あなたは大丈夫?独自ドメインで個人情報がまるわかり!?Who is情報の解説と対策を教えます!

どうもこんにちは!どんぶっちです!

「独自ドメインを取得!これから自分のサイトを運営するぞ!」
と思った矢先に、ドメイン取得先からこんなメールが…

「あなたの情報はネット上で全部公開されてますよ?」

…恐ろしい話ですよね。
実はこのお話は、僕がサイト立ち上げ当初に実際に経験したことです。

ブログ初心者が、ついつい見落としてしまいがちなのが、Whois情報です。
こんな恐怖体験を経験すると…

ネット怖いよ!!
となりがちです。

実は、このWhois情報はしっかりと理解して取り組めば難しい問題では無いと気づくことが出来ます。
なぜなら、実際に個人情報を世界中にさらした僕が、今でものほほんとブログを続けているのが証拠です。

この記事では、Whois情報を分かりやすく解説して、実際の対策の仕方も紹介します。
ブログを読み終えたらWhois情報って怖くないと分かりますよ~。

最後までお付き合い下さい。

Whois 情報って何?

まず、疑問に思うことってWhois情報が何かということですよね?
Whois情報がどんなものかお伝えしますね!

Whois情報とは?

Whois情報とはドメインを検索できる機能のことです。
インターネット検索すると、色々なURLが出ますよね?

URLにはドメインと呼ばれるインターネット上のアドレスが表示されます。
そのドメインを、誰が使っているのか検索できるんです。

Whois情報は基本的には、トラブルが起きた時や自分の使いたいドメインが使われていないか検索する時に使う程度です。
しかし、実はとんでもない事実があります。

それは…
あなたの個人情報が丸わかりになってしまうということです!

Whois情報のここが危険!

Whois情報はドメインを誰が使っているのか検索できる機能です。
Whois情報を検索すると以下の情報を知ることができます。

  • ドメインの登録者名
  • ドメインの登録年月日
  • ドメインの有効期限
  • ドメインの登録者に関する情報
  • ドメイン登録者の連絡先

そうです。
あなたの個人情報がまるっと開示されています。

ドメインを登録した時に、自分の個人情報を入力しますよね?
その情報が表示されています。

つまり、インターネット上、いや世界中にあなたの個人情報が無防備の状態でさらされていると言っても過言ではありません。
僕もそうでしたが、ドメインを初めて取得する人はこれを知らずに登録します。

そして、ドメイン取得先からのメールでこの状況を理解します。
めちゃくちゃ怖いですよね?

あたふたしますよね?
しかし、安心して下さい。

これから僕が…
Whois情報の対策方法をお伝えします!

Whois情報の対策方法

結論から言いますと、Whois情報の対策は…
ドメイン取得先の会社に代理公開をお願いする事で解消されます。

めちゃくちゃ簡単ですよね!
ドメイン取得先の会社のオプションにWhois情報代理公開オプションがあった場合は、必ず代理公開をお願いする様にしましょう。

おそらく、ピンとこないと思いますので、僕が利用しているムームードメインさんで新しくドメインを取得する時に表示されるものを見せますね。

上記の様に表示されます。
必ず情報を代理公開するにしましょう!

代理公開するとどうなるの?

これで、Whois情報を代理公開することができました。

Whois情報の代理公開を利用すると、Whois検索した時に登録者名、住所、連絡先、アドレスなどがドメイン取得会社さんの情報が表示され、あなたの情報は保護される様になります。

僕の場合はムームードメインさんの情報が表示されます。
具体的には下図の様になります。

この様に保護されます。
もし、代理公開しなければ、この情報がネット上に出ると思うと…
ゾッとしますね!

Whois情報の代理公開は、ドメイン取得先の会社によって、無料サービスでやってくれたり、費用がかかったりします。
そこをしっかりとチェックしてドメイン取得先を選ぶのもありですね。

ちなみにムームードメインさんは、無料で代理公開サービスをしてくれています。
ムームードメインさん、ありがとうございます!

いつもお世話になっています♪

まとめ

それでは、今回のコンテンツをまとめます。

Whois情報とは?

→誰がどのドメインを使っているか検索できる機能。

Whois情報の危険性

→ドメインの登録者の個人情報が丸わかりになる

Whois情報の対策方法

→ドメイン取得先の代理公開を利用する!

代理公開とは?

ドメイン登録者の情報を保護して、ドメイン取得先の情報を変わりに表示してくれるサービス

ポイント

  • ドメイン取得時は必ず情報代理公開サービスを利用すること!
  • 無料でサービスを提供してくれるドメイン取得先を選ぼう!

まとめは以上です。

終わりに

サイト立ち上げ当時の僕は何も知らなかったので、約2ヶ月間ですが世界中に自分の個人情報が流出してました。
代理公開サービスを知ったことで、個人情報が守れることが分かったので、めちゃくちゃ安心しました。

今でも思い返すとゾッとしますね。
幸い何も起こらず、情報代理公開サービスを利用できましたので本当にラッキーでした。
何も無くてほんと良かった…。

ネット上に個人情報をさらさない為にもWhois情報をしっかりと理解して、ドメイン取得先の代理公開サービスを必ず利用しましょうね!
安心で楽しいネットライフを。

それでは、今回はこれで。
最後までお付き合いくださり、ありがとうございました♪

著者プロフィール

どんぶっち

「うつ病療養のガイドブック:どぶるノウハウ」をサイト運営している人。リアルでは事務パート、ネットではブロガーと複業で稼いでいる主夫。将来的には在宅でお仕事を一本化するために日々ブログを執筆中。お仕事のご依頼はランサーズかTwitterのDMで承ります。