お客様の満足度を上げたい方必見!飲食店でもWebサイトを制作すべき3つのポイント

「食べログ・ぐるなびに店舗情報を掲載しているし、わざわざWebサイト作らなくていいんじゃない?」

それは半分正解で、半分不正解です。
例えば、あなたが経営しているお店が、フランチャイズ系列であれば正解になります。
すでにお店自体は有名なので、どこに店舗があって、営業時間は何時から何時までなのかを調べることができれば問題がないからです。
残念ですが、以上に当てはまらないお店を経営している方は不正解になってしまいます。

食べログ・ぐるなびは、お客様にとってあくまで「お店の入口」であることをまずは覚えてください。理由はのちほど解説いたします。

今回は、飲食店でもWEBサイトを制作すべき3つのポイントについてお伝えしようと思います!

1.お店のこだわりをデザインに反映することができる

食べログ・ぐるなびは、ポータルサイトと呼ばれるサイトになります。いわゆる飲食店情報の集合体です。

とにかくお店の情報が集まっていればいいので、他のお店との差別化についてあまり配慮がなされていません。その証拠に、どのお店の情報を見ても、同じようなデザイン、文章、写真で情報が公開されていませんか?

そこが一番の問題なのです!お店の存在を知るまでは、食べログ・ぐるなびで十分です。

Googleで飲食店を検索すると、ほとんど上位に掲載されるのが食べログ・ぐるなびの情報だからです。これは、検索の仕組み上仕方ないことです。今後、検索順位が覆る可能性もありますが、その話は省きます。

結論からお話すると、お店を知った後が重要になります。お客様がお店を知った後は、より具体的な情報ニーズが発生します。

なぜなら、他のお店と比較しながらお店選びをする必要があるからです。選ぶという行為は、比較する行為があって初めて成立するのです。

例えば、飲み会のお店探しでは、近隣のお店が比較対象になります。あのお店はおつまみが最高。あのお店はお酒が最高。といった具合ですね。

また、旅行先のランチ探しでは、県内のお店が比較対象になります。今度は美味しいだけではなく、観光地との距離感や、その土地ならではの食材を頂けるか。といった具合ですね。

つまり、調べる範囲が広がる分、ユーザーが求める情報はより複雑化するのです。だからこそ、食べログ・ぐるなびのような統一化された情報だけでは、お店の比較をすることが大変なのです。

あなたのお店のオススメや、強みは何ですか?お客様にその情報を正しく伝えてあげないと、お客様は絶対にお店の良さに気づいてくれません。

2.お客様それぞれのニーズを把握する。

とは言え、強みを伝えるだけでは実は不十分です。例えば、自分がお店探しを任されたときを想像してみてください。

  • 何が美味しい料理屋なのか?
  • どんな用途で使えるお店なのか?接待か、デートか、家族サービスか。
  • Webで予約できる店なのか、電話予約なのか、そもそも予約できないのか。
  • どんな場所に店舗を構えているのか?

考え出したら本当にキリがないですよね?Webサイトは24時間体制の営業担当とはよく言ったものです。

飲食店でも、その仕組みは変わりません。飲食店のWebサイトは24時間体制でお客様に対して接客をする場所なのです。

いわば、お店の顔です。おもてなしの心はWeb上でも必要とされているのです。

ここで、Webサイトに掲載すべき情報をおまとめします。是非参考にしてみてください。

  1. 得意料理についてお伝えする
  2. 店舗の雰囲気をお伝えする
  3. 店舗情報をくまなく表示する、座席数、間取りもあると尚可です。勿論、店舗までのアクセス方法も記載してください。
  4. 可能であればWeb予約できる仕組みを導入する

以上の点を注意するだけでも、サイトの品質はだいぶ上がりますよ。

3.写真にこだわる

Webサイトで最も強調されるのは写真素材です。写真素材は、絶対妥協しないでください。

今や、ほとんどのお客様はネット上でしかお店を探さなくなりました。お店を調べた先に、掲載してある料理の写真が色の悪い画像だったらどう感じるでしょうか?

「このお店はハズレだろうな。」自分だったら間違いなくそう思います。

料理は、味・触感・音・匂い・見た目で楽しむものです。この中で唯一、Webサイトで伝えられる情報は何ですか?

見た目ですよね。勿論、味・音はテキストで表現することは可能です。でもそれだけじゃ不十分です。

だからこそ、写真素材には妥協しないでください。プロのカメラマンに依頼するなどして、高い品質の素材を準備してください。見違えるようなサイトデザインに仕上がるはずです。

また、少し込み入ったお話になりますが、Webサイトをしっかりと準備することで、採用の間口も広がります。

タウンワークは皆さんご存じですよね?これは、冒頭でお伝えした食べログ・ぐるなびと同じシステムです。

要は、タウンワークだけで働き口は選びづらいのです。そもそも情報が均一化されていて、お店がどういう雰囲気なのか全然伝わらない。

さらに厄介なことに、人は情報が見えないと悪い想像を働かせる仕組みになっています。悪いことがあるから隠そうとしている。という証拠もない感情を抱いてしまうのです。

これってとても勿体ないことだと思います。お店の良さをアピールすることは、お店のアピールポイントに共感してくれる仲間を引き寄せることができます。

せっかく一緒に仕事するなら、同じ目的・目標を持ってお仕事したいですよね。そう思う方なら、尚更Webサイトを準備するべきです。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?
せっかく大きな目的・目標を持って開いた大切なお店です。あなたが料理に対して考える強いこだわりや、情熱を、お客様にお伝えしてみませんか?

お客様に伝えたいと想う真摯な姿勢が、あなたのファンを増やすキッカケになりますよ!

著者プロフィール

Koppei

通信系の企業で営業を務める30代。好きなことは、野球と新しい技術を知る・触れること。記事を書くことで色々な知見を広げていきます!