スイッチ | ブログ・サイト運営を応援するWebマガジン

フリーランスエンジニアのメリット・デメリットを解説します!


フリーランスエンジニアになるための条件

フリーランスエンジニアと名乗れば、フリーランスエンジニアになれる

フリーランスエンジニアという職業は最近でたばかりの新しい言葉のように感じますが、職業そのものとしては以前から存在しています。フリーランスエンジニアはいったいどのような人達なのかというと、特定の企業にも属さずにシステムの開発業務に携わるプログラマやシステムエンジニアとして作業を行うのが一般的なフリーランスエンジニアの立ち位置になります。

このフリーランスエンジニアになるための条件ですが、実は特別な試験や資格を必要とする訳ではありません。今からフリーランスエンジニアと名乗れば、フリーランスエンジニアになれてしまいます。

実務経験があり、得意な分野と言えるものが複数あるエンジニアが有利

ただし、単にフリーランスエンジニアと名乗っても仕事を得られなければ意味がありません。つまり結局は、実務経験があり得意な分野と言えるものが複数ある事が、より有利な条件でフリーランスエンジニアとして業務を行える可能性が高くなります。

多くの場合は、システムエンジニアなどの実務経験を積んだ後、技術的なスキルや出来るだけ多くの人脈をつくってからフリーになるケースが一般的です。何も突然、フリーランスエンジニアを名乗ってフリーエンジニアになったのではなく、事前にその下地を得たうえでフリーエンジニアになる人が多数なわけですです。

ただ近年では、開発環境の変化やクラウド型のサービスが多くなってきたこともあり、プログラミング技術がある技術者であれば、仕事があるかどうかは個人差が出ますが、誰でもフリーランスエンジニアとして活動ができる環境が整ってきています。未経験からプログラミングを学んでフリーランスエンジニアになろう、と謳ったスクールもいくつか存在しています。

ただし、基本的にはフリーランスエンジニアになるための条件としては誰でも慣れますが、実務経験などの下地があると有利なのは間違えありません。

フリーランスエンジニアとしての注意点

大抵のフリーランスエンジニアはシステム開発関連の会社員として働いた後に退職をしてから独立するケースが多いです。この場合、最初の仕事というのはこれまでにお世話になった会社との仕事という事がほとんどですので、会社員時代の顔ぶれなども殆ど変らないという事があります。

一方で、所属していた会社とトラブルが原因で退職をしてしまった場合には、フリーランスエンジニアとしての最初の仕事を自分で探す事になります。自分で仕事を探す場合、例えば小規模のシステム開発会社の場合にはいわゆる横のつながりというものがあり、経営者同士が親しくしている事も多いので、仕事を請け負う際にも発言には充分な配慮が必要になります。

フリーランスエンジニアになれば自由というわけではない!

発言によっては自分自身の評判を落としてしまうからです。例えトラブルなどが原因で退職をしたとしても、これまでお世話になったという会社の悪口などを言えば、ほぼ確実に悪い印象しか与えません。

今後のフリーとしての活動に大きなマイナスになりますので、充分に注意をする必要があります。フリーランスエンジニアというのは、個人として対人であったり対企業と仕事を行う訳ですから、お互いの信頼関係があってこその世界でもあります。

従って、人との信頼を常に大切にする事を忘れてはいけません。つまり、フリーランスエンジニアになれば自由というわけではなく、むしろ自分自身の行動によって新しい顧客を開拓し、またこの顧客との信頼関係の維持のために動かなければならなくなるのです。

フリーランスエンジニアのメリットとデメリットとは?

フリーランスエンジニアの仕事は様々な形態がありますが、小規模の開発業務などの場合には自宅で作業を行う事もありますし、規模が大きくなると殆ど会社員と変わらないような環境での作業をする日が続きます。仕事柄、数日だけの契約という事も稀にありますが、大抵の場合には月単位であったり、中にはずっと今までと同じ現場にいるという人もいない訳ではありません。

【デメリット】会社員と比べて安定性がない

このような業務環境ですので個々の考え方によっても違いはありますが、フリーランスエンジニアになっても、当然のようにメリットやデメリットは存在します。まずデメリットについてですが、会社員と比べて安定性がない点です。

常勤である会社員時代のように仕事の多い少ないで収入が大きく変わる事もなく賞与や有給まであるといった恵まれた環境にはありません。

【メリット】高いスキルや実績があるエンジニアは優遇される

逆にメリットとしては、高いスキルや実績があるエンジニアであれば仕事は多くあり、報酬面でも優遇される点です。

また自分自身が仕事を選べるのも大きなメリットです。また、休日も一般的な会社員とは違うタイミングで休む事ができる部分をメリットとして捉えられることができれば、デメリットの多くがメリットに変わる事になります。

ただいずれにせよ、フリーランスエンジニアは個人事業主という立場で仕事をしているので他の業種同様に安定感を求めたい人がなる職業ではない、と言えます。ただしどうしても会社員として働くことが難しい人にとっては、フリーランスエンジニアも選択肢の1つとなります。

今後もエンジニアは人手不足・人材不足である状況なので、特定のスキルを身に付ければフリーランスエンジニアが不安定である、というわけでもありませんし、なにも会社員であれば安定というわけでもありません。どのような立場であっても需要に応じた供給スキルを自分自身が持っているか?が問われているのは共通して言えることです。

以上、フリーランスエンジニアのメリットとデメリットでした。

著者プロフィール

柴犬会長

IT業界に移って10年目のITエンジニア。Webメディアでのライター業もやっています。


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

運営者情報

荒木 厚

熊本のホームページ制作・Webメディア運営会社「株式会社コクリ」代表。 「スイッチ」等のWebメディア運営、企業様のオウンドメディアの企画・制作、SEOをメインにした集客支援をしています。ロゴマークデザイン制作サービス「コクリロゴ」OPENしました!