スイッチ | ブログ・サイト運営を応援するWebマガジン

SEO対策の初期段階で効果的な3つの方法


こんにちは、WEBマーケッターの荒木です。

今回は私がSEOの初期段階で、行っている対策についてご紹介します。
SEOの初期段階というのは、どうしても検索エンジンにひっかかりにくく、アクセスもなかなか集まりません
とくに知名度が低い商品やサービスの場合は、はじめからSEOで上手くいくことは少ないでしょう。

Sponsored Links

SEO対策はコンテンツ」ということは良く言われますが、どんなに良いコンテンツを書いても見てもらわなければ意味がありません
検索エンジンがコンテンツを重要視するようになったといっても、依然として外部リンクによる評価を最も重要視しているのは事実。
SEOmozが調査した最新のGoogle検索順位の決定要因では、リンクに関する要因が全体の42%を占めています

良いコンテンツを書くことはとても重要ですが、そのコンテンツをできるだけ多くの人に見てもらい、評価してもらう

ことが、SEO対策で成果につなげるために、重要なことです。
では、どうすればコンテンツを見てもらうことができるのか?

その方法を3つご紹介します。

(1)Facebookで更新情報を投稿する

まずは身近なツールであるFacebookをお知らせするのが良いでしょう。
その際に気をつけたいポイントは、どういう人に向けて、どういう趣旨の記事なのかを補足すること。
Facebookのお友達にはさまざまなタイプの人が存在します。
もちろん、あなたの記事に興味がない人もいます。
興味がある人に向けて、ピンポイントにアプローチしページに呼び込むためにも補足は必要です。

それと、OGPの設定をしておくこと。
OGPの設定することにより、記事のURLを投稿に貼ったときに、画像や記事の説明が表示されます。
友達が「いいね!」を押した時に友達のニュースフィードにも情報が流れるので、より多くの人に見てもらうためにもOGPの設定は重要です。
OGPの設定方法については、ネットで調べてみてくだい^^;

(2)Twitterで更新情報を投稿する

Twitterもより多くの人に情報を届けるのに有効です。
Twiterの良いところは、その気軽さ
フォローするのも、されるのもFacebookに比べハードルが低いです。
ですので、自分が興味のある人や自分の記事を読んでもらいたい人には積極的に絡んでいきましょう。
Twitterは、自分が求めるユーザーを見つけやすいので、まずはしっかりターゲティングすることが重要です。
むやみにフォローしたり、ツイートしてもページに呼び込む事はできません。

(3)ニッチなキーワードでユーザーを呼び込む

最初のうちは、検索数の多いビッグキーワードやミドルキーワードでアクセスを集めるのはほぼ無理です。
ですから、できるだけ検索数の少ないニッチなキーワードを狙っていきましょう。
ニッチな複合キーワードはユーザーの目的意識が高くコンバージョンにつながりやすいのも特徴です。
こちらについては下記のページでも詳しく説明していますので、ぜひご覧下さい。
ロングテールSEOで成果を出すためのキーワードの選定法
ロングテールSEOで成果を出すためのコンテンツ作成法

まとめ

どんなに良い商品でも、宣伝しなければ売れませんよね。
逆にあまり良くない商品でも宣伝すれば売れるということも。売れ続けれるかは別ですが…
コンテンツもいっしょです。
見てもらわなければ何もはじまりません。
コンテンツを作ったら、まずは宣伝です
良いコンテンツで評価されれば、必然的に検索エンジンからもソーシャルからもアクセスは集まってくるはずです。


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

【完全保存版】ショッピングカートASP徹底比較2018

運営者情報

荒木 厚(株式会社コクリ 代表)

デザイン会社、WEB運営会社を経て、「株式会社コクリ」を設立。 Wordpressを使ったWebサイトやネットショップの企画・制作、SEO・リスティング広告を使った集客支援をしています。