スイッチ | ブログ・サイト運営を応援するWebマガジン

法人と個人のレンタルサーバーを比較!サービス内容や料金の違いを徹底解説


現在では、レンタルサーバーがどんどん増えており、どうやってレンタルサーバーを選んだらいいのか悩んでしまうことも多いでしょう。しかも法人で利用するレンタルサーバーと個人で利用するレンタルサーバーには、様々な相違点がありますし、サービス内容や料金が異なります。

そこでこちらでは、法人と個人のレンタルサーバーについて、サービス内容や料金などを比較していきたいと思います。これからレンタルサーバーの導入を考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

法人と個人では料金に明確な違いがある

法人と個人のレンタルサーバーにおいて、明確に出てくる違いが「料金」です。個人的に利用するサーバーと、企業が利用するサーバーでは確かに料金が異なるのは納得ができます。では、どのくらいの差があるのかみていきましょう。

個人のレンタルサーバーは意外と安い!

個人に向けて提供されているレンタルサーバーは、誰もが利用しやすくなっているので、割と安価になっています。月額料金でいえば、数百円~2000円弱くらいのレンタルサーバーがほとんどです。

個人向けのレンタルサーバーの中でも、割と価格帯にバラつきがありますが、その理由は料金によって「機能」「スペック」などに差があるからです。選択したプランなどによって金額に差がでてくるわけです。

法人のレンタルサーバーもさほど高くはない!?

実は法人のレンタルサーバーも、いうほど高くはありません。個人と比較をすれば割高になりますが、それでも月額料金で1000円台~3000円台が多いです。

※上記で紹介した料金はあくまでも目安であり、この金額以上に高く設定されているレンタルサーバーも存在しています。

セキュリティの質やサーバーの強度にも差がある

お次の法人と個人のレンタルサーバーの違いは、「セキュリティの質」と「サーバーの強度」です。

セキュリティの質は圧倒的に法人の方が高い

法人向けのレンタルサーバーでは、多くの重要なデータを管理することになるので、とても質の高いセキュリティを誇っています。データを送受信するときには、特殊暗号を使ったり、データが紛失しても復旧させることが可能です。また、不正アクセスを防止したり、データの盗難を検知するレンタルサーバーもあります。

一方の個人向けレンタルサーバーは、ここまで徹底されたセキュリティの質ではないので、多少のリスクを背負いながら利用しなければならないということを、頭の隅に入れておく必要があります。

サーバーの強度も法人向けの方が圧倒的だった

法人向けのレンタルサーバーは、とても強度があるのでもしもトラブルが起きたとしても、企業のHPを閲覧できなくなるなどの不具合は起きません。さらに、補償で対応をしてくれるレンタルサーバーもありますので、安心感があります。

一方の個人向けレンタルサーバーは、やはり法人と比較すると強度が高いとは言えません。もしもサーバーがトラブルを起こした場合、すぐにウェブサイトなどが閲覧できなくなることもあります。

おススメの個人向けレンタルサーバー

これから個人的にレンタルサーバーを利用する方は、こちらのおススメ個人向けレンタルサーバーを参考にしてみてください。

さくらのレンタルサーバー

こちらのレンタルサーバーは、とても歴史があり利用者も多いので安定的に使うことができます。また月額料金が129円~なので、とても安価で利用ができるのが大きな魅力です。ただ、月額129円のプランはデータベースを使うことができないのがデメリットです。

月額525円のスタンダードプランであれば、データベースを利用できます。容量は100GB、転送量は1日80GB、初期費用が1,029円かかり、マルチドメインは20個まで。わかりやすい例えでいえば、毎月20個のワードプレスを設置することができるくらいの容量です。

さくらのレンタルサーバーについて詳しくはこちら

エックスサーバー

かなり性能が高いのに、月額料金は900円~なのでお手頃価格で利用することができます。初期費用が3,000円かかりますが、月に1000円程度で容量が200GB、1日の転送量が70GB、マルチドメインは無制限です。

個人的に真剣にサイト運営をしたい人におススメの、本格的なレンタルサーバーです。

エックスサーバーについて詳しくはこちら

おススメの法人向けレンタルサーバー

それでは最後に法人向けのおススメレンタルサーバーをご紹介します。

KDDI CPIサーバー

こちらのレンタルサーバーは、月額料金が3800円~、容量は無制限となっており、専任スタッフが24時間365日監視をしていますので、安心して利用ができます。サーバーの種類は「共有サーバー」となっており、ファイアウォールが標準搭載されています。

KDDI CPIサーバーについて詳しくはこちら

さくらのレンタルサーバービジネス

個人向けのレンタルサーバーでも出てきたサーバーの、ビジネス版です。月額料金は11,880円~となっており、容量は700GBです。サーバーの種類は「マネージドサーバー」で、申し込みをする前や利用しているときなど、いつでも無料電話サポートを受け付けています。サーバーを1つ専有することができるので、快適な環境で運用ができるのがメリットです。

※今回ご紹介したレンタルサーバー以外にも、まだまだたくさんの種類があります。また、同じレンタルサーバーであっても、プランによって料金が変動します。

さくらのレンタルサーバービジネスについて詳しくはこちら

目的や用途にあったレンタルサーバーを選ぼう!

個人でも法人でも、どのような目的があるのか、どんな用途があるのか、何を求めているのかを明確にして、自分の環境にあったレンタルサーバーを選んでみてくださいね。

WordPress向けレンタルサーバーおすすめ14社徹底比較!

著者プロフィール

SORA

たくさんのことに興味があって、たくさんのワクワクを見つけ出すのが好きです。たくさんの人の悩みを解決、不安を解消できるような記事が書けるように精進中です!


Sponsored Links

こちらの記事もおすすめです!

シェア頂けると励みになります!

ブログ更新情報はこちらから発信しています。

運営者情報

荒木 厚

熊本のホームページ制作・Webメディア運営会社「株式会社コクリ」代表。 「スイッチ」等のWebメディア運営、企業様のオウンドメディアの企画・制作、SEOをメインにした集客支援をしています。