターフェースを持つプログラムを簡単に開発できます。

平均年収は、588.6万円です。

SEプログラマー転職おすすめサイト

ITエンジニアとして仕事を探すのであれば、IT業界に特化している転職サイトを利用することがITエンジニア転職の近道です。

ここでは、IT業界に特化している転職サイトを3つ紹介していきます。

レバテックキャリア

レバテックキャリアは、IT業界に特化しています。レバテックキャリアのキャリアアドバイザーはIT業界に精通した人が担当している為、転職希望者の要望をしっかりと理解して、紹介企業の雰囲気やキャリア、働き方に合わせた転職先を提案してくれます。

IT業界に特化しているので、求人数も他の転職エージェントに比べ多数あるのが特徴です。

レバテックキャリアの公式サイトへ

リクルートエージェント

国内の転職ビジネスはリクルートグループが圧倒的なシャアを誇っています。ITエンジニア系の部門でも、優秀なキャリアコンサルタントが対応してくれ、質の高い効率的な転職活動をサポートしてくれます。

リクルートエージェントの最大の強みは、求人数の多さです。非公開求人が20万件以上あります。非公開というのがいいですね、ライバルが少し少なくなるように思えます。

リクルートエージェントの公式サイトへ

TechClips

TechClipsは、ITエンジニア転職に特化している転職エージェントです。求人も大手企業から中小企業まで幅広く取り扱っています。関東エリアを中心に転職支援を行なっていて、東京23区に強みがあります。

TechClipsエージェントはIT業界に長い年月エンジニアとして携わってきたコンサルタントが多く在籍しているのでIT企業とのパイプが強くあります。

また転職に成功したら月給の3分の1が祝い金として支給されます。祝い金は最大20万円まで支給されますので祝い金が転職成功のご褒美的な感じで嬉しいですね。

TechClipsの公式サイトへ

まとめ

評価されやすいスキルの紹介をし、キャリアアップにつながりやすい言語の紹介をして、SEプログラマーオススメ転職サイトの紹介をしていきます。

転職サイトもSEプログラマーオススメのサイトで、評価されやすいスキルや言語を身につけることの出来るところを探してみたくなりますね。

理想の会社が、TechClipsで見つかったとしたら祝い金制度もあるのでダブルで嬉しいですね。


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

運営者情報

荒木 厚

熊本のホームページ制作・Webメディア運営会社「株式会社コクリ」代表。 「スイッチ」等のWebメディア運営、企業様のオウンドメディアの企画・制作、SEOをメインにした集客支援をしています。ロゴマークデザイン制作サービス「コクリロゴ」OPENしました!