ネットショップの仕入れってどうしているの?ネットショップ初心者の疑問を解決!

仕入れの仕組みを簡単に書くとメーカー(スクウェア・エニックス)から商品(ゲーム)を商社(楽天)が買ってその商品をネットショップで販売しています。ここでは、仕入れに関わる業者の説明とメーカー、商社から仕入れるメリット・デメリットについて書いていきます。

仕入れに興味がある方や楽天、Amazonで買い物した経験あるけど、「どうやって商品を仕入れているんだろう?」と思った方の疑問を解決していきます。

まず初めに知っておきたいメーカー|商社|問屋の違い

メーカーとは?

製造業を指し、商品の製造を行っている会社です。ここでいう商品はさまざまあり、家電・自動車・コンビニ弁当などがあります。

商社とは?

メーカーから商品を買い、小売業者にその商品を販売している卸売業を行っている会社のことです。小売業者とは、最終消費者に商品を販売している会社で、スーパーなどを指します。

問屋とは?

やっていることは卸売業者と変わらないのですが、自分の名義で物品の販売または買い入れを行う点が違うと記載されています。

メーカーから仕入れるメリットとデメリット

メーカーから仕入れるメリット

商社、問屋のような中間業者を頼らないので、安い仕入れ値で商品を購入できるのが最大のメリットです。一度だけの取引じゃまずメーカーは商品を売ってくれないので、メーカーから契約をもらう=商品を継続的に受注できるということです。

メーカーから仕入れるデメリット

ロットという1回の生産で作れる商品の単位でメーカーと交渉します。メーカーからしたら日々の生産で在庫エリアがいっぱいになるのを防ぎたいなどの理由で大量のロットを要求してきます。

そのためメーカーから仕入れを考えている方には、それなりの資金が必要です。

個人での登録が可能な仕入れサイトのメリットとデメリット

個人での登録が可能な仕入れサイトのメリット

仕入れサイトを利用すれば、メーカーに契約をもらうより楽に仕入れができます。個人事業主でも登録できるサイトもあるので、個人でも仕入れが可能です。

また商品購入は一つからでも可能なので、欲しい数量を購入できます。

個人での登録が可能な仕入れサイトのデメリット

卸売業者を通しているため、メーカーから買うより一つの商品価格が高いです。個人事業主でも仕入れができるサイトでは、誰でも登録できるので、

ライバルが多くなり良い商品が手に入りにくいです。

法人専用の仕入れサイトのメリットとデメリット

法人専用の仕入れサイトのメリット

商品の種類が豊富なサイトが多いので、今の小売店で扱ってない商品を取り入れることが可能です。売れ筋の商材を提案してくれます。

法人専用の仕入れサイトのデメリット

基本ロットでの購入になるので、売れなかったことを考え大量購入には注意が必要です。会員審査の通過が必要になります。

まとめ

ネットショップを使って最終消費者に販売している業者の取引の流れはいくつかあります。

  • (メーカー)→(商社)→(最終消費者)
  • (メーカー)→(商社)→(小売業)→(最終消費者)
  • (メーカー)→(商社)→(個人事業主)→(最終消費者)
  • (メーカー)→(個人事業主)→(最終消費者)

などのパターンがあります。

メーカーは製造業、商社|問屋は、卸売業を意味します。

メーカー・仕入れサイトの特徴まとめ

メーカーからの仕入れ

  • メリット=安い仕入れ値での購入・商品を継続的に受注
  • デメリット=大量のロット購入・資金が必要

個人でも登録できる仕入れサイト

  • メリット=個人事業主でも登録できる・楽に仕入れられる・欲しい数量を購入できる
  • デメリット=一つの商品価格が高い・良い商品が手に入りにくい

法人専用の仕入れサイト

  • メリット=扱ってない商品を取り入れられる・売れ筋の商材を提案してくれる
  • デメリット=大量購入には注意・会員審査の通過が必要です。

ネットショップがどのように仕入れているのがわかっていただけたと思います。私は製造業をしていたことがあるのですが、メーカーとの契約は個人事業主でもできると知り驚きました。

メーカーは商品を作るプロ、商社|問屋は商品を紹介するプロ、小売業は商品を最終消費者に売るプロです。ネットショップを開設できるサイトもあるので、個人の方でも気軽に始められ、法人の方でも取り扱っている商品をネットでも掲載できて集客率がアップできます。

今の時代はネットビジネスがどんどん普及しているので、大手のネットショップ以外にも有名になるネットショップが増えていくかと思います。時代の流れに乗り、ネット業界にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。