スイッチ | ブログ・サイト運営を応援するWebマガジン

ITエンジニア転職時の自己PRで押さえておきたい内容とは?


ITエンジニアの転職活動を行う際、自己PR方法に悩まれる方は多いのではないでしょうか?自身の実績や能力をアピールできる大切な場となり、また多くの企業が興味を持つ内容でもあるので、決してありきたりな自己PRにならず、印象に残りやすい内容にする必要があります。

しかし、実際に自己PRを考えてみても、どのような内容にすべきか簡単には思いつかないですよね?ということで、今回はITエンジニアで転職を考えておられる方に、必ず押さえて頂きたいポイントを4つご紹介します。

ITエンジニア転職で押さえておきたい自己PR法4選

前職のITエンジニア実績を述べる

新卒の就職活動とは異なり、転職時は前職の仕事実績があるはずです。企業は前職でどのような業務を行ってきたのか、興味を持ちます。

例えば、過去に携わったプロジェクトについて触れるのも良いです。プロジェクトの規模によっては複数人でチームを組むことがあるITエンジニアなので、その際の自分の立ち位置も述べると、協調性をアピールすることができます。

業務の多忙さからコミュニケーションが取れないITエンジニアも多くいますので、企業は協調性を評価ポイントとして置くことが多いです。

また、前職の実績を述べるだけでは意味がありません。実績を得るため、どのように計画を立て実行したのか、そのプロセスも企業は知りたがっています。

ITエンジニアは複数の仕事を持ち、納期が短いこともあるので、計画性のある人材なのか判断します。前職の実績を述べる際は、単なる自慢話とならないように気をつけましょう。

所有しているスキルや資格を述べる

企業は人材を採用する際、どのように貢献してくれるのか、どのようなメリットを会社に与えてくれるのか、判断します。その一つの指標として、自身の保有するスキルや資格があります。

ITエンジニアのスキルとしては、プログラミング能力やネットワーク技術など、幅広くあります。こちらは転職先の会社の業務やサービス内容、求める人物像によって、適した技術をアピールするべきでしょう。

しかし、単にアピールするだけではなく、実務経験を基に根拠を述べ、説得力のあるものにしましょう。

もう一つ大切なのがスピードと質です。もちろんサービスや商品には納期があるので、スピードは非常に重要です。

短納期のプロジェクト実績があれば、それを述べるのも良いです。しかし、短納期に伴い質が落ちてはいけません。

一つのミスで顧客のサービスが停止し、トラブルが発生するほどの業務を担うのがITエンジニアなので、プログラミングなどのスキルだけでなく、手戻りをなくすためや品質を保証するため行ったテストについても触れ、トラブルなく納品した実績なども述べると、質の高さをアピールできるでしょう。

また、客観的に判断するものとして、自身の所有資格をアピールするのも大切です。ITエンジニア向けの国家資格は数多くあり、有名どころで言うと、基本情報技術者やスペシャリストの資格、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)などがあります。

基本情報技術者以下の難易度の資格は、転職時の保有資格としては少々弱いですが、スペシャリストの資格は積極的にアピールしてきましょう。

学習意欲を述べる

企業は新しい人材に対して、学習意欲を評価ポイントとして見ています。その理由としては、IT技術の進歩にも順応できる人材か判断するためです。

IT技術は日々進化しており、企業も生き残るため、新しい技術を次々に取り入れていきます。よって、現在保有のスキルが如何に優れていても、人材に学習意欲がない、つまり将来性がなければ評価も下がってしまいます。

学習意欲をアピールする方法としては、前述の資格も一つですが、前職で積極的に参加した研修や自身のスキルを底上げするために努力した経験などを述べると、学習意欲の高さをアピールすることができます。
また、IT技術に関するトレンドもチェックしておくと、学習意欲の高さだけでなく、いざ最新技術のことについて聞かれた時にも役立ちます。

トラブル対応能力を述べる

業務を行う上で、避けては通れないものがトラブルです。先述の通り、ITエンジニアのトラブル場合はサービスの停止など、顧客の業務が全て停止してしまう可能性もあります。

そのような時に大切になるのが、トラブル対応能力です。前職でトラブル経験があれば、どのように対応したのか述べることで原因究明能力を、復旧までにどの程度時間が掛かったのか述べることでトラブル対応スピードを、顧客にどのように説明したのか述べることでコミュニケーション能力をアピールできます。

技術的な対応だけでなく、顧客への対応能力についても述べるとより効果的です。
もしトラブル経験がなくても、トラブルがないようにテストを十分に行ったことや、事前にリスクを察知し、トラブルを回避したことなどをアピールすることもできます。

まとめ

ITエンジニア転職時の自己PRで押さえておきたいポイントを4つご紹介しました。ITエンジニアの人材に対して企業が求めているのは、スキルだけでなく、新しい技術を取り入れるための意欲、チームで動くための協調性なども挙げられます。

ついついITエンジニアは自身のスキルばかりをアピールしがちです。しかし、実際の業務の場で考えてみると、協調性などが必要になることも分かるはずです。幅広い目で自身をアピールするように心掛けましょう。


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

運営者情報

荒木 厚

熊本のホームページ制作・Webメディア運営会社「株式会社コクリ」代表。 「スイッチ」等のWebメディア運営、企業様のオウンドメディアの企画・制作、SEOをメインにした集客支援をしています。ロゴマークデザイン制作サービス「コクリロゴ」OPENしました!